>アルファロメオ/フィアット/アバルト(Alferomeo/FIAT/ABARTH) >BMW(ビー・エム・ダブリュー) >ロータス(Lotus) ■ニュース

【動画】アルファロメオ4Cがブッチギリ!ロータス・エキシージ、BMW M2との加速競争で「軽さ」の威力を見せつける

| アルファロメオ4Cがこうやってドラッグレース動画に登場するのは初めて? | アルファロメオ4C、ロータス・エキシージがドラッグレースにて対決するという珍しい動画が公開に。 動画は二本立てとなっていて、前半はBMW M2(MT)/BMW M2(DCT)/BMW M2コンペティションとが対決(こちらも相当に珍しい)。 その後にM2シリーズの覇者となったM2コンペティションを交え、合うrファロメオ4Cとロータス・エキシージとが勝負するという構成です。

ReadMore

■新型車情報/スパイフォト/噂など >BMW(ビー・エム・ダブリュー)

BMW 8シリーズ・グランクーペのプロトタイプ再び。地味目のバンパーを装着する”エントリーモデル”か?

キャビンは大きく、しかし8シリーズクーペとは異なる雰囲気に BMW8シリーズ「グランクーペ」のプロトタイプが目撃に。BMWはすでに8シリーズクーペ(G14)、8シリーズ・カブリオレ(G15)を発表し、残す8シリーズは「グランクーペ(G16)」とM8(クーペ/コンバーチブル)のみ。 そして8シリーズ・グランクーペのプロトタイプは先日初めて目撃されたところですが、今回捕捉されたのはそのプロトタイプとは異なり、「ベースグレード」のようですね。

ReadMore

>ランボルギーニ関連ニュース・ネタなど >ランボルギーニ・ガヤルド関連 ■ニュース

ランボルギーニ・ガヤルドにリコール。「エラー記録がエンジンオフのたびに消えてエラーが出ていることがわからなくなる」

ランボルギーニはもともとリコールが非常に少ない車だが Lamborghini gallardo 今回のリコールはアメリカ国内にて届け出られたもので、2010年6月23日から2013年11月20日の間に製造され、かつアメリカに輸入された1,152台のみが対象となります。 その内容としてはECUのプログラムに不具合があり、エンジンをオフにする都度エラー記録が消えてしまい、よって「エラーが出ていたことに気づかず」に運転することで事故の可能性がある、とのこと。「事故の可能性」についてはどこにエラーが出るかによって ...

ReadMore

>トヨタ/レクサス(Toyota/LEXUS) ■ニュース

新型スープラ「米国納車第一号」が競売へ。ボディカラーはマットグレー、ホイールはブラック、ミラーはレッド

トヨタが公式に新型スープラをオークションへ出品。画像も公開 トヨタUSAが新型スープラの発売にあわせ、2019年1月19日にアリゾナにて開催されるオークション(バレットジャクソン主催)にて、「アメリカ第一号」のスープラを出品する、と発表。※スープラの発表自体は1/14さらにこの落札代金は、9/11テロにおいて(軍人や消防士など、救助活動にあたり)負傷した人々とその家族の救済に充てられる、とのこと。

ReadMore

>ポルシェ911関連 ■ニュース

【動画】ポルシェ911GT2RSはなぜ「王の中の王」たりうるのか?裏側から技術的に解説してみた

ポルシェ911GT2RSの裏側はこうなっている。クルマの表より裏側が好きな人は必見 ポルシェ911GT2RSは言わずとしれた「ニュルブルクリンク王者」であり、ポルシェ911の頂点に君臨する「王の中の王」。これまでも数々のレビューが公開されているものの、今回ポルシェ・クラブ・オブ・アメリカ(PCA)がTPCレーシングのガレージを訪問し、整備中の911GT2RSを使ってその構造を説明しています。

ReadMore

>フォード(FORD) >その他アメリカ車

知られざる過去。ダッジ・ヴァイパーもミドシップ化されるチャンスが過去にあった!

ダッジ・ヴァイパーのミドシップ化プロジェクトは「フォードGT」となって結実したとも言える

ReadMore

>ポルシェ911関連 >ランボルギーニ関連ニュース・ネタなど >AMG/メルセデス(Mercedes-Benz) >ホンダ/アキュラ(HONDA/ACURA) >フェラーリ(Ferrari) >ベントレー(Bentley) >日産/インフィニティ(Infinity) >マツダ(MAZDA) >ロールスロイス(Rolls-Royce) ■ニュース

【競売】スープラ、RX-7、NSXなど90年代のドリームカー、そしてバブルの象徴「AMGワイドボディ」も!個人コレクション140台が出品予定

| 世界中の希少なコレクターズカーが一気に140台も競売へ | 1980-1990年代のクルマを中心とした「ネオクラシックカー」140台のコレクションが一斉にオークションへと登場予定。 これはRMサザビーズが2019年に何回かに分けてオークションを開催すると発表したもので、そのタイトルも「ヤングタイマー・ドリームガレージ(youngtimer dream garage)」。 内容としてはメルセデス・ベンツ34台、BMWが27台、ロールスロイスが12台、ベントレーが11台、ポルシェが8台、ジャガーが8台、フ ...

