>ホンダ/アキュラ(HONDA/ACURA) ■新型車情報/スパイフォト/噂など

ホンダ初のEV、ホンダeの詳細がちょこっとだけ公開。プラットフォームは専用設計、重量配分は50:50、駆動輪はなんと後輪

| ある意味では今のホンダで一番スポーツカー的 | 先日欧州にて予約の受付を開始したホンダ初のEV、「ホンダe」。予約開始時はその詳細が不明であったものの、今回ホンダがその内容について公開しています。なおEVについてはホンダeに限らず、「詳細不明」「価格も不明」のまま予約を開始することがありますが、それでも「数千から数万」の申し込みがあることには驚かされます。 欧州にて初代シビック風EV「ホンダe」予約開始!ボディカラーは5色、納車は2020年春より開始

ReadMore

>アウディ(Audi) >ポルシェ・ボクスター関連 >BMW(ビー・エム・ダブリュー)

【動画】ポルシェ718ボクスターGTS、BMW Z4、アウディTTSロードスター。オープンスポーツ3車が競った結果は意外なものだった

| ここまでBMW Z4が速いとは。「GTS」でなければ718ボクスターは勝てなかった | CARWOWがBMW Z4 M40i、ポルシェ718ボクスターGTS、アウディTTSロードスターの三者を競わせた動画を公開。つまり高いスポーツ性能を誇るオープンもトップモデル同士の争いということになりますが、今回の動画を見るとやはりポルシェがトップという結果に。ただしBMW Z4 M40iの運動性能はポルシェ718ボクスターGTSに肉薄しており、相当に高いポテンシャルを持つことを感じさせます。

ReadMore

>ポルシェ911関連 ■新型車情報/スパイフォト/噂など

ポルシェCEO「タイカンは911同様のドライバビリティを持つ」。たしかに理論上だとポテンシャルは911より上だが、なぜか心が踊らない

| 結局EVとはそういうものかもしれない | すでにティーザーキャンペーンが開始され、全世界では2万台を超える予約が集まっていると言われるポルシェ初のEV、「タイカン」。日本でも9月頃から予約が開始されると言われ、納車はその1年後から開始されるとも伝えられていますが(欧州では今年から納車開始)、ポルシェはタイカンに対して大変な自信を見せる発言を行うこともしばしば。

ReadMore

>ジャガー(Jaguar)

世界限定15台!ニュル最速セダン「ジャガーXE XVプロジェクト8」の外観を地味にした「ツーリング」登場。価格は2000万円オーバーか

| より地味な外観を好むコレクター向けの、過激なセダン | 2018年にジャガーが発売したニュルブルクリンク最速セダン、ジャガーXE SVプロジェクト8。このプロジェクト8は自動車史上もっとも過激なセダンと言ってよく、というのも「4ドアなのに2シーター」だから。後部座席は取り払われ、かわりにゴッツいロールケージが車体後部に鎮座しているわけですが(後部ドアを開けてもそこに座席はない)、その他にもフルバケットシートが装備されたり「セダンと呼ぶには抵抗がある」ほどのエクストリームなマシンです。 そして今回ジャガ ...

ReadMore

>トヨタ/レクサス(Toyota/LEXUS) >AMG/メルセデス(Mercedes-Benz) >ホンダ/アキュラ(HONDA/ACURA) >ベントレー(Bentley) >BMW(ビー・エム・ダブリュー) >スバル(SUBARU) ■外国ネタ・旅行など ■ニュース

香港にはこんなクルマが走っている(2)!トヨタ・アルファードなど人気のミニバン、シビック・タイプRや他のクルマも見てみよう

| 日本のミニバン人気は圧倒的 | さて、香港にて見かけたクルマたち。今回は日本車を中心にお送りしたいと思いますが、その前に上の画像はペニンシュラ香港(ホテル)のエントランス。ここは週末になると様々な高級車やスーパーカーがやってくることで知られます。加えてタイミングが合えばペニンシュラ仕様のローロスロイス、ミニ・クラブマン、そしてトヨタ・アルファード(ヴェルファイアかも)を見ることも可能。なお、このペニンシュラ仕様のクルマたちに使用されるグリーンは特別に調合されれたもので、いかなる要望があったとしても各自 ...

