>AMG/メルセデス(Mercedes-Benz) >ホンダ/アキュラ(HONDA/ACURA) >BMW(ビー・エム・ダブリュー)

【動画】ホンダNSXとはいったい何だったのか?メルセデスAMG E63、BMW M5との勝負にどうしようもなく負けてしまう

| やはりホンダNSXは「軽さ」を追求すべきであった | トップギアがホンダNSX、BMW M5コンペティション、メルセデスAMG E63 Sとをゼロヨンにて競争させた動画を公開。一瞬「え?なんでこの組み合わせ?」と思うものの、スペックを見ると納得で、というのもこの3台は馬力や重量、公称加速タイムが近く、駆動方式も「4WD」。でもスーパースポーツたるNSXのほうが圧倒的に有利なんじゃないの?と考えてしまいますが、実際はそうではなかったという動画を見てみましょう。

ReadMore

>アウディ(Audi) >VW(フォルクスワーゲン/Volkswagen) >その他ポルシェ関連/ニュース

次期アウディR8はこうなる?ただし実際にはR8の寿命が尽き、後継モデルはナシとの報道。アウディはどこへ向かうのか

| グループ内にて振り分けられた”プレミアムEV”に特化するしか道は残されていないのか | レンダリング・アーティスト、Rain Prisk氏が「もしアウディR8の新型が登場したら」というCGを公開。「もし」というのは、現在アウディはエレクトリックブランドにシフトしようとしており、その中でアウディR8を「現行モデル限りで販売終了」にするという話が出ているため。そして「次期アウディR8はない」という説が有力だとされています。

ReadMore

>トヨタ/レクサス(Toyota/LEXUS) >テスラ(TESLA) ■自動車各メーカー業績/統計/ランキング等

米調査会社が各メーカーのインフォテイメントシステム満足度ランキング公開。他調査ではいつも上位の日本勢が揃って下位、しかもレクサスはなんと最下位に

| 日本の会社はもともとインターフェースには強くない | 米国コンシューマーレポートが6万台の車両とそのオーナーとを対象に「どの車のインフォテイメントシステムが最も使い勝手がいいか」という調査を行い、その結果を公表。これによるとテスラのインフォテイメントシステムの満足度が86%という最も高い数字を示しており、平均値の「56%」を大きく上回ってレクサス(リモートタッチパッド)の「46%」を大きく引き離す結果に。

ReadMore

■新型車情報/スパイフォト/噂など >BMW(ビー・エム・ダブリュー)

なんとパープル!今度はアフリカにて新型BMW M8コンペティションの画像がリーク。BMWは追加でティーザー動画も公開し、「発表間近」?

| ただしスペックは未だ謎。驚きの次元に達していそうだ | BMWは「新型M8コンペティション」を発表する直前といったところですが、展示発表会に向けて用意された車体の画像がまたしてもリークされることに。これまでにリークされたのは「ブルー」「レッド」も個体であったものの、なんと今回は「パープル」。リークされた地域はそれぞれ別ではあるものの、ひとつのニューモデルに対して(イメージカラーで統一せず)これだけ多くのボディカラーを用意するというのは珍しい例であるようにも思います。

ReadMore

>ブガッティ(BUGATTI) ■新型車情報/スパイフォト/噂など

ブガッティ「そろそろ第二のモデルを手がける時期に来たようだ。それはフルエレクトリック、そして日常性を持ち、価格は1億円を超える」

| ブガッティは本当に”エレクトリック化”を目指したいのか? | かねてよりウワサされている「ブガッティの新モデル」。つまりはシロンに加えての「第二のラインナップ」ということになりますが、これについてはブガッティ内でも多くの議論がなされていることがかねてより報じられ、しかしやっとその方向性についてまとまったようですね。そして今回、ブガッティCEO、ステファン・ヴィンケルマン氏が語ったところでは「我々にも”第二のラインアップ”を登場させるべき時が来た。我々の歴史を鑑みるに、それは非常に速いクルマであり、しか ...

