>トヨタ/レクサス(Toyota/LEXUS)

トヨタ/レクサス車関連のネタ、ニュースです。

レクサスLC500インスピレーションシリーズ

レクサスが北米にてレクサスLCの限定モデル「インスピレーション」発売!カーボン製ルーフにエロパーツ、ブラックパーツで精悍な仕上がりに

レクサスが北米にてLC500”インスピレーション”シリーズを設定。これは定期的に設定されている限定モデルですが、今年のLC500インスピレーションシリーズは、昨年に日本でも発表された「航空機にインスパ ...

ワイルド・スピードではなぜスープラが使用されたのか

【動画】ワイルド・スピードではなぜ「スープラ」が採用されたのか?三菱GTOでもトヨタMR2でも日産フェアレディZでもなかった理由、そしてその他に"ボツ"となった大量のクルマについて関係者が語る

| スープラは「人力でルーフをふっとばすシーン」を再現できたのが大きな理由 | さて、映画「ワイルド・スピード」シリーズの多くの作品にてカーコーディネーターとテクニカルアドバイザーを務めてきたクレイグ ...

トヨタ86をレクサスLFA風に

こんなパーツがあるのか・・・。トヨタ86をレクサスLFA風にカスタムしたツワモノが目撃される(マフラーもLFA風の3連)

| ただしエンブレムは「レクサス」ではなかった | さて、世の中には様々なカスタムカーが存在しますが、今回はトヨタ86をレクサスLFA風にカスタムした個体を紹介。これは画像掲示板、Redditに投稿さ ...

トヨタ・ハリアーをランボルギーニ・ウルス風にコンバートするキット(クラフテック製)

また出たランボルギーニ・ウルス風にハリアーをカスタムするボディキット!今度は愛知の「クラフテック」より発売

| これは確実に「ランボルギーニが黙っていない」レベル | さて、かつてエアロパーツメーカーのアルバーモはランボルギーニ・ウルス風の外観を持つトヨタ・ハリアー用エアロキットを発表してランボルギーニから ...

アルバーモ製、トヨタ・ハリアーをランボルギーニ・ウルスに変更するキット

あの「ウルスに似すぎて」ランボルギーニ本社から警告を受けていたハリアー用エアロキットが再デザインされて登場!これでたぶん大丈夫なハズ

| さすがに以前のバージョンをランボルギーニは看過しないだろう | さて、以前にトヨタ・ハリアーをランボルギーニ・ウルス風にコンバートするキットを発売したことで大きな話題を呼んだアルバーモ。ただしその ...

ヴェルデ・スキャンダルのランボルギーニ・ウラカン

塗料メーカーによる「今年イチオシのボディカラー」はプリウスやジムニーでおなじみ、あの「明るい黄緑色」だそうだ!調べてみるとけっこう多くのクルマが採用しているぞ

| けっこう特殊な部類の色なのに、オフローダーやコンパクトカー、エコカー、はてはスーパーカーにも採用される摩訶不思議な色 | さて、塗料メーカーのアクサルタ(Axalta)が2021年の「オートモーテ ...

トヨタ・ライズ

トヨタが「メーカーからの」カタログ送付サービスを廃止、その意図を考察してみた!同様の傾向は拡大する可能性があり、今後紙カタログ入手のハードルが上がるかも

| いったい紙カタログ送付は自動車メーカーにとってどれくらい負担になっていたのかが気になる | さて、ぼくがよく利用していた、自動車メーカーへの「カタログ請求」。現行モデルであればWEB上でも情報を確 ...

トヨタがル・マンを戦うGR010ハイブリッド(ハイパーカー)

トヨタがル・マンを戦うニューマシン、GR010 HYBRIDを発表!ガソリンエンジン680PS、モーター272PS、外観は「開発中の次世代ハイパーロードカーを彷彿」

| このレーシングカーが公道仕様として発売されるとは恐ろしい | さて、トヨタが先般より発表を予告していたル・マン・ハイパーカー。今回「GR010 HYBRID」として発表され、これをもって2021年 ...

フルモデルチェンジ版、レクサスNXのスパイフォト

FMC版新型レクサスNXの試作車がはじめて目撃!全体的にはキープコンセプト、しかしフロントが延長されてマツダっぽくなりそうだ

| 新型レクサスNXのプラットフォームは刷新され、見えない部分の変更が大きそう | アメリカはコロラド州にて、フルモデルチェンジ版の新型レクサスNXと見られるプロトタイプが目撃に。レクサスNXは201 ...

