■そのほか車関連のネタなど

2021年よりナンバープレート取り付け厳格化。角度、カバー、ボルトカバーの数値が明確に規定

更新日:

| ナンバープレートの取り付けが厳格化 |

ナンバープレートの取り付けについて、2021年以降はその取り付け方法が厳格化。
詳しくはソニー損保のサイトに記載されています。

すでに2016年4月1日より下記が施行されており、さらに2021年以降は厳しくなる、ということになりますね。

参考までに、2016年4月1日以降の変更点については下記の通りです。

・ナンバープレートカバーは透明のものでも禁止
・ナンバープレートの折返しや、極端な角度をつけて設置するのは禁止
・ナンバープレートのを回転させて取り付けるのは禁止
・ナンバープレートフレームやボルトについて、文字が識別できないものは禁止
・ナンバープレートへのシール、ステッカーの貼り付けは禁止

2021年4月1日からナンバープレートに関する規定はこう変わる

なお現時点において、角度等について数値の適用はなく曖昧な部分があるものの、2021年4月1日以降は下記について明確に規制されることになります。

ただし下記が適用されるのは2021年4月1日以降に初めて登録・検査・使用の届け出がある自動車について適用とされ、つまり「それ以前に登録された」クルマには適用されない、ということになりそうです。

フロントのナンバープレート
・位置:番号の識別に支障が生じないよう、見やすい位置
・上向き:10度~下向き:10度(現行は「自動車の運転中、番号が判読できる見やすい角度」)
・左向き:10度~左右向き:0度(現行は「自動車の運転中、番号が判読できる見やすい角度」)
・回転:水平(現行も禁止)

リアのナンバープレート
・位置:番号の識別に支障が生じないよう、見やすい位置
・上向き:45度~下向き:5度※ナンバープレートの上端が1.2m以下の場合
・上向き:25度~下向き:15度※ナンバープレートの上端が1.2m超の場合
・左向き:5度~左右向き:0度
・回転:水平(現行も禁止)

フレーム(現行は「番号を被覆せず、自動車の運転中、番号が判読できるもの」)
・幅が上部10ミリ以下、左右18.5ミリ以下、下部13.5ミリ以下
・厚さが上部6ミリ以下(上部の幅が7ミリ以下の場合は10ミリ以下)、その他30ミリ以下
・脱落する恐れのないもの

ボルトカバー
・直径が28ミリ以下であって番号に被覆しないもの
・厚さが9ミリ以下
・脱落する恐れのないもの

これに違反するとどうなるのか?

なおナンバープレートについて道路運送車両法第19条にて定められており、これによると「自動車登録番号標を国土交通省令で定める位置に、かつ、被覆しないこと」とあり、これに違反すると2点減点の対象となり、さらに「判読困難」とされた場合は50万円以下の罰金、とされています。

あわせて読みたい、関連投稿

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でintensive911をフォローしよう!

  • この記事を書いた人

管理人:JUN

ランボルギーニ/ポルシェ/ホンダオーナー。 ハイパフォーマンスカーを中心に、それにまつわる話、気になるクルマやバイク、モノ、出来事などを紹介します。

-■そのほか車関連のネタなど
-, ,

© 2020 Life in the FAST LANE. Powered by AFFINGER5