>フォード(FORD)

また出た80年代の変態車、フォード・シエラ・コスワースRS500。価格は上昇し続け1500万円以上に

投稿日:2017/10/31 更新日:

| また出たフォード・シエラ・コスワースRS500。公道仕様でもECU交換で500馬力以上に |

80年代の代表的な変態カー、フォード・シエラ・コスワースがオークションに登場予定。
1986-1992年に500台限定で生産された車ですが、2リッターエンジンから225馬力を発生するハイパフォーマンスカー。
今回出品される個体は走行6,000マイルで、2014年にはエンジンのベルト類、そしてバッテリーや油脂類を交換済み。
なお前回販売された個体でも1500万円を超える価格となっており、おそらく今回はその価格を超えるだろうと見られています。

フォード・シエラ・コスワースRS500とは?

元々はファミリーカー「シエラ」の3ドアハッチバック版ですが、グループAツーリングカーレースのホモロゲーション取得用に作られたのが「シエラ・コスワースRS」。
このシエラ・コスワースRSをさらにパワーアップさせたものが「RS500」で、もうこの時点でファミリーカーとはかけ離れたルックスに。

silverstone-auctions-ford-sierra-cosworth-rs500

フォード・シエラ・コスワースRS500は英国ツーリングレースで活躍し、日本においても1987年から全日本ツーリングカーレースで猛威をふるうことに。
タイトルを獲得するなどのパフォーマンスの高さを発揮するも1991年から日産GT-R(R32)が参戦するにあたりその存在感を失ってしまった、という経緯を持つモデルです。

silverstone-auctions-ford-sierra-2cosworth-rs500

なお、公道仕様は上述の通り225馬力ではあるものの、ECUを交換するとレース用スペックへとバージョンアップすることができ、インジェクターを交換すれば一気に506馬力にまでパワーアップすると言われますが、こういった仕様が当時の「なんでもあり」っぷりをあらわしていますね。

合わせて読みたい変態車関連投稿

え?これがルノー純正?エンジンをフロントから室内に移動させミドシップ化した「クリオV6」が760万円で販売中
ルノーきっての変態車、「5(サンク)ターボ2」が競売へ。1200万円の予想
生産わずか7台のみ、未走行のマツダRX-7「グループBラリーカー」がオークションに登場予定
グループB参戦のために誕生しながら戦う場を与えられなかったフェラーリ288GTO。もし実際に参戦していたら?
やはりグループB時代はなんでもアリだった?プジョーが作った「ミドシップ」205が販売に
トヨタがMR2ベースのラリーカー「222D」を公開。レギュレーションに翻弄され2台のみが存在
外観は市販車、中身はレースカーのランチア・デルタS4が競売に。予想では6800万円
80年代の変態カー、フォード・シエラRS500が競売に。予想では900万円超えの高価格

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でintensive911をフォローしよう!

->フォード(FORD)
-, , , ,

© 2020 Life in the FAST LANE. Powered by AFFINGER5