>アストンマーティン(Astonmartin) >AMG/メルセデス(Mercedes-Benz) >マクラーレン(McLaren)

メルセデスAMG「プロジェクト・ワンはダウンフォース700kg」→マクラーレン「800kg」→アストン「1800kg」

投稿日:2018/02/16 更新日:

| すっかり影が薄くなったAMG Project One |

メルセデスAMGがそのハイパーカー「プロジェクト・ワンは700キロのダウンフォースを発生」と公開。
あれ?プロジェクト・ワンはもう発表されてるんじゃないの?という感じですが、実はまだ「開発途中」でスペック詳細は未公開。
これは「アストンマーティン・ヴァルキリー」「マクラーレン・セナ」も同様で、もろもろの事情でまず「見切りで車体を発表」する場合も(セナは最近になりスペックが公開)。

納車前から熾烈なスペック争い

なおプロジェクト・ワンの車体重量もまだ確定しておらず、「1300キロ〜1400キロ」と言われており、しかし今回はAMGのボス、トビアス・メアース氏が「ダウンフォースは700キロ」とメディアに語った模様(正確には車体重量の半分のダウンフォース、という表現)。

これはメルセデス・ベンツ、AMG史上でもっとも高い数値であり、マクラーレンP1 GTRの660キロよりも大きな数値となっていますが、ちょっとタイミングが悪かったのは、ほんの少し前にマクラーレンが新型ハイパーカー「セナ」のダウンフォースについてプロジェクト・ワンのそれを大きく超える「800キロ」だと発表したこと。

これによってプロジェクト・ワンのダウンフォースが「700キロ」と聞いても「ふーん」となってしまうわけですが、マクラーレン・セナはダウンフォースのためにデザインを犠牲にしたともデザイナーが語っており、それだけこの「800キロ」を達成することの難しさもわかるところです(そのためにマクラーレン・セナは”醜い”と言われるようになってしまった)。

なお、さらに「上には上」がいて、アストンマーティン・ヴァルキリーはなんとセナの倍以上となる「1800キロ」のダウンフォースを発生。
さらにヴァルキリーのサーキット専用モデル「ヴァルキリーAMR Pro」は運転するのにフィジカル強化が必要だとされていますが、あらゆる意味でヴァルキリーは「桁外れ」と言えそうですね。

合わせて読みたい関連投稿

こちらもオススメ、関連投稿10選

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

こちらもどうぞ。人気記事

1

| 乗ってゆくクルマでディーラーの対応は間違いなく変わる | 高価な車に乗ってディーラーを訪問すると態度が変わるのか?ということはよく言われます。 ディーラーのセールスの人もぼくらと同じ人間ですので、 ...

2

| ロレックスは「在庫が足りずに」値上がりしているわけではない | さて、高価なこと、そして値上がりが継続することで知られるロレックス。今回は「なぜ」値上がりするのか、その構造について考えてみたいと思 ...

3

フロントバンパーレス、悪魔のZっぽい インテリアのカスタムで知られるVilnerがフェアレディZの内外装をカスタムして公開。なんとも魅力的なボディカラーを持つフェアレディZですが、この個体にはちょっと ...

4

「オレ、ランボルギーニ買うわ」 (一般的な収入の人が)そう言ったときの、奥さんもしくは彼女さんの反応はほぼ一様だと思うんですよね。 あきれたり、「絶対無理」と一蹴されるよりも先に、結婚前だと「あたしと ...

5

ランボルギーニ・アヴェンタドールSの購入を検討開始。 ぼくはガヤルド、ウラカンと二台ランボルギーニを乗り継いだ割にはV12モデルには疎く、その標準装備やオプションについてはほとんど無知。 まずは見積も ...

->アストンマーティン(Astonmartin), >AMG/メルセデス(Mercedes-Benz), >マクラーレン(McLaren)
-, , , , , ,

Copyright© Life in the FAST LANE. , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.