ランボルギーニ/フェラーリ/ポルシェオーナーのブログ。クルマのほか、腕時計、トラベルなどライフスタイルに関わる情報をお届けします。

Life in the FAST LANE.

>三菱(MITSUBISHI)

三菱エクリプスが賦活したらこうなる?フェアレディZをベースにした「三菱版スポーツカー」のCGが登場。エクリプスは4代続いた人気スポーツクーペだったが

投稿日:2022/11/17 更新日:

三菱エクリプスが賦活したらこうなる?フェアレディZをベースにした「三菱版スポーツカー」のCGが登場。エクリプスは4代続いた人気スポーツクーペだったが

| ダイナミックシールドが反映されてないのはちょっと違和感があるが、これはこれで未来っぽくてカッコいい |

現在の三菱は日産と市場・顧客が競合するクルマを作ることができない

さて、三菱はかつて「エクリプス」」なるクルマを発売していましたが、もともとはアメリカ市場向けにスタリオンの後継モデルとして企画されたもので、1989年~2012年にかけ、4代にわたって販売されています。

初代から3代目にかけては当時提携関係にあったクライスラーとの共同にて開発がなされており、初代エクリプスは「カー・アンド・ドライバー」誌にてベストテンのうちの一台に選ばれており、2代目エクリプスは映画ワイルド・スピードに使用されたことで人気が沸騰。

3代目も2代目同様のヒットを飛ばしていますが、4代目になると当時不振に陥った三菱の再建計画に従い(グローバルモデルに集中するため、北米専用モデルを廃止するため)残念ながらそのライフを終了することに。

日本では3代目までが発売されていますが、「左ハンドルだけ」であったり、北米からの輸入車であったために「三菱なのにとんでもなく価格が高い」ということが記憶に残り、さらには初代エクリプスの「4輪ホイールスピン」しながら発進するというTVコマーシャルにシビれたということを思い出します。

新型エクリプスが登場するとこんなクルマに?

そこで今回ロシアのKolesaが公開したのが「新型エクリプス」のレンダリング。

現在エクリプスがスポーツカーとして復活するというウワサはなく、よってこれはKolesaの完全なる「希望的観測」を織り込んだものということになりますが、一見してわかるとおり、新型フェアレディZと強い関連性を持っています。

なお、現在三菱はルノー・日産・三菱アライアンスの一角を占めているので、新型フェアレディZと車体を共有するというのは自然なことではあるものの、三菱と日産が「競合する」モデルを発売することは考えにくく、よって現実には「新型エクリプス」の発売は期待できず、あるとすれば「ターボを外し、もしくはエンジンをダウンサイジングし」フェアレディZの下に位置するエントリーモデル(GR86やスバルBRZに対抗できるくらい)としての発売くらい。※三菱得意の4WDを組み込めばフェアレディZと差別化ができるが、相当なコストがかかり、そもそもフェアレディZのプラットフォームはそれに対応できない可能性が高い

Mitsubishi-Eclipse (2)

参考までにですが、「エクリプスクロス」はエクリプス誕生の地であるアメリカでは販売されておらず、これは奇妙なことではありますが、アメリカでエクリプスといえば「2ドアクーペ」のエクリプスであり、アメリカ人がエクリプスクロスを見たら「コレジャナイ」と思うのかもしれません。

そしてエクリプスは今でもアメリカでは結構人気があり、これまでにはアメリカ人アーティストがいくつか「新型エクリプス」のレンダリングを作成した、という例も。

え?これが三菱エクリプス?超未来的、SF映画に出てきそうなレンダリングが公開
え?これが三菱エクリプス?超未来的、SF映画に出てきそうなレンダリングが公開

| よくよく考えると、三菱はいつも先進的なデバイスを搭載したクルマを発売する自動車メーカーだった |この記事のもくじ| よくよく考えると、三菱はいつも先進的なデバイスを搭載したクルマを発売する自動車メ ...

続きを見る

今後の三菱には期待したいが

なお、現在の三菱の(アライアンス内での)位置づけは東南アジア向けのコンパクトカー、そしてトラック、SUVを発売するというもの。

これは以前にルノー・日産・三菱アライアンスが打ち出した計画に基づいており、欧州はルノー、アメリカは日産というふうに市場ごとの”リーダー”が決められていて、ここから推測したとしても、三菱がこれから北米市場にて存在感を発揮すべくスポーツクーペを発売する可能性はかなり低そう(技術面でのリーダーということであれば、三菱はオフロードに特化した4WD技術を担当する)。

ただ、今後ルノー・日産・三菱アライアンスそのものが変化を迎える可能性も大きくなり、そうなると三菱のポジションもまた変わる可能性も見えてきて、過去のビッグネームであるランサーエボリューション、パジェロ、そしてこのエクリプスの復活を期待したいところでもありますね。

日産がウワサどおり「新再建プラン」発表!ルノー/三菱との取り組みを強化し、これまで以上に共有化推進。開発には車種・分野ごとにリーダーを決めて「競争しない」

| 実際にどこまで「貫けるか」は各社の覚悟と本気度にかかっている |この記事のもくじ| 実際にどこまで「貫けるか」は各社の覚悟と本気度にかかっている |ルノー・日産自動車・三菱自動車の”今後の取り組み ...

続きを見る

あわせて読みたい、三菱関連投稿

新型三菱ランサーのレンダリング
三菱ランサーが復活したらこうなる?ダイナミックシールドが与えられ、なかなかにアグレッシブなスタイルへ

| ただし、新再建プランの中には「三菱のセダン」は入ってない |この記事のもくじ| ただし、新再建プランの中には「三菱のセダン」は入ってない |その顔つきは「ダイナミックシールド」に三菱がランサーを復 ...

続きを見る

三菱パジェロよ永遠なれ!国内販売終了に続いて海外分の生産も終了し、製造を担当していた「パジェロ製造(株)」は閉鎖

| 三菱の巨額赤字を考えると仕方がない |この記事のもくじ| 三菱の巨額赤字を考えると仕方がない |パジェロは「パジェロ製造株式会社」で製造されていたパジェロは一つの時代を築いたが三菱には復活を期待し ...

続きを見る

ランサーエボリューションが復活したらこうなる?というCGが登場
ランサーエボリューションが復活したらこうなる?というCGが登場。ランエボ復活の可能性はゼロではないと思うものの、ボクは「三菱にとってパジェロのほうが優先順位が高い」と考えている

| ランエボらしいディティールが盛り込まれた秀逸なレンダリング |この記事のもくじ| ランエボらしいディティールが盛り込まれた秀逸なレンダリング |三菱としても「ランサーエボリューション」というビッグ ...

続きを見る

参照:Kolesa.ru

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

->三菱(MITSUBISHI)
-, , , , ,

© 2022 Life in the FAST LANE. Powered by AFFINGER5