>ホンダ/アキュラ(HONDA/ACURA) ■近況について

ホンダ・シビック・タイプR/FK8を見てきた。想像以上にエアロは過激かつ機能的

投稿日:2017/10/01 更新日:

まだ大阪に三台。今注文してすでに納車は一年後

まだ大阪に3台しかないホンダ・シビック・タイプR(FK8)を早速チェック。
ナンバーをつける前なので試乗はできず、数日後には(ナンバーを取得して)試乗解禁となる予定です。
パッと見た印象は「思ったより大きく見えない」というもの。
というのもシビック・タイプRは全長4560ミリ、全幅1875ミリ、全高1435ミリというかなり立派なサイズを持っており、これはポルシェ911のワイドボディ版である「カレラ4系」の全長4505、全幅1880ミリと近い数字で、これから予想するに「相当に大きな車だろう」と考えていたわけですね。

シビック・タイプRの外装を見てみよう。実に機能的だ

フロントスポイラーは樹脂製で「カーボン風」の表面加工。

IMG_2450

ブレンボ製4ポット・モノブロックキャリパー。
ディスクは350ミリサイズでドリルド&ピラーフィン仕様。
ホイールは20インチサイズと巨大で、扁平率は「30」という超ロープロファイルで「超薄」です。

IMG_2459

フロントバンパー脇にあるのは「フロントエアカーテン」。
これによってタイヤサイドへ空気を流し、CD値を大きく減少できるようですね。

IMG_2453

フロントスポイラー・フリックアップ。
これによってダウンフォースを発生させています。

IMG_2451

サイドシル・フリックアップ。
これもフロント同様にダウンフォース向上を狙ったもの。

IMG_2460

噂のボルテックス・ジェネレータ。
原理はよくわからないとされているものの、ルーフから流れるエアの剥離を抑えてリアスポイラーへと効果的にエアを導く働きがある、とのこと。

IMG_2463

例の「三本出し」マフラー。

IMG_2467

シビック・タイプRのインテリアを見てみよう。シートはスパルタンでレーシーな雰囲気満点

内装はいかにも「タイプR」っぽい感じ。

IMG_2470

ステアリングホイールのレザーはイタリア製。

IMG_2476

シートはアルカンタラとポリエステルメッシュ。
この「メッシュ」は最近のポルシェ、フェラーリでも見られるようになっており、今後レザーに代わる素材として仕様が拡大されそうです。

IMG_2473

シートはバケット形状でサイドサポートがかなり大きく、乗降はちょっと不便(そんなことを考える車ではないですが)。

IMG_2475

シフトノブはチタン風の着色がなされるものの「アルミ」製。

IMG_2478

ペダルはかなりコンパクト。
ホンダらしく、アクセル、ブレーキ、クラッチとも「軽く」「奥行きの浅い」タッチです。

IMG_2471

カーボン製のパネルとレッドの加飾。

IMG_2472

シリアルプレート。

IMG_2477

番外編:カタログやオプションリストについて

こちらはカタログ。
カッコイイ白人をモデルに起用していますが、メーター内の日本語「アイドリングストップしました」がなんともシュールな感じ。

IMG_2482

オプションカタログより。
そのオプションの内容(機能パーツ)によっては軽減できる重量が記載されています。

IMG_2481

そのほかの画像はFlickrのアルバム「Honda」内に(N-BOXの画像もありますが)アップ。

この記事を読んだ人は、他にもこんな投稿を読んでいます

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でintensive911をフォローしよう!

->ホンダ/アキュラ(HONDA/ACURA), ■近況について
-, , , ,

© 2020 Life in the FAST LANE. Powered by AFFINGER5