>AMG/メルセデス(Mercedes-Benz)

これは純正でも採用すべき!「エンジンが見える」透明カスタムボンネットを装着したAMG GT

投稿日:2018/08/16 更新日:

| この透明ボンネットは純正採用すべき |

クリエイティブ・ビスポークがメルセデスAMG GT Sをチューン。
フルエアロにローダウン、さらにパワーアップという「フルチューン」状態ですが、何といってもそのハイライトは「小窓つきボンネット」。
これによってエンジンを見ることができるようになっていますが、チューナー曰く「シボレー・カマロZL1にインスピレーションを得た」とのこと。
この「エンジンが見える」のはフェラーリやランボルギーニでは「おなじみ」ですがフロントエンジン車では非常に珍しく、しかし「もっとこういった車ができてきてもいいのでは」と思わせる格好良さがありますね。

新車人気はなくともチューニング市場では大人気

外装においては、前後バンパーは完全に新しいものへ。
フロントバンパーインサートはカーボン製、そしてフロントグリルもカーボン製。
さらにはグリル内のスリーポインテッドスターまでのカーボン製となっています。

mercedes-amg-gt-s-by-creative-bespoke

こうやって見るとボンネットはずいぶんモノモノしい雰囲気に。
加えて再祚ステップもオリジナルデザインを持つ製品に改められ、ウイングレットも装備しています。

mercedes-amg-gt-s-by-creative-bespoke (2)

リアバンパーに加え、リアディフューザーも入れ替えられ、リアウイングは別途追加。
ルーフやリアのスリーポインテッドスターもブラックに。

mercedes-amg-gt-s-by-creative-bespoke (3)

車高はH&R製スプリングによってギリギリまで落とされ、ホイールはブロンズカラーのADV.1製に。
ブレーキキャリパーのカラーはレッドで、ホイールとのマッチングもなかなかですね。

mercedes-amg-gt-s-by-creative-bespoke (4)

リアウイングもカーボン製。

mercedes-amg-gt-s-by-creative-bespoke (6)

4リッターV8ツインターボは515馬力からなんと622馬力にまでパワーアップしており、これはAMG GTシリーズ最上位の「R」が放つ577馬力を超えるもの。

なおエンジンに冠しては「エキゾーストシステムの交換」しかアナウンスされていないものの、それだけで100馬力以上の出力向上は望めず、ECU変更、インジェクターも変更しているのかもしれません。

mercedes-amg-gt-s-by-creative-bespoke (7)

AMG GTシリーズは「あまり売れていない」とは聞くものの、多くのチューナーがカスタム/チューニングプログラムを公開しており、アフターマーケットではかなり人気のあるモデル。

AMG GTを購入したオーナーは「もうちょっとパワーが欲しい」と考えるのか、スタイリングが大人しすぎると思うのかどうかわかりませんが、とにかくチューナーの支持が厚い車の一台ではありますね。

あわせて読みたい、メルセデスAMG GT関連投稿

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でintensive911をフォローしよう!

© 2021 Life in the FAST LANE. Powered by AFFINGER5

f