ランボルギーニ/フェラーリ/ポルシェオーナーのブログ。クルマのほか、腕時計、トラベルなどライフスタイルに関わる情報をお届けします。

Life in the FAST LANE.

>ランボルギーニ

ランボルギーニがV12モデルのグランドフィナーレを飾る究極のアヴェンタドール、LP780-4ウルティメが走行する画像を一挙公開。V12エンジン単体で走るクルマはこれが最後

投稿日:

ランボルギーニがV12モデルのグランドフィナーレを飾る究極のアヴェンタドール、LP780-4ウルティメが走行する画像を一挙公開。V12エンジン単体で走るクルマはこれが最後

| もうV12エンジンのみを動力源とするクルマを新車で買えないと思うとちょっと寂しい |

これからランボルギーニは「ハイブリッド」という新しい時代へと向かう

さて、ランボルギーニはそのV12エンジン時代の終わりを告げるモデルとして「アヴェンタドールLP780-4ウルティメ」を発売していますが、これは文字通り「V12エンジン単体を動力源とするランボルギーニのクルマとしては最後のモデル」。

そして有終の美を飾るべく、随所にはこれまでのアヴェンタドール歴代モデルへのオマージュが散りばめられ、そして長年にわたる価値の維持を考慮したためか「リアウイングを装着しない、比較的シックな外観」にて登場しています。

なお、搭載される6.5リッターV12エンジンはアヴェンタドールSVJの770馬力を超えて780馬力を発生し、ランボルギーニのV12エンジン史上「最強」の出力を誇ることに。

Lamborghini-Aventador-Ultimate-5

ランボルギーニがアヴェンタドール最終モデル「LP 780-4 Ultimae」発表
ランボルギーニがアヴェンタドール最終モデル「LP 780-4 Ultimae」発表!その出力はSVJ超えの780馬力、限定台数は600台

続きを見る

アヴェンタドールLP780-4ウルティメの限定台数は合計600台

このアヴェンタドールLP780-4ウルティメににつき、クーペ350台、ロードスター250台のみの限定発売ではあるものの、もちろん発表とほぼ同時に「完売」となっています。

ランボルギーニの伝統に則り運転席側のダッシュボードには限定モデルであることをあらわすプレート付きではありますが、しばらく前まではここにシリアルナンバーが刻まれていたものの、最近では(番号の取り合いになるためか)こういった感じで「限定台数の中の一台」ということを示すのみにとどまります。

Lamborghini-Aventador-Ultimate-51

今回ランボルギーニはそのアヴェンタドールLP780-4ウルティメの一連の画像を公開していますが、これはエミリア・ロマーニャ州とマルケ州で撮影されたとのことで、海から山へと美しい自然の中を駆け抜けるアヴェンタドールLP780-4ウルティメ・クーペ、そしてアヴェンタドールLP780-4ウルティメ・ロードスターの姿を捉えたもの。

Lamborghini-Aventador-Ultimate-18

ランボルギーニによれば、アヴェンタドールLP780-4ウルティメは「アヴェンタドールSVJのパフォーマンスと、アヴェンタドールSモデルのタイムレスなスーパースポーツエレガンスにインスパイアされた」とされ、「両方のバージョンの最高の要素を組み合わせ、パフォーマンス、ダイナミズム、洗練の完璧なバランスを作り出したクルマ」だと紹介されています。

Lamborghini-Aventador-Ultimate-53

これらアヴェンタドールLP780-4ウルティメはこれから数ヶ月をかけて最後の生産がなされるとのことですが、先日フェリシティ・エースとともに海底に没した15台が再生産されることも報じられていますね。

Lamborghini-Aventador-Ultimate-16

動画】ランボルギーニ・アヴェンタドールLP780-4ウルティメのレビューが登場!「初期モデルとは比較にならない」。なお「海に沈んだ」15台のウルティメはめでたく再生産が行われることに
【動画】ランボルギーニ・アヴェンタドールLP780-4ウルティメのレビューが登場!「初期モデルとは比較にならない」。なお「海に沈んだ」15台のウルティメはめでたく再生産が行われることに

続きを見る

今回の画像にて紹介されるアヴェンタドールLP780-4ウルティメ・クーペ、そしてアヴェンタドールLP780-4ウルティメ・ロードスターはそれぞれ発表時のイメージカラーを身にまとっていますが、顧客向けに用意されるボディカラーは98色、もちろんこの他にもランボルギーニのパーソナリゼーションプログラム「アドペルソナム」にて無限のカスタムが可能です。

Lamborghini-Aventador-Ultimate-14

ランボルギーニ・アヴェンタドールLP780-4ウルティメのコンフィギュレーター公開!ボディカラーは98色、アクセントカラーも豊富に揃い、ホイールには「ホワイト」も
ランボルギーニ・アヴェンタドールLP780-4ウルティメのコンフィギュレーター公開!ボディカラーは98色、アクセントカラーも豊富に揃い、ホイールには「ホワイト」も(外装編)

続きを見る

一方インテリアではブラックをベースにアクセントが8色用意され、こちらもやはりアドペルソナムにていかようにもカスタムが可能です。

Lamborghini-Aventador-Ultimate-63

現在ランボルギーニはアヴェンタドール後継モデルを開発中

そして現在、ランボルギーニはアヴェンタドール後継モデルを鋭意開発中ではあるものの、この新型スーパースポーツについては多くが謎に包まれています。

V12エンジン搭載、カーボンモノコックシャシー採用、そしてハイブリッドというところまでは明かされていて、しかしバッテリー容量やモーターの数/レイアウト、もちろん出力も謎のまま。

