ランボルギーニ/フェラーリ/ポルシェオーナーのブログ。クルマのほか、腕時計、トラベルなどライフスタイルに関わる情報をお届けします。

Life in the FAST LANE.

>ホンダ/アキュラ(HONDA/ACURA) ■新型車・スパイフォト・ウワサなど

ホンダが北米向け電動SUV「プロローグ」公開!GMとの共同開発、おそらくはシボレー・ブレイザーと多くを共有するようだ。デザインはこれまでのホンダとは似て非なるもの

投稿日:2022/10/08 更新日:

ホンダが北米向け電動SUV「プロローグ」公開!GMとの共同開発、おそらくはシボレー・ブレイザーと多くを共有するようだ。デザインはこれまでのホンダとは似て非なるもの

| ボクとしては、このホンダ・プロローグのデザインはなかなかイケてると考えている |

今後、ホンダのEVは「各地域ごと」で異なる内容となりそうだ

さて、ホンダがGMとの共同開発にて北米地域を中心に発売するエレクトリックSUV「プロローグ」を公開。

全長4,877ミリ、全幅1,989ミリ、全高1,643ミリというボディサイズを持ち、ホイールベースは(全長に比較するとかなり長い)3,094ミリという数字を持っています。

このプロローグは上述のとおりGMとの共同開発となるのですが、プラットフォームはスケーラブルなBEV3(シボレー・ブレイザーEVにも使用されている)、そこへ”ウルティウム”バッテリーが載せられることになるものと考えられます。

現時点でプロローグの技術的な詳細は明かされていない

なお、今回その姿と概要が明かされたといえど技術詳細などは非公開となっており、バッテリーやエレクトリックモーターのスペック、選択肢などはナゾのまま(4WDが登場することはわかっているが、後輪駆動バージョンが投入されるかどうかはわからない)。

ただしこのプロローグは2024年に発売されると言われるので、そてまでには徐々に情報が明かされることになるものと思われます。

Honda-Prologue (6)

そこで今回発表されたオフィシャルフォトを見てみると、EV専用プラットフォーム特有のダッシュ・トゥ・アクスルを持ち、Aピラーの付け根が大きく前に出されていて、ガソリン車とは全く異なるプロポーションを持つことがわかります。

Honda-Prologue (7)

タイヤが四隅に追いやられ(ホイールは21インチなのでかなり大きい)、そのぶん伸びやかな雰囲気が感じられますね。

Honda-Prologue (2)

サイドウインドウ下端は後ろにかけて「上がって」いて、逆にルーフが緩やかに下ってることもありリアウインドウ面積はかなり狭く、そのためグリーンハウスがコンパクトに見え、かなりスポーティーな雰囲気を持つようにも。

Honda-Prologue (8)

テールランプは横一文字を採用し、これまでのホンダとはちょっと異なるスタイルを持っています。

なお、「Honda」文字は従来のクルマとは異なるフォントを使用していて、電動車にはこのロゴを使用するのかもしれませんね(リヤにはHマークも見られない)。

ホンダ・プロローグのインテリアはこんなデザイン

そしてこちらはホンダ・プロローグのインテリアですが、こちらも他のホンダ車とは似て非なるデザインで、CR−Vやシビックに採用される「横基調」デザインながらもエアコン吹出口の処理が別デザインに。

Honda-Prologue (5)

メインのメーターは11インチの液晶、インフォテイメントシステムは11.3インチのタッチスクリーン。

Honda-Prologue (3)

シートはけっこう大きく分厚く、快適性が重視されているようですね。

Honda-Prologue (4)

ホンダは世界各地で異なる展開を?

なお、ホンダは昔からローカライズを重視する会社で、これは本田宗一郎の「その土地で売るものはその土地で作るべし」という考え方を反映したものと思われます。

よって今回のプロローグは北米にて販売されるものの、欧州では欧州の別展開が行われ・・・。

ホンダが「欧州で発売するEVとPHEV」を発表!ボクはホンダのローカライズしすぎ戦略、つまり地域ごとにバラバラすぎる戦略や、「最後までやりきれない」弱さを懸念している
ホンダが「欧州で発売するEVとPHEV」を発表!ボクはホンダのローカライズしすぎ戦略、つまり地域ごとにバラバラすぎる戦略や、「最後までやりきれない」弱さを懸念している

| ホンダはこのままだと「動けば動くだけロスが出る」会社になってしまう |この記事のもくじ| ホンダはこのままだと「動けば動くだけロスが出る」会社になってしまう |過去の成功体験に囚われすぎ、新しい社 ...

続きを見る

中国はまた別展開。

こういった戦略は以前のガソリエンジン時代であればまだ通用したものの、現在の高度にエレクトロニクス化されたクルマ、そしてこれからのEV時代になると開発費が非常にかかるため、こういった手法はコスト高を招くだけなんじゃないかとも考えています。

【動画】ホンダのあまりに前衛的すぎる中国専用「e:N SUV」はこんなクルマ!相変わらずホンダはコストがかかろうとも「現地受け」するモデルに注力するようだ
【動画】ホンダのあまりに前衛的すぎる中国専用「e:N SUV」はこんなクルマ!相変わらずホンダはコストがかかろうとも「現地受け」するモデルに注力するようだ

| ホンダはローカライズを重視する会社だが、それがホンダを儲からなくしている |この記事のもくじ| ホンダはローカライズを重視する会社だが、それがホンダを儲からなくしている |このまま発売されるとは思 ...

続きを見る

あわせて読みたい、ホンダ関連投稿

新型NSXはEVで復活?ホンダが4輪電動化計画を発表し「スペシャリティ」「フラッグシップ」という2つのスポーツモデルを導入すると発表
新型NSXはEVで復活?ホンダが4輪電動化計画を発表し「スペシャリティ」「フラッグシップ」という2つのスポーツモデルを導入すると発表

| これまでホンダはエレクトリック化で「出遅れた感」があったが、ここで一気に巻き返しを図る計画か |この記事のもくじ| これまでホンダはエレクトリック化で「出遅れた感」があったが、ここで一気に巻き返し ...

続きを見る

ソニーとホンダとの合弁による「ソニー・ホンダモビリティ株式会社」が始動開始!2025年に高付加価値EVの販売とモビリティ向けサービスの提供開始を目指す
ソニーとホンダとの合弁による「ソニー・ホンダモビリティ株式会社」が始動開始!2025年に高付加価値EVの販売とモビリティ向けサービスの提供開始を目指す

| 新会社の設立は2022年中、事業内容詳細は現時点では不明 |この記事のもくじ| 新会社の設立は2022年中、事業内容詳細は現時点では不明 |ホンダが自社の事業とどう住み分けるのか、EVの開発や製造 ...

続きを見る

ホンダがLGとの合弁にて北米にバッテリー工場建設と発表。このバッテリーは北米で生産されるEVのみに搭載され、ホンダはあくまでも「現地調達」にこだわるようだ
ホンダがLGとの合弁にて北米にバッテリー工場建設と発表。このバッテリーは北米で生産されるEVのみに搭載され、ホンダはあくまでも「現地調達」にこだわるようだ

| この工場のバッテリー生産能力は非常に高いが、ホンダがそれを「使い切れるのか」はちょっと不安 |この記事のもくじ| この工場のバッテリー生産能力は非常に高いが、ホンダがそれを「使い切れるのか」はちょ ...

続きを見る

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

->ホンダ/アキュラ(HONDA/ACURA), ■新型車・スパイフォト・ウワサなど
-, , , , , ,

© 2022 Life in the FAST LANE. Powered by AFFINGER5