>ポルシェ911関連 >トヨタ/レクサス(Toyota/LEXUS) >ランボルギーニ関連ニュース・ネタなど >フェラーリ(Ferrari) >ほかランボルギーニ(ムルシエラゴ、ディアブロ他) ■その他自動車関連ニュース・ネタなど

ランボルギーニ用「マンガ塗り風」カーカバー発売。ミウラやカウンタック、ディアブロに対応し、人々をほっこりした気分に

投稿日:

| もしかすると盗っ人も和んでヤル気を無くすかも |

さて、ランボルギーニ麻布/目黒/横浜さんのブログにて、面白い製品が掲載されており、ここでも紹介してみたいと思います。
その製品とは「ヴィンテージ・カー・カバー・プロジェクト( Vintage Car Covers Project )」というもので、要はランボルギーニのクラシックモデル「専用の」カーカバー。
記事によると「クラシックバージョン」と「シェイプバージョン」とが存在するとされ、クラシックバージョンはディアブロ、シェイプバージョンはミウラ/カウンタック/ディアブロに対応している、とのこと。

そしてクラシックバージョンはシンプルなカバーであるのに対し、シェイプバージョンは上の画像のような感じで「クルマのディティール」を再現。
画像は「ディアブロ6.0用」だと思われますが、フードやヘッドライト、ダクトやホイールが「ヘタウマ」な感じで描かれているのがなんともナイス。
このカバーにかかれば、イカツいディアブロもとたんに可愛くなってしまうようですね。

そしてこちらは「ミウラ」版。
やまりミウラ独特のヘッドライトやフェンダーアーチ、ウインドウグラフィックやルーバーが再現され、サイドには「Miura50」の文字。※ミウラは2016年に50周年を迎えた

lamborghini-miura

なお、雰囲気的には「マンガ塗り」っぽい感じですね。

「マンガ塗り」ホンダNSX登場!日本発の表現技法が世界に羽ばたく。イニDの「アニメ塗り」も

意外と自動車カバーにこだわるメーカーも多い

なお、こういったカバーで「遊ぶ」というケースはけっこう多く、クルマを楽しむ無文化が根付いているアメリカでは、コルベット(C7)向けに、こういった「レーシングカー(C7.R)風」カバーも用意。
あまりにリアルなので、おそらく遠目には「本物」のように見えるかもしれません。
なお、こういった”柄のある”カバーは一般に防水性や耐候性がほぼ無く、基本的に「室内保管用」。
つまりコレクションのインドア保存用としてもラインアップとなります。

ポルシェは純正オプションにて「マルティニ仕様」を販売していますね。
そのほかにもポルシェは「911R用」として、911R特有のカラーストライプ入りカバーを販売したことも。

Porsche_20Martini_20Car_20Cover

ランボルギーニ純正、普通のカバーはこんな感じ。

indoor6-600x600

フェラーリはこう。

93

こんなカバーを発売してくれないものか

そして、ぼくがいつも思うのが「ピンクピッグ」風のカバーを発売してくれないだろうか、ということ。
これは

ピンクピッグとは、1971年のル・マンに参戦したポルシェ917/20の愛称ですが(雌豚ベルタ、トリュフハンターとも呼ばれるようだ)このボディカラーを採用するに至った経緯というのがなんとも痛快。
この917/20は「917」と名がつきはしますが、それまでの917とは異なって「丸っこい」ボディを持っており、いかにも鈍重そうなこのクルマを見たときに(スポンサーの)マルティニが「この豚みたいなクルマにはマルティニカラーやロゴを用いることはまかりならぬ」とポルシェに通達し、例によって皮肉屋のポルシェは917/20に「豚」だと誰が見てもわかるカラーリングを施してしまったというのが事の真相だとされています。

ポルシェはこのピンクピッグを大変気に入っているようで、純正アクセサリー(ポルシェ・ドライバーズ・セレクション)からTシャツも発売していますね。

ポルシェが「まさかの」ピンクピッグTシャツを発売した!ポルシェセンターへ急げ!!

そしてもうひとつ、ぼくが「あったらいいな」と思うカバーが”プロトタイプに用いられるカモフラージュシート風”。
これは各社とも様々な柄を用いているものの、トヨタはGRスープラ開発時に「カモフラージュ柄もカッコよくしたい」ということで、軍艦をモチーフにしたと言われるこの柄を採用。

これ以降、トヨタは「カローラ」「ヤリス」のプロトタイプにもこのパターンを採用しており、さらには英国トヨタがこの柄の「ラッピングペーパー」も発売。
つまりトヨタはこの柄を今後活用してゆこうということになりそうですが、同じ模様のカーカーバーがあればけっこう面白そう。

仕上げはサテンマット!トヨタがクリスマスに向け、新型A90スープラに採用されたカモフラージュ柄の包装紙を発売

ふと通りがかったガレージの中に、この”カモフラージュ柄の”カバーをかけたクルマが停まっていると、「え?」と驚いてしまいそうですね。

こちらもオススメ、関連投稿10選

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

こちらもどうぞ。人気記事

1

| 乗ってゆくクルマでディーラーの対応は間違いなく変わる | 高価な車に乗ってディーラーを訪問すると態度が変わるのか?ということはよく言われます。 ディーラーのセールスの人もぼくらと同じ人間ですので、 ...

2

| ロレックスは「在庫が足りずに」値上がりしているわけではない | さて、高価なこと、そして値上がりが継続することで知られるロレックス。今回は「なぜ」値上がりするのか、その構造について考えてみたいと思 ...

3

フロントバンパーレス、悪魔のZっぽい インテリアのカスタムで知られるVilnerがフェアレディZの内外装をカスタムして公開。なんとも魅力的なボディカラーを持つフェアレディZですが、この個体にはちょっと ...

4

「オレ、ランボルギーニ買うわ」 (一般的な収入の人が)そう言ったときの、奥さんもしくは彼女さんの反応はほぼ一様だと思うんですよね。 あきれたり、「絶対無理」と一蹴されるよりも先に、結婚前だと「あたしと ...

5

ランボルギーニ・アヴェンタドールSの購入を検討開始。 ぼくはガヤルド、ウラカンと二台ランボルギーニを乗り継いだ割にはV12モデルには疎く、その標準装備やオプションについてはほとんど無知。 まずは見積も ...

->ポルシェ911関連, >トヨタ/レクサス(Toyota/LEXUS), >ランボルギーニ関連ニュース・ネタなど, >フェラーリ(Ferrari), >ほかランボルギーニ(ムルシエラゴ、ディアブロ他), ■その他自動車関連ニュース・ネタなど
-, , , , , , , ,

Copyright© Life in the FAST LANE. , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.