Lamborghini-Aventador-Ultimate-15

早ければ年内にはプレビューが行われるという説もあり、でなくともおそらくは来年にはワールドプレミアがなされるものと思われますが、ランボルギーニいわく「V12エンジンは新設計となり、デザイン的にもアヴェンタドールとの関連性はない」。

Lamborghini-Aventador-Ultimate-5

ランボルギーニ・アヴェンタドールLP780-4ウルティメ
ランボルギーニCEO「アヴェンタドール後継モデルはこれまでと全く異なるデザインを持ち、LP780-4ウルティメとも何ら関連性を持たない」

続きを見る

これまでに目撃されているアヴェンタドール後継モデルのプロトタイプを見るに、おそらくは「シアン」に近い外観が与えられることになるものと思われ、その雰囲気は大きく(アヴェンタドールから)変化することになりそうです。

Lamborghini-Aventador-Ultimate-2

【動画】はじめてランボルギーニ・アヴェンタドール後継モデルの姿が目撃される!テールパイプは「かなり」高い位置に、そして六角形モチーフも健在
【動画】はじめてランボルギーニ・アヴェンタドール後継モデルの姿が目撃される!テールパイプは「かなり」高い位置に、そして六角形モチーフも健在

続きを見る

参考までにですが、ランボルギーニは(創業当時)社是として「自社によるモータースポーツ活動を行わない」というものがあり、これは創業者であるフェルッチョ・ランボルギーニが(モータースポーツをバックボーンに持つ)フェラーリとの差別化のため「快適なGT」であることを強調するためだったとも言われますが、”宮廷の反逆”によってフェラーリを追われ、ランボルギーニに合流したジオット・ビッザリーニが「いかにモータースポーツ活動が企業を疲弊させるか」をフェルッチョ・ランボルギーニに説いたからだとも言われます。

Lamborghini-Aventador-Ultimate-1

フェラーリ250GTOやランボルギーニV12エンジンを設計した「ビッザリーニ」の名が現代に復活!中心人物は前アストンマーティン重役

続きを見る

ここで何がいいたいのかと言うと、これまでランボルギーニの市販車はモータースポーツと一定の距離を置いてきたものの、ここ最近「モータースポーツと市販車」との距離が一気に短縮されており、それはウラカンSTOの登場や、ウラカン・テクニカにウラカン・スーパートロフェオEVO2に採用されるデザインが取り入れられたことからもわかります。

よって、次期V12モデルについても、これまでのランボルギーニの市販車ではあまり強調されなかった「モータースポーツ」的な意匠が見られるようになるのかもしれません。

Lamborghini-Aventador-Ultimate-40

そしてもう一つ、ここ最近起きた変化としては、V10モデルとV12モデルとの境界線が曖昧になっていること。

かつてランボルギーニはV12モデルとV10モデルとを完全に切り分け(というかV12モデルを別格扱いしている)、ウインカー一つとっても共有を許さず、(ステアリングホイールなど)内装のパーツやスイッチまでも完全に作り分けるといった手法を採用しています。※ポルシェだと、多くのモデル間にてパーツの共有がなされている

Lamborghini-Aventador-Ultimate-37

ただ、アヴェンタドール後継モデルの試作車にシアンのデザインエレメントが反映されているのは当然だとして(同じV12モデルなので)、ウラカン・テクニカにも同様の意匠が用いられており、さらにはV12エンジン搭載のサーキット走行専用モデル、エッセンツァSCV12が持つデザインも反映されていて、こういったところを見ると「ランボルギーニのV12モデルとV10モデルとの”壁”がなくなりつつあるのかもしれない」と思ったりするわけですね。

Lamborghini-Aventador-Ultimate-25

ランボルギーニV10の「次世代モデル」、ウラカン・テクニカ発表!V12モデルとの関連性を強め、高度な進化を示す「究極の」ウラカンがここに誕生
ランボルギーニV10の「次世代モデル」、ウラカン・テクニカ発表!V12モデルとの関連性を強め、高度な進化を示す「究極の」ウラカンがここに誕生

続きを見る

そう考えると、次期V12モデル、そしてウラカン後継モデルはそのデザイン、そしてパーツを共有することになり、しかしパワートレインや駆動方式で差異を設けることになるのかもしれず、これまでのバランスとは異なるものとなるのかもしれません。

Lamborghini-Aventador-Ultimate-21

現時点ではまだ何もわかっていない状態ではありますが、今年もしくは来年に発表されるアヴェンタドール後継モデル、2024年に発表されるであろうウラカン後継モデルには非常に大きな期待を寄せています。

Lamborghini-Aventador-Ultimate-59

合わせて読みたい、ランボルギーニV12モデル関連投稿

ランボルギーニが「アヴェンタドールは、過去のV12モデルモデルすべての台数よりも多く生産されたモデルになった」と発表
ランボルギーニが「アヴェンタドールは、過去のV12モデルすべての台数よりも多く生産されたモデルになった」と発表。V12の系譜はこんな感じ

続きを見る

【動画】ランボルギーニ次期V12、アヴェンタドール後継モデルはこうなる?目撃された試作車をもとに予想レンダリングを作成
【動画】ランボルギーニ次期V12、アヴェンタドール後継モデルはこうなる?目撃された試作車をもとに予想レンダリングを作成

続きを見る

ランボルギーニのNFT第二弾、アヴェンタドールLP780-4ウルティメとアーティストのコラボモデルが2億円で落札!まだまだNFTに対する期待は高い
ランボルギーニのNFT第二弾、アヴェンタドールLP780-4ウルティメとアーティストのコラボモデルが2億円で落札!まだまだNFTに対する期待は高い

続きを見る

参照:Lamborghini

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

スマホ記事下

->ランボルギーニ
-, , , , , ,

© 2022 Life in the FAST LANE. Powered by AFFINGER5