ランボルギーニ/フェラーリ/ポルシェオーナーのブログ。クルマのほか、腕時計、トラベルなどライフスタイルに関わる情報をお届けします。

Life in the FAST LANE.

>ランボルギーニ

オープンモデルの存在しなかったカウンタックに「スピードスター」が登場していたら?今見てもそのスタイルは斬新すぎ、やっぱりカウンタックは「永遠のスーパーカー」

投稿日:2020/12/26 更新日:

ランボルギーニ・カウンタック「スピードスター」

| レプリカベースで「カウンタック・スピードスター」を作る人が出てきそう |

さて、ランボルギーニはアヴェンタドールベースのワンオフモデル「SC20」を発表したところですが、今回すかさずレンダリングアーティスト、Jon Sibal氏がSC20に触発された「カウンタックスピードスター」のレンダリングを公開。

なお、カウンタックにはデタッチャブルルーフを含めてオープンモデルが実在しておらず、それだけにこのレンダリングはなかなかに衝撃的ですね。

ランボルギーニの新型ハイパーカー、SC20
ランボルギーニが「SC」シリーズ第二のワンオフモデル"SC20"発表!過去の特別モデルからデザインを継承したスピードスター

| SC18から2年、「2台目の」スクアドラ・コルセによるワンオフモデル |この記事のもくじ| SC18から2年、「2台目の」スクアドラ・コルセによるワンオフモデル |ボディパネルはカーボンファイバー ...

続きを見る

V12ランボルギーニのオープンは「ディアブロ」で初登場

カウンタックは1974年~1989年の間に生産がなされていますが、上述の通りオープンモデルは存在せず、V12ミドシップモデルにオープンボディが設定されたのはカウンタックの後継モデル、ディアブロVTロードスター(1995)が初。

ただしこのディアブロVTロードスターについては、その後のムルシエラゴ・ロードスターとともに「普通にフロントウインドウが存在する」仕様を持っています。

ちょと事情が変わるのはムルシエラゴの後継であるアヴェンタドールからで、こちらも”通常の”オープンモデルをラインアップに持つ一方、ワンオフモデルとしてフロントスクリーンが取り外された「アヴェンタドールJ」が登場することに。

【動画】モーターショーよりも凄いスーパーカーが集まった!独ディーラーがサーキットを貸し切ってイベント開催

| 世界に一台しかない、ランボルギーニ・アヴェンタドールJの姿も |この記事のもくじ| 世界に一台しかない、ランボルギーニ・アヴェンタドールJの姿も |アヴェンタドールSVJは「もっとも希少なアヴェン ...

続きを見る

その後発表された、「2例目の」フロントスクリーンを持たないスピードスターがSC20ということになりますが、このカウンタック・スピードスターはそのSC20と驚くほど印象が近いことにも驚かされます。※実際には、SC20にはわずかながらもフロントスクリーンがある

Lamborghini photo at LamboCARS.com

もちろんボディカラーやアクセントカラーをSC20に合わせているということもあるかと思いますが、やはりランボルギーニのV12ミドシップモデルは相通ずるモノがあるのだと感じさせられますね。

Lamborghini photo at LamboCARS.com

このカウンタック・スピードスターについては極端なローダウン、エアロパーツの調整、そしてもちろんオープントップ化がなされた「だけ」ではありますが、にもかかわらず、今見ても十分新鮮なルックスを持っているように思います。

Lamborghini photo at LamboCARS.com

実際に「自分でスピードスター」を作ってしまったツワモノも

なお、ここ最近はフェラーリ・モンツァSP1/SP2、マクラーレン・エルヴァ、アストンマーティンV12スピードスターなど、「いまだかつてないほどスピードスター流行り」。

そういった流れを受けてなのか、ユーチューバーDDE氏は「自身で」ランボルギーニ・ウラカンをスピードスター化するという離れ業を見せています。

ランボルギーニ・ウラカンのスピードスター、「ウラカンEVOアペルタ」
【動画】世界に一台!フロントウインドウなし、超スパルタンなランボルギーニ・ウラカンEVO「アペルタ」を作った男が登場

| ランボルギーニが実際に発売してもいいほどのカッコよさ |この記事のもくじ| ランボルギーニが実際に発売してもいいほどのカッコよさ |世界初、フロントスクリーンレスのランボルギーニ・ウラカンEVOた ...

続きを見る

カウンタック・スピードスターの他にはこんなレンダリングが公開されている

そしてJon Sibal氏は、このカウンタック・スピードスターのほかにも多数の作品を公開しており、ここでその一部を見てみましょう。

こちらはエディ・ヴァン・ヘイレンが所有していたミウラにインスパイアされたというローダウン+エアロパーツ装着のランボルギーニ・ミウラ。

イマ風なフェラーリF40。

マクラーレンF1を”デロリアンのタイムマシン”風に。

超ワイドボディなランボルギーニ・ウラカン。

メルセデス・ベンツSL300「スピードスター」。

エアロパーツ装着、ローダウンがなされたスバルBRZ。

レーシングカーばりのトヨタ86にてセブンイレブンへ。

あわせて読みたい、ランボルギーニのレンダリング関連投稿

ランボルギーニ・カウンタック「ヒルクライム」がレンダリングにて再現。リアウイングには「速い」の文字など日本を意識

| ランボルギーニ自身は未だカウンタックのオマージュとなるモデルを発売していない | CGデザイナー、Lucas Serafini氏が「ランボルギーニ・カウンタック・ヒルクライム」なるレンダリングを公 ...

続きを見る

未来派ランボルギーニ・カウンタックのレンダリング
未来のランボルギーニ・カウンタック「カーボン01」!超ワイド、アグレッシブすぎるレンダリングが公開に

| シルエットはオリジナルのカウンタックのまま、ディティールは現代風に |この記事のもくじ| シルエットはオリジナルのカウンタックのまま、ディティールは現代風に |カウンタック・カーボン01のボディパ ...

続きを見る

また出た世紀末風ランボルギーニのレンダリング!離陸しそうなカウンタックほか「ビートル・マックス」など13連発

| そのインスピレーションには限りがないようだ |この記事のもくじ| そのインスピレーションには限りがないようだ |ほかにはこんなランボルギーニのレンダリングもまだまだ多彩な作品も公開済みこんな記事も ...

続きを見る

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

->ランボルギーニ
-, , , , ,

© 2022 Life in the FAST LANE. Powered by AFFINGER5