>パガーニ(PAGANI) >フェラーリ(Ferrari) >マクラーレン(McLaren) >ランボルギーニ(Lamborghini) >ロールスロイス(Rolls-Royce)

【動画】今、中東の王族が集まるのはリビエラ。ちょっと歩いただけでシロンが何台もある様子をみてみよう

投稿日:2018/08/22 更新日:

| 今や中東の王族はロンドンよりもカンヌに集合? |

ユーチューバー、Marchettino氏がフランスはリビエラより動画を投稿。
リビエラというと現在は中東の富豪にとっての避暑地として有名ですが(ロンドンでのスーパーカー締め出しがきつく、リビエラに流れている?)、動画を見るとそのスーパーカー密度は「異常」というレベル。

一昨年あたりは中東の王族が付き人含めて数百人レベルでフランスの避暑地へやってきて問題となったように記憶していますが、今回の動画に写っている車のナンバーはほとんどが中東のもので、やはり中東から涼を求めてリビエラへとやってきているパターンが多いようですね。

夏の欧州はスーパーカー密度高し。カスタムされたNSX、フェニア・スーパースポーツ、アストンマーティン・ヴァンキッシュ

ハイパーカーや最新モデルも

なお、驚かされるのがシロンの多さ。
動画では最低でも3台のシロンが登場しています。

cannes9

メルセデスAMG G63 6x6も中東では人気の高いクルマですね。
その後ろはマクラーレン720S。

cannes8

ホテルの前はロールスロイスだらけ。

cannes6

ポルシェ911GT2RSも。
ほか、このホテルにはマクラーレン675LTも停まっています。

cannes3

すでにロールスロイス・カリナンが納車!

cannes2

マットブラックのランボルギーニ・アヴェンタドール。
いずれのメーカーにおいても「フラッグシップ」ばかりで、エントリークラス(ランボルギーニだとウラカン、マクラーレンだと570S)の姿がほぼ見られないのが印象的。

cannes

これはナイス!
グレーにホワイトの「PORSCHE」文字の入るポルシェ911。
リアフードのエンブレムを見ると、ジンガーのカスタムによる車両のようですね。

その前には明るいブルーのランボルギーニ・アヴェンタドールが見えますが、中東ではこういった「明るいブルー」が好まれる模様。

vcannes7

ポルシェ918スパイダー、ブガッティ・シロン、ラ・フェラーリ・・・。

cannne

手前の赤いクルマはフェラーリ812スーパーファストのカスタムカー、「マンソリー・スタローン」。
後ろはこれまたブルーのフェラーリ488スパイダー。

cannes12

パガーニ・ウアイラ、そしてまたブガッティ・シロン。

cannes11

それでは動画を見てみよう

こちらが目を疑わんばかりのリビエラの現状を紹介する動画、「ARAB BILLIONAIRES SHUTS DOWN THE FRENCH RIVIERA! 」

ちなみにリビエラはフランスの高級避暑地ですが、映画「ガタカ」では、主人公が「ぼくはリビエラで生まれた」と紹介しながらも、「ただし同じリビエラでも、リゾートではなくて車の方の(ビュイック)リビエラだ」と言い、高級リゾートとは無縁の自分を卑下するシーンがありますね。※ビュイック・リビエラの中で両親がカーセックスしてできた子どもで、高貴な生まれではない、という意味

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でintensive911をフォローしよう!

->パガーニ(PAGANI), >フェラーリ(Ferrari), >マクラーレン(McLaren), >ランボルギーニ(Lamborghini), >ロールスロイス(Rolls-Royce)
-, , , , , , ,

© 2021 Life in the FAST LANE. Powered by AFFINGER5