ランボルギーニ/フェラーリ/ポルシェオーナーのブログ。クルマのほか、腕時計、トラベルなどライフスタイルに関わる情報をお届けします。

Life in the FAST LANE.

■ファッションや腕時計、雑貨など

ロレックスGMTマスターIIの表裏スケルトンカスタム「ワールドトラベラー」公開!カスタム費用は556万円、安いと見るか高いと見るか?

投稿日:2022/09/25 更新日:

ロレックスGMTマスターIIの表裏スケルトンカスタム「ワールドトラベラー」公開!カスタム費用は556万円、安いと見るか高いと見るか?

| アルティザン・ドゥ・ジュネーブはこれまでにも興味深いカスタムをいくつも公開している |

表裏スケルトンにドルフィン針という先進性とレトロとのコンビネーション

さて、スイスにて拠点を構える腕時計のカスタム工房「アルティザン・ドゥ・ジュネーブ」。

主にロレックス、ときどきパテック・フィリップのカスタムを手掛けていますが、世界的にその評価が高く、カスタムを依頼するには長い長い納車待ちの列に並ぶ必要があると言われます。

ロレックスについてはこれまでデイトナ、そしてサブマリーナーのカスタムを公開しているものの、今回は(おそらく)はじめてとなるGMTマスターIIのカスタム「ワールドトラベラー」を披露することに。

なお、今回珍しくカスタム費用が公開されており、その価格は日本円にしておおよそ556万円なのだそう。

超高額なパテック フィリップ ノーチラスを禁断のスケルトン化!この腕時計に不可逆的カスタムを施すには相当な勇気が要求されそう
超高額なパテック フィリップ ノーチラスを禁断のスケルトン化!この腕時計に不可逆的カスタムを施すには相当な勇気が要求されそう

| パテックフィリップ ノーチラス「ハニーパール」には完璧な素材とカラーのバランスが求められた | ムーブメントのカスタムだけで「数百時間」 さて、ロレックスやパテックフィリップの腕時計を中心にカスタ ...

続きを見る

依頼主はこう語る

これまでアルティザン・ドゥ・ジュネーブに腕時計のカスタムを依頼してきたのはスパイク・リー(映画監督)、ランス・アームストロング(サイクリスト)、ジョン・マッケンロー(元テニスプレイヤー)、ファン・パブロ・モントーヤ(元F1パイロット)、そのほか様々なミュージシャン、スポーツ選手、著名人などですが、今回の依頼主は「匿名」。

ただしその依頼の経緯をこう語っています。

私は仕事柄、世界中を旅しています。

何が一番好きかと聞かれたら、私はいつも旅と発見だと答えます。私はいつも同じ腕時計を身に着けています。長い間、この時計に自分のサインを入れ、旅を思い起こさせたいと思っていました。私はジュネーブの職人たちの年代記を追っていますが、彼らが発表するプロジェクトは、偉大なシェフや近所の小さなレストランなど、新しい食の体験と同じように、クリエイティブで技術的、そして何よりも個性的な発見があります。

だから、ワールドトラベラーのプロジェクトを彼らに任せたのは、ごく自然な成り行きだったのです。

2022-09-24 17.32.47

依頼主によれば、腕時計のカスタムはガストロノミー(美食)に似ているといい、「熟練の技、共有、ノウハウの巧みなブレンド」という共通点がある、とのこと。

2022-09-24 17.32.51

アルティザン・ドゥ・ジュネーブもまた、思い出を刻み、一瞬一瞬の小さな物語を、顧客のタイムキーパーという唯一のレシピの材料とすることでほかにない作品を作り上げているわけですが、今回のプロジェクトの中心となったのは「ブルー」というカラー。

2022-09-24 17.32.57

これにスケルトンムーブメントを組み合わせることで際立つ透明感を演出することを念頭に起き、コントラストカラーとして選んだのはローズゴールド(暖色系を使用したかったようだ)。

-09-24 17.34.45

さらにベゼル(セラミック)にはタイムゾーンを複数表示し、これらの都市は依頼主がこれまでに訪れたことがある場所。

なお、依頼主の地元であるジュネーブのカラーはローズゴールドに彩られています。

-09-24 17.33.24

文字盤はスケルトン化されていて、24時間表示を(GMT針にて)読み取れるように工夫がなされています。

2022-09-24 17.34.52

針もオリジナルへと変更され、依頼主の指示により「お気に入りの腕時計に使用されている」ドルフィン針へ、そしてGMT針はオープン仕様へ。

2022-09-24 17.33.27

ブルーは「海」、ローズゴールドは「美食芸術」を表現

なお、この腕時計に使用されるカラーは上述の通りブルーとローズゴールドで、ブルーは何度も渡ってきた海を、ローズゴールドは豊かな料理芸術を表している、とのこと(依頼人の職業はシェフなのかもしれない)。

2022-09-24 17.33.32

ベースモデルは116710、キャリバーは3186ですが、文字盤とケースバックはスケルトン化されており、表裏共に鑑賞に耐えうるようにカスタムが施され、再研磨やメッキ、サンドブラストなど様々な加工が用いられます。

2022-09-24 17.34.59

なお、ケースのサイドや裏面には面取りやサンドブラスト加工が施されていて、これがユニークな表情を作り出しているようですね。

2022-09-24 17.34.51

ロレックス GMTマスターIIのカスタム「ワールドトラベラー」を紹介する動画はこちら

あわせて読みたい、アルチザン・ドゥ・ジュネーブ関連投稿

ロレックス・デイトナ禁断のフルスケルトン+サファイアカスタム!スイスの工房による「アローラ・チャレンジ」公開
ロレックス・デイトナ禁断のフルスケルトン+サファイアカスタム!スイスの工房による「アローラ・チャレンジ」公開

| ロレックス・デイトナのカスタムもどんどん多様化している | 今回はスイスの氷河をイメージした「アイス」仕様 さて、ロレックス・デイトナはじめサブマリーナーなどのカスタムを行うスイスの腕時計工房、ア ...

続きを見る

伝説的ゴールキーパー、ジジのオーダーによる「カスタム」ロレックス・デイトジャストが公開!ギョーシェ加工にワンハンド化によりレトロな雰囲気に
伝説的ゴールキーパー、ジジのオーダーによる「カスタム」ロレックス・デイトジャストが公開!ギョーシェ加工にワンハンド化によりレトロな雰囲気に

| おなじロレックスでもデイトジャストを、しかもワンハンド化という発想はなかった | オリジナルのデイトジャストとは異なる、柔らかな印象に さて、限られた顧客のために限られた数の腕時計をカスタムするス ...

続きを見る

ロレックスのカスタム専門工房「アルチザン ドゥ ジュネーブ」がデイトナをカスタム!稀代のサイクリストのために「心拍数測定機構」を組み込む
ロレックスのカスタム専門工房「アルチザン ドゥ ジュネーブ」がデイトナをカスタム!稀代のサイクリストのために「心拍数測定機構」を組み込む

| これまでのカスタムロレックスに比較して「スケルトンの範囲が広く」加工されていることが特徴 | 世界に二つと無い「自分仕様、そのルーツを反映した」デイトナの登場 さて、ロレックス(デイトナやサブマリ ...

続きを見る

参照:Artisans de Genève

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

-■ファッションや腕時計、雑貨など
-, , , , ,

© 2023 Life in the FAST LANE. Powered by AFFINGER5