ReadMore

●ポルシェ718ケイマン(982) ■近況について ■ニュース

サイドステップを擦ったポルシェ718ケイマンの修理完了。その費用46,000円、高い授業料になったな・・・。

| サイドステップの着脱なし、かかった期間は5日間 | さて、先日サイドステップを擦ってしまったぼくのポルシェ718ケイマン。完全に自分の不注意であり、誰のせいにもできず、誰にも請求できない損傷であります。ただ、幸いなことに「通常は見えない」位置にしか傷がなく、そのために修理せずにおこうかとも考えたものの、やはり気分的にほうっておくことも出来ず修理を行うことに決定。 今日のポルシェ718ケイマン。サイドステップをうっかりヒットし傷を作ってしまう。修理を検討してみた

ReadMore

>その他イギリス車

え?これで合法?1200馬力、重量930kg、最高速402km/hのアルティマRSが登場。トランスミッションはMTのみ

| おそらくどんなハイパーカーも太刀打ちできない | イギリスのスポーツカーメーカー、アルティマ・スポーツ(Ultima Sport Ltd. )が、そのトップレンジたる「アルティマRS」を発表。アルティマはこれまで「エボリューション・クーペ」「エボリューション・コンバーチブル」をラインアップしていましたが、今回はその上にこの”アルティマRS”を追加したということになります。

ReadMore

>パガーニ(PAGANI)

走行わずか1,126kmのパガーニ・ウアイラが中古市場に登場。その美しい内外装、エンジンルームを見てみよう

| ウアイラ以上に美しく芸術的なエンジンルームを持つクルマはほかにない | ときどき出てくるパガーニ・ウアイラの中古売物件。今回は2014年製のウアイラに、サーキット走行志向へとエアロパッケージ/設定を変更する「テンペスタ・パッケージ」を装着した車両が販売中。ウアイラの生産は100台に絞られており、その中でもテンペスタ・パッケージを装着した車両は非常に少ないと思われるため、今回の売り物は「かなり希少」だと考えられます。

ReadMore

>AMG/メルセデス(Mercedes-Benz)

ブラバスが800馬力のメルセデス・ベンツGクラスを2パターン発表。10台限定、価格は3400万円と4000万円

| ブラバスのカスタムセンス、そして技術は年々高くなっている | ここ最近、積極的にニューモデルを発表しているブラバス。ベースとなるメルセデスAMGのポテンシャルが向上するとともにブラバスのコンプリートカーのパフォーマンスも向上し、今回紹介するモデルの出力はなんと800PS。ベースとなるのはメルセデスAMG G63、そしてブラバスはこれをカスタムして2タイプのコンプリートカーを発表しています。

ReadMore

>ポルシェ・ケイマン関連 ■その他自動車関連ニュース・ネタなど ■駄文(日々考えること)

【動画】ポルシェ・ケイマンが例により店から出て数秒後にクラッシュ。なぜこういった事故が起きるのかを考える

| ボクらはクルマがいかに危険で、人の命すらも奪いうる乗り物だということを忘れがちだ | ブラジルにて発生したという、ポルシェ981ケイマンSの事故動画。この事故の様子について、ぼく自身もこれに似た状況を経験したことがあり、ちょっと思うところがあるために取り上げてみようと思います。簡単に言うと、今回の事故は「勢いよくショップから飛び出したはいいものの、テールスライドを抑えきれずに標識にぶつかった」というもの。

ReadMore

ジェンソン・バトン

>ホンダ/アキュラ(HONDA/ACURA)

ホンダ・シビック・タイプRがバサースト・サーキットでもFF最速ラップを記録。これで記録は「7つのサーキット」に

| ニュルブルクリンクを皮切りに欧州の5大サーキット、そしてバサースト | ホンダ・オーストラリアが現地バサーストにあるマウント・パノラマ・サーキット(通称バサースト・サーキット)にてFF車市販最速と ...

>マクラーレン(McLaren)

「もっとも洗練された」ジェンソン・バトンのマクラーレンP1が2.3億で販売中。「乗る時間がないので・・・」

| もっとも洗練された仕様のマクラーレンP1 | 元F1ワールドチャンピオン、ジェンソン・バトン氏所有のマクラーレンP1が中古市場に登場。 注文時にマクラーレンのカスタム部門、「マクラーレン・スペシャ ...

>ホンダ/アキュラ(HONDA/ACURA)

ホンダ・シビック・タイプRがハンガロリンクでFF最速記録樹立。達成したジェンソン・バトンやハンガロリンクとは?

| ホンダ・シビック・タイプRはFFではもう無敵 | ホンダが継続している、欧州中の主要サーキットにて「FF最速記録」を更新するという”タイプRチャレンジ”ですが、今回はハンガロリンク・サーキット(ハ ...

>マクラーレン(McLaren)

ジェンソン・バトン氏にモノトーンの渋いマクラーレン675LT納車。アメリカの自宅用?

ジェンソン・バトン氏のもとへマクラーレン650LTスパイダーが納車。 画像を見るとビバリーヒルズのディーラーのようですが、アメリカのマクラーレンやフェラーリ、ランボルギーニのディーラーは世界統一CIを ...

■その他自動車関連ニュース・ネタなど ■近況について ■駄文(日々考えること)

ヘルメットの塗装をさらに考える。技術の進歩でデザインも大きく進化。一方バイクはあまり進歩せず?

さらにヘルメットの塗装を考えています。 ぼくはあまりグラデーションが好きではなく、(ヘルメットにかぎらず)思いっきり柄が明確に分かれていたり、コントラストが強いものが大好きです。 よって997世代のポ ...

Copyright© Life in the FAST LANE. , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.