ReadMore

>ジャガー(Jaguar) ■近況について ■ニュース

シビれるジャガー!ブランド初のEV、「I-PACE」を見てきた。ジャガーの伝統と未来、そしてSUVの利便性とスポーツカーの走りを併せ持つ新しい乗り物だった

| 正直、これは期待以上だ | ジャガー初のフルエレクトリックモデル、「I-PACE(I-ペイス)」。さっそく展示試乗会へと行ってきましたが、まずはその内外装のインプレッションからお届けしたいと思います(のちに試乗編をアップ)。初見にて感じるのは「SUVよりもスポーツカーに近い」というもの。車高は意外に低く、フロントウインドウの傾斜が緩い(寝ている)ためにそう感じるのでしょうね。

ReadMore

>マクラーレン(McLaren) ■ニュース

【動画】これが「スーパーカー」と「ハイパーカー」との差だ!マクラーレン・セナと600LTとの加速競争を見てみよう

| 正直、ここまで差があるとは思わなかった | マクラーレン600LTは「(超限定モデルを覗くと)マクラーレン史上もっともスパルタン」とも言える市販車ですが、その600LTがセナと加速競争を行う動画が公開に。単純に1000メートルの加速を競うだけの動画ですが、その差は意外と大きく、「これがスーパーカーとハイパーカーとの差なのか・・・」と驚かされます。

ReadMore

>シトロエン/DS(CITROEN/DS) >ルノー/アルピーヌ(RENAULT/ALPINE)

またまたルノーのケッタイなコンセプトカー「EZ-Tournee」が発表。とにかくフランスのコンセプトカーは未来派が多い?

オフィシャルではないものの、サードパーティーもメーカーと同じ傾向を持つようだ CGアーティスト、Artyom Trofimenko氏がルノーのコンセプトカー「EZ-Tournee」のレンダリングを発表。完全に「未来派」のクルマとなっており、スケルトン構造を持つキャビンが特徴です。なお乗員は2名という贅沢なレイアウトを持っていて、このクルマが贅沢なパーソナルカーであることもわかりますね。

ReadMore

>レンジローバー/ランドローバー(RangeRover) ■近況について ■ニュース

新型レンジローバー・イヴォークを見てきた!とにかく内外装が自動車史上もっとも「ツルツル」、自動車というよりは芸術作品のようだ

| 新型レンジローバー・イヴォークは思っていたよりもずっとイケてた | さて、日本でも発売され、国内に導入されたばかりの新型レンジローバー・イヴォークをさっそくチェック。まだナンバーも付いていないという状態で、つまりディーラーに「入庫したて」の車両です。パっと見た第一印象は「超なめらか」。レンジローバーは「ヴェラール」以降フラッシュサーフェス化を進めていますが、イヴォークはさすがに最新モデルだけあって、さらに「なめらか化」が進んでいるように思います。

ReadMore

>ウラカンのトラブル・メンテナンス・維持費 ■近況について ■ニュース

今日のランボルギーニ・ウラカン。フロントバンパーの飛び石キズを自家調合タッチアップで補修してみた

| なるべく飛び石を受けないように走っていたつもりだったが | さて、先日コーティングをメンテナンスしていただいた際に発見した飛び石キズ。その場所はフロントバンパー中央で、傷はさほど深くなく、その幅1.5ミリくらい。放っておいてもいいかというほどの微細なものですが、今回はあえてその傷を補修してみようと思います。補修に使用するのはタッチアップペイントで、上の画像は周囲にペイントがつかないよう、傷のまわりにマスキングテープを貼ったところ。

ReadMore

2+2

>ランボルギーニ関連ニュース・ネタなど >ランボルギーニのコンセプトカー等

ランボルギーニ「今は基盤を固める時だ。ウルスの次となるニューモデルは検討中だが、すぐに発売することはない」。2+2、オフローダー、4ドアなど様々なウワサも登場

| いずれも可能性は高そうだが、しばらくはその姿を見ることができそうにない | ランボルギーニは現在破竹の快進撃中ですが、ウルスの生産が軌道に乗った今、気になるのが「ウルスの次」。ランボルギーニ各モデ ...

>ランボルギーニ関連ニュース・ネタなど ■新型車情報/スパイフォト/噂など

ランボルギーニ「第四のモデルを開発する。2+2のグランドツアラーだ。これによって年間1万台の販売を目指す」

ウルスが軌道に乗りつつある今、ついに「第四のランボルギーニ」が始動 ランボルギーニがさらなる成長を確実にするため、すでにニューモデルの開発に取り掛かっている、とのこと。ランボルギーニは2018年におい ...

Copyright© Life in the FAST LANE. , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.