ランボルギーニ/フェラーリ/ポルシェオーナーのブログ。クルマのほか、腕時計、トラベルなどライフスタイルに関わる情報をお届けします。

Life in the FAST LANE.

>フェラーリ

「時代を超越したエレガンス」!フェラーリが自社にてカスタムした812GTSを公開。インテリアは「非カーボン」、そしてヴィンテージレザーを使用

投稿日:2021/09/18 更新日:

「時代を超越したエレガンス」!フェラーリが自社にてカスタムした812GTSを公開。インテリアは「非カーボン」、そしてヴィンテージレザーを使用

| ここしばらく、フェラーリのフロントエンジンモデルには「エレガントな仕様」が増えているようだ |

ガソリン世代「最後」のクルマを長期保存しようと、時代に左右されないカラーを選んでいるのかも

さて、フェラーリが自社のパーソナリゼーションプログラム、「テーラーメイド」にてカスタムした812GTSを公開。

この角度から812GTSを見る機会はなかなかなく、しかし812スーパーファストのリアウインドウに該当する部分が「ボディカラー同色」ということもあり、812スーパーファストとはかなり異なる印象を受けますね。

なお、ストライプはGrigio Cobrun、ボディカラーはArgento Nurburgringだそうですが、フェラーリとしてはかなり珍しい「シルバー」を身にまといます。

欧州では「メタリックグレー」「淡いメタリック」が人気化しつつあるようだ

日本では「フェラーリ=レッド」というイメージが強く、それはアメリカでも大きくは変わらないようですが、欧州では意外やレッド以外を選ぶフェラーリオーナーも多い模様。

実際に、ロンドンやモナコなどフェラーリ密集地域にて目撃されたクルマを集めたコンピレーション動画を見るに、シルバーやメタリックグレー、メタリックブルーやゴールドにペイントされたフェラーリが数多く目撃されています。

フェラーリが812GTSの純正カスタムを公開!ワインレッドを取り入れたエレガント、かつスポーティーな仕上がりに
フェラーリが812GTSの純正カスタムを公開!ワインレッドを取り入れたエレガント、かつスポーティーな仕上がりに

| インテリアにもワインレッドを使用し、このオーナーは細部にまで「存分にこだわった」ようだ |この記事のもくじ| インテリアにもワインレッドを使用し、このオーナーは細部にまで「存分にこだわった」ようだ ...

続きを見る

その理由についてはちょっとわかりかねるものの、フェラーリ自身がここ最近では「優雅で、過去のモデルを連想させるようなデザイン」を(とくにフロントエンジンモデルで)採用していること、そして欧州での環境意識の高まりから「赤いスポーツカー」に乗ることがはばかられるといった事情があるのかもしれません。

フェラーリ、ランボルギーニなどスーパーカー多し!さらにはベントレー、アストンマーティン、ロールスロイスの姿も見られるモナコの路上
【動画】フェラーリ、ランボルギーニなどスーパーカー多し!さらにはベントレー、アストンマーティン、ロールスロイスの姿も見られるモナコの路上を見てみよう

| モナコのスーパーカー密度はとんでもなく高そうだ。一度は訪れてみたいところだが |この記事のもくじ| モナコのスーパーカー密度はとんでもなく高そうだ。一度は訪れてみたいところだが |モナコにはフェラ ...

続きを見る

ちなみにフェラーリ「テーラーメイド」では基本的な仕様として「Scuderia(スクーデリア=レースにインスパイアされたビビッドなカスタム)、Classica(クラッシカ=過去のフェラーリにインスパイアされた優雅なライン)、Inedita(イネディタ=最新の素材を使用した、これまでに無い新しいカスタム)」の3つが設けられ、今回公開される812GTSは「クラッシカ」に属すると考えて良さそうです。

クラッシカは、マラネッロを象徴するGT車の特徴と機能を現代的に再解釈したコレクションです。気品あるエクステリア・カラー、クローム・ディテール、ビンテージ・レザー、ウール、カシミア、コーデュロイなどの歴史的要素を最新マティリアルや製造技術で現代に蘇らせました。

Ferrari
021-03-14 8.32.10

このクラシカルなフェラーリ812GTSのインテリアはこうなっている

そしてこちらは今回公開されたフェラーリ812GTSのインテリア。

基本カラーはマットな色調を持つブラックのスムースレザーで、そこにまたマットなフィニッシュを持つグレーのパーツが組みわせられています。

やはり「クラシカルな」イメージを狙ったものと見え、フェラーリでは「あるある」なカーボンパーツが使用されていないところが大きな特徴。

Ferrari-812GTS (3)

ブラックレザーに合わせられるのは「ヘリテージ・ウォルナット・レザー」で、ヴィンテージ調の質感を持っています。

Ferrari-812GTS (4)

ちょっとテカリ気味、そして素材感が感じられるヘリテージ・ウォルナット・レザーと、マットでスムースな表面を持つブラックレザーとの対比がなんともいい感じ。

フェラーリいわく「時代を超越したエレガンス」だと表現していますが、まさに言い得て妙という印象です。

Ferrari-812GTS (2)

合わせて読みたい、フェラーリ関連投稿

1996年発表、メルセデス・ベンツ「F200イマジネーション」が1.3億円で落札!ペダルやステアリングホイールがなくジョイスティックのみで操作するという珍コンセプトカー
1996年発表、メルセデス・ベンツ「F200イマジネーション」が1.3億円で落札!ペダルやステアリングホイールがなくジョイスティックのみで操作するという珍コンセプトカー

| メルセデス・ベンツはこれまで様々なコンセプトカーをリリースしてきたが、中には20年以上かけて実現された技術も盛り込まれている |この記事のもくじ| メルセデス・ベンツはこれまで様々なコンセプトカー ...

続きを見る

フェラーリF8トリブート
フェラーリがF8トリブートの自社カスタムを公開!シルバーにシルバーのストライプ、そしてシールドエンブレムは「ペイント」仕上げ

| 陰影が出やすいシルバーだとその複雑なデザインがよくわかる |この記事のもくじ| 陰影が出やすいシルバーだとその複雑なデザインがよくわかる |近年のフェラーリで「シルバー」を選ぶ例はかなり珍しいイン ...

続きを見る

フェラーリが「F40のレースカーをモチーフ」とした488ピスタのカスタムを公開!ロッソコルサ、ジアッロモデナを配してフェラーリにおけるモータースポーツの歴史を表現
フェラーリが「F40のレースカーをモチーフ」とした488ピスタのカスタムを公開!ロッソコルサ、ジアッロモデナを配してフェラーリにおけるモータースポーツの歴史を表現

| 縦ストライプなし、上下塗り分けのフェラーリ488ピスタは「新しい」 |この記事のもくじ| 縦ストライプなし、上下塗り分けのフェラーリ488ピスタは「新しい」 |なお、なぜこのカラーが選ばれたのかは ...

続きを見る

参照:Ferarri

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

->フェラーリ
-, , , ,

© 2022 Life in the FAST LANE. Powered by AFFINGER5