ランボルギーニ/フェラーリ/ポルシェオーナーのブログ。クルマのほか、腕時計、トラベルなどライフスタイルに関わる情報をお届けします。

Life in the FAST LANE.

統計

ポルシェ911

「興奮度・感情移入度」という数字で語れない魅力を表すランキングが公開!ブランド別ではポルシェが1位、テスラが2位、トヨタはワースト3、ホンダは最下位

| 現段階ではガソリン車の興奮度のほうがEVよりも高い数値となっている | 車種個別だともっとも高い興奮度・感情移入度を誇るのはBMW X6 さて、自動車購入時に参考にするのが様々な「数値」で、たとえ ...

テスラ

アメリカ市場でEVブーム!フォード、GM、ヒョンデといったEVを持つメーカーの存在感が強まり、量販EVを持たないトヨタやホンダは出遅れ、勢力図に変化も

| もしかするとトヨタは判断を誤ったか | この1−2年で自動車メーカーの勢力図が大きく変わる可能性も さて、現在世界中にて原油価格の高騰が続き、さらにはサプライチェーン問題にて新車価格が上昇したり新 ...

テスラ・モデルY

米調査ではこの2年で「EVを必ず買う」と答えた人は4%から14%へ!真剣にEV購入を検討すると答えた人を含めると1/3の人々が電気自動車購入に積極的

2022/7/11    , , , ,

| ガソリン高という「家系に直接響く要素」が大きく人々の意識を変えたもよう | もちろん、選択肢が大きく増えたことも関係している さて、ちょっと前までは「次にEVの購入を検討している人は自動車所有者の ...

China

2021年の自動車市場は波乱含みだった!1位の中国はコロナ前よりも伸び、2位のアメリカは台数を伸ばせず。3位の日本は前年割れで4位のインドに抜かれそう

| 中国の成長は「EVの成長」によるものだと結論付けられているが、ボクは違うと思う | ただ単に、中国の自動車市場はいまだ成長過程にある(普及しきっていない)だけだと考える さて、ここ数年の自動車業界 ...

ジープ

新車登録から5年で「もっとも価格が下がらない」のはジープ・ラングラー、「もっとも価値が下がる」のは日産リーフ!やはり電気自動車はまだ買いどきではないのか・・・

| 全般的に、特定の目的のために特化したクルマの価格は下がりにくい | 反面、高級車や、汎用性が高いクルマほど価値が下がりやすい さて、米中古車リサーチ&売買会社のiSeeCarsが興味深い統計を発表 ...

マツダ・ロードスターのマニュアル・トランスミッション

高学歴・高収入になるほどマニュアル・トランスミッションを好むという統計結果!米では66%がMT操作可能、55%がMT車を所有経験アリ、しかし実際に売れたMT車は全体のわずか2%

| どのみち、エレクトリック時代になればMTそのものが消え去り、単なる「思い出」になってしまう | さて、マニュアル・トランスミッションが用意されていなければ「買う気が起きない」、またマニュアル・トラ ...

世界、欧州、米国、日本で人気のボディカラーはこれだ!「世界」だとホワイトが38%、ブラック19%、グレー13%、シルバー10%という構成比

| 世界中どこでもホワイトとブラック、グレーで70−80%程度を独占 | Axaltaの調査によると、「世界でもっとも人気のあるボディカラー」は9年連続でホワイトになった、とのこと。比率でいえば38% ...

驚愕!ダッジ・チャレンジャー購入者の平均年齢は51歳!それでも「カマロ、マスタングよりは若い」。ちなみに日本の新車購入平均年齢は35.8歳

| 日本における「若者のクルマ離れ」なんぞまだまだヌルい | ダッジのブランドマネージャーによると、チャレンジャー購入者の平均年齢はなんと51歳、とのこと。チャレンジャーというと典型的なアメリカンマッ ...

米顧客満足度の意外な結果。品質が低くとも満足度が高いブランド、その逆も。メーカーは品質よりも「楽しさ」を追求したクルマを追求したほうが良さそうだ

| 品質が高くとも、満足度の低いクルマも。つまり品質と満足とは比例しない | 調査会社、JDパワーが、アメリカ市場における「自動車メーカー、自動車ごとの顧客満足度調査結果」を発表。調査の対象は「異なる ...

自動車の保有年数、保有しているメーカー、ボディカラーの内訳はこうなっている!「納得」な部分と「意外」な部分があるようだ

| 「売られる」メーカーと、そうでないメーカーとがあるようだ | アメリカの調査会社、IHS Markit によると、アメリカ人は「自動車を保有する期間が長くなってきている」とのこと。つまり勝手から売 ...

やはりレクサスは強かった。米品質調査で8年連続トップ、2位はポルシェ。一方ホンダの高級ブランド「アキュラ」は26位

高級ブランドほど期待が高く、「期待以上」の品質でないとクレームが発生? 米調査会社、JDパワーが自動車メーカーごとの(製品における)信頼性調査を発表。これは毎年実施されているもので、購入後3年以内の乗 ...

【統計】平均燃費はマツダが5年連でNo.1、全体の燃費とエンジンパワーは自動車史上最高レベルに

| マツダの燃費は5年連続で世界No.1(米統計) | mazda 米国環境保護庁=Environmental Protection Agency (EPA)が各種統計を公開しており、これによると最も ...

米コンシューマーレポートが「信頼性の高い車TOP10」公開。トヨタとレクサスが7台を占める

毎度おなじみ、米国コンシューマーレポート(コンスーマーレポート/CR)が「2017年版 信頼性の高い車」を公開 アメリカにて大きな発言力を持つConsumer Reports(コンシューマーレポート) ...

米統計「車線逸脱警報装備で事故を年間85000件減らしている」。BSMも同様の効果

IIHS(米国道路安全保険協会)が発表したところによると、近年の自動車に装備される「レーンデパーチャーワーニングシステム(車線逸脱警報)」は年間で85000件の事故を未然に防いでいる可能性がある、との ...

世界/国別におけるEV販売とその構成。日本は途中までEV先進国→今では後進国。何があったのか

「EVの普及状況」が数値として公開に。 これを見ると、国としては中国が圧倒的で、中国の掲げる「EV製造でも販売でも世界ナンバーワン」という戦略が奏功している、と考えられます。 メルセデス・ベンツ、BM ...

no image

アメリカでも車離れ?家庭あたりの所有台数、走行距離が2004年辺りから減少中

2017/4/5    , , ,

ミシガン大学の調査によると、ここ数年、アメリカでの自動車所有台数が減少しているとのこと。 たとえば2006年には1家庭あたり2.05台を所有していたものが2014年には1.927台に減少しているそうで ...

やっぱりトヨタ。「価値のある自動車ブランド」の調査結果でもトップに。9位にはUber

ロンドンを拠点とする調査/コンサルタント会社、「ブランドファイナンス」が価値ある自動車関連ブランド、とした統計と評価の結果を発表。 あくまでも「自動車関連ブランド」であって自動車メーカーではなく、そこ ...

VWグループの中国販売は398万台に。世界中に占める中国シェアは40%、中国生産は380万台

フォルクスワーゲンが中国での2016年における販売状況を公開。 これによるとアウディ、シュコダまで含めた総販売台数は過去最高の398万台。 2015年比だと+12.2%増という二桁増という好成績となっ ...

© 2022 Life in the FAST LANE. Powered by AFFINGER5