>フェラーリ(Ferrari)

ラ・フェラーリ・アペルタを普通に乗るオーナーVS.フェラーリF12"N-LARGO S"に乗るオーナー

投稿日:2018/08/15 更新日:

| ラ・フェラーリ・アペルタを普通に乗るオーナー |

スペインにて目撃された、ラ・フェラーリ・アペルタ。
ラ・フェラーリ・アペルタは「ラ・フェラーリ」のオープンモデルで、フェラーリの70周年記念モデルという位置づけ。
2016年に「フェラーリ70周年記念モデル」という位置づけで販売され、限定台数は209台、その価格は3億5000万円とも言われます。

なお、入手難易度が非常に高いモデルとしても知られ、購入はすべて「フェラーリによる招待制」。
つまりフェラーリが購入に「ふさわしい」と思う顧客をピックアップして直接購入を打診するというもので、「売ってくれ」と言っても変えないということですね。

コレを立証するかのように、ラ・フェラーリを購入したような「VIP」であってもラ・フェラーリ・アペルタは売ってもらえず、したがってフェラーリを訴える顧客まで出てきたほど。

一般車に混じって駐車

そんなラ・フェラーリ・アペルタですが、このオーナーは一般車に混じってさり気なく駐車。
目撃されたのはスペインのマルベリアで、ナンバーからすると中東から持ってきた避暑客ではないようですね。

ferrari-laferrari (3)

「イエロー」のラ・フェラーリ・アペルタは意外とあるようで見ることはなく、かなり貴重だと思われます。

ferrari-laferrari (1)

ダッシュボードにはナンバープレート。
幸いにも、フロントにナンバーを装着する義務はないのかもしれません。

ferrari-laferrari (4)

オランダではN-LARGO Sも

こちらはオランダで目撃された、ノヴィテックによるフェラーリF12のコンプリートカー、「N-LARGO S」。
11台のみの限定販売で、フロント7センチ、リア12センチもワイド化。
ボディパネルはすべてカーボンファイバーに置き換えられています。

ferrari-novitec (4)

こちらは残念ながらフロントにナンバープレートを掲示する必要があるようで、せっかくのデザインが台無しに。

ferrari-novitec (3)

ブラックの外装に対し、他に使用されるカラーはイエローのみ。

ferrari-novitec (2)

なおエキゾーストシステムは直管だとされています。
オランダは比較的スーパーカーやカスタムカーが多い国ですが、比較的早い段階で「ガソリンエンジン車販売禁止」に動くため、オランダで販売できないクルマも多数出てきそう。

ferrari-novitec (1)

こちらはN-LARGO Sの直管サウンドがよく分かる動画。
こちらはモナコで撮影されたものですが、今回の個体とナンバーが同じですね。

VIA:Autogespot

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でintensive911をフォローしよう!

->フェラーリ(Ferrari)
-, , , , , , ,

© 2020 Life in the FAST LANE. Powered by AFFINGER5