>フェラーリ(Ferrari)

【競売】エンツォの手が入った最後のF1マシン、F187。ミケーレ・アルボレートの乗った#100

更新日:

| 最後のエンツォ世代となるF1マシン |

1987年のフェラーリF1マシンがオークションに登場予定。
これはミケーレ・アルボレートが当時ドライブしたフェラーリF1/87(F187)で、エンツォ・フェラーリが関与した最後のF1マシン、と言われています(エンツォ・フェラーリは1988年に死去)。
エンジンは1.5リッターターボ(90度V6)で、リストリクター付きの状態で950馬力(予選スペック。決勝では880馬力)を発生。

予想最高落札価格は1億円

設計したのはグスタフ・ブルナー、改良を行なったのはジョン・バーナード。
完全新設計のマシンとなり、エンジンもそれまでのバンク角120度から90度となって、ギアボックスも縦置きに。
今回オークションへと出品されるのはシャシーナンバー「100」で、ミケーレ・アルボレートはこれでハンガリー、イタリア、オーストラリア(ここではベルガーとともに1-2フィニッシュ)、ポルトガルを走行した車両、とされています(F187自体はシャシーナンバー95から101まで)。

オークションはBonhamsによって開催され、予想落札価格は最高で1億円。
かなりな高額ではあるものの、F1マシンとしてはさほど高い方ではなく、やはりセナ、シューマッハのドライブしたマシンに比べると「まだまだ(それらは7-8億円)」。

ドライバーのミケーレ・アルボレートは不運な人だった

ミケーレ・アルボレートというとすぐに連想するのが「不運なドライバー」。
技術的には非常に優れたものを持ち、シフトチェンジスキルは「世界一」と言われたほど。
キャリアとしては、まずF3からF1にステップアップし1981年にティレルよりデビュー。
その後1984年にフェラーリへ移籍することになり、これは「エンツォ・フェラーリに気に入られたため」とも言われます。
もちろんこれにはその才能も影響していますが、「イアタリア人であった」ことが大きく関係していたと言われ、実際にフェラーリのF1ドライバーにイタリア人が起用されるのは1973年以来となり、フェラーリファンもこれには熱狂。

Ferrari-F1-87-06

ただしこの時期フェラーリはいいF1マシンを作れずに低迷していた時期でもあり、せっかくのスキルを活かせないままにミケーレ・アルボレートはフェラーリを放出され、その後ティレルへ復帰(契約金ゼロ。ウィリアムズとの交渉がうまくゆかずシートを失いそうになる)し、さらにフットワーク、ローラへとどんどん弱小チームへと籍を移すことに。

Ferrari-F1-87-04

まさに時期と運が悪かったとしかいいようのないドライバーで、F1にはときどきこういったドライバーが出てきますね(セバスチャン・ヴェッテルのチームメイトであったがためにスポットライトが当たらなかったマーク・ウェバー、ミハエル・シューマッハと同じ時期にキャリアを過ごしたデビッド・クルサードなど)。

なお、ミケーレ・アルボレートは2001年のル・マンへ向けたテストを行なっている際に事故死(マシンはアウディR8)。
44歳の若さでその生涯を閉じています。

Ferrari-F1-87-02

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でintensive911をフォローしよう!

  • この記事を書いた人

管理人:JUN

ランボルギーニ/ポルシェ/ホンダオーナー。 ハイパフォーマンスカーを中心に、それにまつわる話、気になるクルマやバイク、モノ、出来事などを紹介します。

->フェラーリ(Ferrari)
-, , , , ,

© 2020 Life in the FAST LANE. Powered by AFFINGER5