トヨタ・ミライ

レクサスが「センチュリー級の」超高級SUVを2023年から製造開始!「日本の"匠"による技術を活かし、世界のVIP需要を喚起する」

| トヨタの超高級SUVが世界を震撼させることを期待 | さて、中部経済新聞によると、トヨタが「センチュリー級の」超高級SUVを市場投入する、との報道。2023年に愛知県内にて生産を始めるとされ、もち ...

レクサスGX

新型レクサスLXはメルセデス・ベンツGクラスの対抗馬に?よりシンプルなオフローダーになると言われる次期ランクルをベースに大きく方向性をシフトするとのウワサ

| 北米ではすでにレクサス公式にて「ハードなGX(コンセプト)」が幾度となく披露されている | さて、最近チョコチョコと出てくるのが「新型トヨタ・ランドクルーザー」そしてそのレクサス版である「LX」お ...

ポルシェ718ケイマンGT4とトヨタGRスープラとのゼロヨン対決動画

【動画】GRスープラがゼロヨンにてポルシェ718ケイマンGT4とタイマン勝負!パワーと重量のハンデを負うも見事に勝利

| 実際のところ、GRスープラはかなり速いクルマだと考えていい | さて、トヨタGRスープラとポルシェ718ケイマンGT4とがドラッグレースにて競うという動画が公開に(意外とこの対決は無かったような気 ...

トヨタGRヤリスとミニJCWとのサーキットバトル

【動画】GRヤリスとミニJCWとがサーキットにてタイムアタック→ミニJCWはどうしようもなく差をつけられることに。なぜミニは性能も販売も落ちてしまったのか?

| 本来、ミニはホットハッチの代名詞だったはずだが | さて、欧州では大きく盛り上がっているGRヤリス。やはり欧州ではラリーの人気が高いということが(日本とは違って人気化している)ひとつの理由だと思わ ...

レクサスLFA

2020年にはいずれも新車のLFAが3台、ヴァイパーが4台、ホンダCR-Zが1台販売されていた!いずれもディーラーが隠し持っていた”とっておき”在庫のようだ

| 計算上だと、レクサスLFAはあと1台の”新車”が残っている | さて、北米にて前年の販売実績が公開されると話題になるのが「すでに販売終了となったクルマがなぜか新車で販売されている」ということ。最も ...

トヨタGRヤリスの販売状況

2020年通年での自動車メーカー別/車種別台数が公開!トヨタは初の「シェア50%」を超え、二番手のホンダ(11.85%)に大きく差をつける。年間首位はヤリス、日産は全車種で前年比マイナス

| ダイハツやスズキ、スバルといったトヨタの子会社、関連会社を含むと日本の自動車業界はトヨタに支配されていると考えていい | さて、2020年12月の販売データとともに、2020年通年での数値も更新さ ...

マツダMX30

2020年12月の国内乗用車販売ランキングは大荒れ!マツダCX-30/MAZDA3は昨年比1/3程度に落ち込み、エクリプスクロスとレヴォーグは7倍、シビックは9倍に

| やはりマツダのクルマは賞味期限が短い | さて、2020年12月の車種別国内販売状況が公表され、その内容をお届けしたいと思います。ここ最近の傾向としてトヨタが異常に強いのは変わらず、そしてトップは ...

オーストラリアにて公開されたGRヤリスのTVCMが「レギュレーションに違反している」として放送禁止

【動画】どこが問題なのかわからん!豪州にてGRヤリスのコマーシャルが「危険運転を助長する」として放送禁止に

| ちなみに「ドリフト」「爆走」という2点が”引っかかった”模様 | さて、オーストラリアにて公開されたGRヤリスのTVCMが「レギュレーションに違反している」として放送禁止に。実際に内容を見ると問題 ...

トヨタの超小型EV、C+pod(シーポッド)

トヨタの超小型EV、「C+pod(シーポッド)」に対してボクが思うこと!「過去最高に煽られそうなクルマだな・・・」

| クルマ自体に罪はなく、問題なのは世間の認識だ | さて、トヨタが発売したEV、「C+pod(シーポッド)」がなにかと話題に。これは全長2,490ミリ、全幅1,290ミリという軽自動車よりも小さな車 ...

© 2021 Life in the FAST LANE. Powered by AFFINGER5

f