ReadMore

>マクラーレン(McLaren)

マクラーレンが新しく570Sの限定モデルを発表。輝かしいモータースポーツの歴史を反映し、6台のみが製造

マクラーレン創業者の誕生からレース黎明期、1995年のル・マン制覇まで マクラーレンが570Sと570Sスパイダーをカスタムした新限定モデル「レーシング・スルー・ジ・エイジス(Racing Through the Ages)を発表。これはマクラーレン・ビバリーヒルズがマクラーレンのカスタム部門「MSO(マクラーレン・スペシャル・オペレーションズ)にオーダーして特別仕様へと仕立てあげたもの。 ボディカラーは3色で、「ムリワイ」「パパイヤスパーク」「サルトグレー」の三色で、いずれもマクラーレンのレーシングヒス ...

ReadMore

>VW(フォルクスワーゲン/Volkswagen)

1966年に新車で購入して以来、毎日乗られてきたビートルがVWによって無料でレストアされることに

走行したのは57万キロ、51年 1966年に新車で購入されて以来、51年57万キロを走り抜け、いまだに現役を続けるフォルクスワーゲン・ビートルが存在。この持ち主はキャスリーン・ブルックスさんという女性で、がん患者のケアを行う施設に勤務している、とのこと(彼女自身、3度の肺がんを克服している)

ReadMore

>フェラーリ(Ferrari) ■その他自動車関連ニュース・ネタなど

【動画】1990年、日本の高速道でフェラーリF40を320km/hで走行させた男がいた!これがその証拠動画だ

まさかの公的出版物(ビデオ)に収録されていた ここ最近、日本において頻繁に「速度違反最高記録」が塗り替えられており、ダッジ・チャレンジャーの時速235キロ、トライアンフ・デイトナ675SEの時速237キロ、そして最近だと日産GT-Rの時速280キロが記憶にあたらしいところ。 そしてこういったニュースが出るたびに語られるのが「昔発売されたビデオの中で、フェラーリで時速300キロ位上出してたヤツがあったよな」という話。

ReadMore

981

●ポルシェ718ケイマン(982) ■ニュース

ポルシェ718ケイマン納車1ヶ月目の印象。「車内が熱い」「スパルタン」「燃費が稼げない」

| ポルシェ718ケイマンの納車から1月が経過。どういったクルマなの? | さて、ポルシェ718ケイマンの納車から1ヶ月が経過。 コーティングなどで預けた期間を除くとほぼ毎日乗っており、現在の走行距離 ...

>ポルシェ・ケイマン関連 >ポルシェ・ボクスター関連 ■新型車情報/スパイフォト/噂など

【動画】ポルシェ718ボクスター・スパイダー激走中。変わり続ける718の立ち位置を考える

| ボクスター・スパイダーはいよいよ発表間近? | ニュルブルクリンクを激走するボクスター・スパイダーのプロトタイプを収めた動画が公開に。 これまでにも何度かプロトタイプが目撃されているものの、いずれ ...

>ポルシェ・ケイマン関連 >ポルシェ・ボクスター関連 ■新型車情報/スパイフォト/噂など

新型ポルシェ718ケイマンGT4最新スパイフォト。サイドインテークにカバーが追加

| 今まででもっともカモフラージュが少ないケイマンGT4 | 新型ポルシェ・ケイマンGT4のプロトタイプが再度目撃。 今までで最も偽装が少ない姿だとも言えますが、これまでのプロトタイプとは異なり、再度 ...

>ポルシェ・ボクスター関連

やはりエンジンは911GT3の4リッター?ポルシェ・ボクスター・スパイダー最新スパイフォト

| エアロパーツはけっこう地味 | ポルシェ・ボクスター「スパイダー」の最新スパイフォト。 ボクスター・スパイダーはケイマンGT4と双璧をなすハードコアモデルですが、先代(981)ではケイマンGT4の ...

>ポルシェ911関連 >ポルシェ・ケイマン関連 >ポルシェ・ボクスター関連

718ボクスター・スパイダーは911GT3のエンジン搭載が濃厚に。ケイマンGT4との差はなくなる?

つまるところケイマンGT4の「オープン」に? 718世代のボクスター・スパイダーのスパイフォトがチラホラと出回る時期となりましたが、その情報も徐々に密度の濃いものに。 今回は英国Autocarが「71 ...

>アウディ(Audi) >ポルシェ・ボクスター関連 ●ポルシェ・ボクスター(981) ■自動車・バイクの購入検討/比較など ●アウディTT(8S)

アウディTT雑感。以前に乗っていたポルシェ981ボクスターと比較してどうなの?

