ランボルギーニ/フェラーリ/ポルシェオーナーのブログ。クルマのほか、腕時計、トラベルなどライフスタイルに関わる情報をお届けします。

Life in the FAST LANE.

>フェラーリ

フェラーリが投資家向けイベントにて「プロサングエにはV12エンジン搭載」「販売台数は全体の20%以内」と言及!やはり一見さんに購入は難しそう

投稿日:2022/06/17 更新日:

フェラーリ

| やはり当初のウワサどおり、プロサングエは上位顧客しか購入できないようだ |

それにしても、このご時世にV12エンジン搭載のSUVを発売するとは

さて、フェラーリは投資家向けのキャピタル・マーケット・デイを開催したところではありますが、その中では「2026年までに15もの新型車を発売する」ということが明言されています。

ちなみにその前の4年、つまり2018年〜2022年の間にも15車種が発売されているので、なんと8年でフェラーリは30車種もニューモデルを投入している、ということになりますね。

フェラーリ
フェラーリが中期計画を発表!今後5年で15車種を発売、2025年には初のピュアEV、ハイパーカーも。ターゲットは100万ドル(1.3億)以上の投資可能資産を持つ富裕層

| 今後もフェラーリの中心的価値は「ドライビングプレジャー」、そして希少化戦略は揺るがない |この記事のもくじ| 今後もフェラーリの中心的価値は「ドライビングプレジャー」、そして希少化戦略は揺るがない ...

続きを見る

フェラーリ・プロサングエは9月に発表

そして今回のキャピタル・マーケット・デイにて話が出てきたのが「プロサングエ」。

これは前回の計画のうちの「15台」に含まれ、その最後の一台がプロサングエとなるわけですが、まず「9月に発表される」ということ、「販売台数が全体の20%に制限される」ということに言及されています。

そしてプロサングエにはV12自然吸気エンジンが積まれることになりそうで、これはフェラーリがプロサングエについて「純粋なV12モデル」と表現しているため。

この時代にV12自然吸気エンジン搭載車を発売するのは(しかもSUV)非常に困難であるとは思いますが、フェラーリは「販売比率を20%」に留めることで、ブランド全体のCO2排出量の上昇を抑えたいと考えているのかもしれませんし、CO2排出量から逆算して「20%までならV12でも大丈夫」と踏んだのかもしれません。

いずれにせよ、プロサングエの販売比率は、ポルシェにおけるカイエン、ランボルギーニにおけるウルス、アストンマーティンにおけるDBXのように「50%」前後になったりすることはなく、これはフェラーリが「そのブランドイメージを守りたい」と考えているからなのかもしれません(フェラーリは、ほかのスポーツカーメーカーに比較しても、モータースポーツとの結び付きが強い)。

フェラーリが突如として新型SUV「プロサングエ」のティーザー画像を公開!その姿はSF90系やローマ似、発表は今年後半に

フェラーリがプロサングエをどう扱うのかは非常に気になる

ただ、フェラーリが、プロサングエに対してフェラーリのDNAの根幹を成しているV12エンジンを積んでくるというのは非常に興味深いことであり、そしてプロサングエ=サラブレッドという名称からしても、フェラーリがこのプロサングエをいかに重視していることがわかるため、フェラーリがプロサングエの販売比率を抑えるのは「ブランドイメージ」以外のところにあるのかも。

参考までにですが、フェラーリはプロサングエ含むコアモデル(通常モデル?)の販売台数を85%、(812コンペティツォーネのような)スペシャルモデルを10%、イコーナシリーズを5%という販売攻勢とする計画を持っており、プロサングエは「これまでの販売台数にプラスされる」とも考えられるので、全体的な販売台数としてはプロサングエの比率を反映した「20%増し」となる可能性もありそうですね。

ちなみに今回フェラーリは今後の販売台数について言及していませんが、これはかつて、販売台数を増やすと発表した際に、「希少性が失われる」として失望感から株式を売られてしまったことにたいする反省なんじゃないかと考えたりします。

もう一つ参考までにですが、フェラーリはプロサングエの他にもSUVを2モデル投入するともウワサされており、しかしこちらはエレクトリック化され、そして販売台数を限定しないとも言われるので(大量に売ることでCO2総排出量が下がる)、フェラーリ自身はSUVを発売することに対してはそこまでネガティブではないのかも(ただ、SUVという言葉を嫌ってはいるが)。

フェラーリ・ローマ
フェラーリは初のSUV「プロサングエ」を投入したのち、さらに2つのSUV投入を計画していた!コードネームはF244とF245、4モーターを持つピュアEVとなるらしい

| フェラーリは今後、フルラインアップメーカーとして販売台数を追求するのか |この記事のもくじ| フェラーリは今後、フルラインアップメーカーとして販売台数を追求するのか |追加されるフェラーリ製新型S ...

続きを見る

なお、フェラーリは新しくプロサングエに搭載するFAST-フェラーリ・アクティブ・サスペンション・テクノロジーを紹介する動画を公開しており、こちらについては「世界最速の陸上動物であるチーター」をイメージさせる動画となっています(現在は会員専用コンテンツ内のみでの閲覧となっているが、じき公式YoutubeもしくはFacebookページに公開されると思われる)。

フェラーリ「キャピタル・マーケット・デイ」動画はこちら

合わせて読みたい、フェラーリ関連投稿

フェラーリが突如として新型SUV「プロサングエ」のティーザー画像を公開!その姿はSF90系やローマ似、発表は今年後半に
フェラーリが突如として新型SUV「プロサングエ」のティーザー画像を公開!その姿はSF90系やローマ似、発表は今年後半に

| フェラーリ・プロサングエについては考えれば考えるほど謎が噴出してくる |この記事のもくじ| フェラーリ・プロサングエについては考えれば考えるほど謎が噴出してくる |搭載されるパワートレインは「V6 ...

続きを見る

フェラーリが新型SUV「プロサングエ」にV12エンジンを搭載すると正式にコメント!「様々な選択肢を試したが、V12以外にはない。このクルマは我々の伝統の子孫なのです」
フェラーリが新型SUV「プロサングエ」にV12エンジンを搭載すると正式にコメント!「様々な選択肢を試したが、V12以外にはない。このクルマは我々の伝統の子孫なのです」

| フロントエンジン+V12はフェラーリの血統そのもの |この記事のもくじ| フロントエンジン+V12はフェラーリの血統そのもの |まさに「プロサングエ=サラブレッド」の名にふさわしいプロサングエ=サ ...

続きを見る

フェラーリ
フェラーリ中東のCEOが「プロサングエは限定」と明言!新しい顧客を呼び込むことを目標としつつも生産は既存顧客分が優先されることに

| すでにプロサングエはかなりの反響を獲得しているようだ |この記事のもくじ| すでにプロサングエはかなりの反響を獲得しているようだ |なんだかんだで一般人が注文すれば「2年以上」は確実に納期を要しそ ...

続きを見る

参照:Ferrari

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

->フェラーリ
-, , , ,

© 2022 Life in the FAST LANE. Powered by AFFINGER5