ポルシェ981ボクスターとアウディTT(8J)とを実際に所有した経験から両者を比較。ポルシェ、そしてアウディの考える「スポーツカー」とは? さて、アウディTTに乗っておよそ二ヶ月。 ほぼ毎日乗っていま ...

>ポルシェ・ケイマン関連 >ポルシェ・ボクスター関連

ポルシェ718ボクスターSのテスト動画。なんとサーキットではケイマンGT4と同等のタイム

モータートレンドがポルシェ718ボクスターをテストする動画。 ボクスターは981から718へとスイッチするにあたり、エンジンが「6気筒自然吸気」から「4気筒ターボ」へ。 4気筒というと古くはフォルクス ...

>ポルシェ911関連 >ポルシェ・ケイマン関連 >ポルシェ・ボクスター関連

ポルシェ911Rに装着されるディフューザーがGT3/GT3RS向けとしてレトロフィット可能に

お馴染みサンコーストより、ポルシェ911 GT3/GT3RS(991)用のリアディフューザーが登場。 これは911Rに装着されているものということですが(意外にもというかやはり911Rは特別だった)、 ...

>ポルシェ・ケイマン関連 >ポルシェ・ボクスター関連 >ポルシェ・マカン関連 >その他ポルシェ関連/ニュース

ポルシェがエントリーモデル論争に終止符。「マカン、ボクスターのエントリーモデルは作らん。絶対にだ」

最近になり、マカンの下に位置するエントリーモデル「マカン・ジュニア=マジュン(マジュニア)」をポルシェが出すのでは?と言われてきましたが、ここへ来てポルシェが「それはない」と発言。 ポルシェは2016 ...

>ポルシェ・ボクスター関連 ■TEST DRIVE(色々な車の試乗記)

ポルシェ718ボクスター試乗。ターボ化によってエンジン特性と性格が劇的に変化

目次 ポルシェ718ボクスターって? ポルシェ718ボクスターの外観 ポルシェ718ボクスターの室内 ポルシェ718ボクスターを運転した印象 ポルシェ718ボクスター試乗の総括   &nbs ...

>ポルシェ・ボクスター関連

718ボクスターの価格が日本でも発表に。”S"は90万円の値上げ

ポルシェ718ボクスターの価格が日本でも発表され、ポルシェのサイト上でも「ボクスター」から「718」に(ケイマンはまだ”ケイマン”のまま)。 価格も発表されており、下記の通り。 718ボクスター(6M ...

no image

>ポルシェ・ボクスター関連

なんとも言いがたいカラーのボクスター。オーナーの意図は?

ピンクのラッピングが施された車は数あれど、こちらのポルシェ・ボクスター(981)はヘビ柄?のようなグラフィックを持つピンク。

>ポルシェ911関連 >ポルシェ・ボクスター関連

ポルシェが911カレラとボクスターに「ブラックエディション」設定

ポルシェが911カレラ、ボクスターに「ブラックエディション」を設定。 文字通りブラックのボディカラーにブラックの内装、そしてダークヘッドライトなどブラックのアクセントを持つもので、自動防眩ミラー、レイ ...

●ポルシェ・ボクスター(981) ●BMW i3(自分のi3、ほか関連ネタ)

(ポルシェ)ボクスターと(BMW)i3との安全性の差について

ポルシェ981ボクスターの買い替えを検討していた時に、いろいろな車に試乗しました。 メーカーで言うとVW、レクサス、トヨタ、アウディ、BMW、、メルセデス・ベンツ、スバル、ホンダ、マツダなど。

>ポルシェ・ボクスター関連 ●ポルシェ・ボクスター(981)

運動性もデザイン性も期待以上だった。ポルシェ981ボクスター(2013-2015)

ポルシェ・ボクスターはぼくにとって特別な車です。 それは今までにも何度かアップしてきたとおりですが、ぼくにとって最初のポルシェであった、というところからも思い入れは大きなものがあるわけですね。 この9 ...

>ポルシェ・ボクスター関連

ボクスター・スパイダー公式発表キタ。6MTのみ、375馬力(動画あり)

ボクスター・スパイダー(981)が公式発表に。 イメージカラーはポルシェとして非常に珍しいホワイトです(キャララホワイト・メタリック?)。

●ポルシェ・ボクスター(981) ●BMW i3(自分のi3、ほか関連ネタ)

ポルシェ浪人開始。ポルシェ(ボクスター)売却後に想うこと

さて、ポルシェ981ボクスターを売却したので、我が家にはポルシェがなくなってしまい、ポルシェ浪人に突入です。

●ポルシェ・ボクスター(981) ■自動車・バイクの購入検討/比較など

981ボクスターの今後の維持費はどのくらい必要?予想してみる

ぼくは、最新の行動半径だと、ボクスターで年間15000キロくらい走ります。 現在の走行距離は33000キロですが、年を追うごとに加速度的に伸びており、「現在の使用状況だと」年間15000キロペースを維 ...

Copyright© Life in the FAST LANE. , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.