>マクラーレン(McLaren) ■近況について ■ニュース

どこまでもスパルタン!もはやレーシングカー、マクラーレン600LTの内装を見てみよう

投稿日:2018/08/27 更新日:

| マクラーレン600LTの真髄は内装にあり |

さて、先日より2回に渡ってお届けしたマクラーレン600LTの展示車チェック。
今回はそのインテリア編をお届けしたいと思います。

600LTのベースはマクラーレン570Sで、「LT=ロングテール」の名の通りリアが74ミリ延長され、重量は96キロ軽量化、そして出力は+30馬力アップ。

マクラーレンは「ロングテール」をそのシリーズの最終限定モデルだと位置づけており、「軽量化」「パワーアップ」「エアロダイナミクス向上」「サーキット重視」「究極のドライバビリティ」といったキーワードで定義しています。

マクラーレン600LTを見てきた!カーボンだらけの過激な外装を見てみよう(1)

こんなにスパルタンでいいのかマクラーレン600LT!展示車両の細部をチェックしてきた

マクラーレン600LTのインテリアを見てみよう

マクラーレンは基本的に「パフォーマンス」を最優先においた車。
よって基本的には「乗用車ではない」と考えるべき車でもあり、それはオプションではあるものの、このシートを見るとその設計意図が非常に明確に伝わってきます。

はっきりいってカーボン製の「板(中空)」そのもので、これになけなしのクッションを貼ってあるだけという、「シート」と呼ぶにはあまりにハードなもの。

↓このヘッドレストの「薄さ」を見て欲しい

L1040980

とにかくこの薄さ!
甘っちょろい気持ちで乗るとヤケドするぜ!という感じ。

L1040936

サイドシルはこの高さ。
採用されているカーボンファイバー製のモノコックは第二世代の「モノケージⅡ」で、これは足元(フロントタイヤの方)が下がっていて、初代カーボン モノセルに比較して(これでも)乗りやすくなっています。

L10409471

ぼくの印象としては、マクラーレン600LT(スポーツシリーズ)への乗車、降車ともに比較的容易。

その理由としては、サイドシルが高いにもかかわらず、サイドシルとシートの位置が近いので「滑り込める」こと、そして降りるときには上の画像のように「大きくえぐれた状態に」ドアが開くので、足をガバっと外に出さなくてもいいこと(とにかく足を外に出せば地面に足がつく)。

逆に「もっとも乗降が難しい」と感じた車はBMW i8で、これはそうとうに乗降難易度が高い、と考えています。

↓こちらはマクラーレン600LTから降りてみた動画

ただ、シートは前方にあるとダッシュボード下部との距離が近く、足が大きな人は乗り込みにくいかも。

L1040984

なんとか乗り込むとこんな感じで収まりはよく、「腰が壊れるんじゃないか」と思えたシートもけっこう快適(クッションの硬さがほどよく、薄くとも衝撃吸収性がある)。

L1040972

シートクッションの厚みはこんな感じ。

L1040970

サイド(ショルダー)サポートはかなり張り出していることがわかります。

L1040983

そしてマクラーレン特有なのが「センターコンソールの狭さ」。
幅2メートル近いクルマですが、センターコンソールはかなり狭く、つまり「左右のシートが接近している」状態。

これはもちろんロールセンターを適正化する為で、FRではなかなかできない芸当です(ミドシップレイアウトの副次的な利点とも言える)。

なお、レクサスLFAはFRながらも左右のシート間を最小限まで詰めていると言われますが、このためには航空機グレードの素材や加工を用いたプロペラシャフトを使用しているほど。
要は、スポーツカーにとっては、そこまでしても左右のシートを近づける必要がある、ということですね。

L1040973

インテリアは「総アルカンターラ」。
ステアリングホイールはセンターマーク入りです。

L1040953

ドアを開けた瞬間は「え?これに乗るの?」というくらいのインパクトを持っていますが、最近はランボルギーニ・ウラカン・ペルフォルマンテしかり、こういったシートを持つクルマがいくつか登場しており、これはこれで喜ばしいことだと思います(ぼくはこういったシートの設定があれば積極的に選びたい)。

L1040954

こんな感じで、ある意味では外装よりも衝撃的なのがマクラーレン600LTの内装だと言えそう。

L1040957

とにかくひたすらカーボンな内装ですが、この内装に触れることができる、というだけでも600LTを購入する価値がありそうに思います。

L1040968

なお、簡単ですがマクラーレン600LTを動画にて撮影。
そのほかの画像はFacebookのアルバム「マクラーレン600LT」に保存しています(100枚以上ある)。

マクラーレン600LTを見てきたのはマクラーレン大阪さん

今回マクラーレン600LTを見てきたのはマクラーレン大阪さん。
以前にぼくがレンジローバー・イヴォークを購入した「ジャガー・ランドローバー箕面」、いつもお世話になっているアルファロメオ・フィアット・アバルト北大阪さんと同じ発光グループが経営母体。
いつも親切にしていただき、大変感謝しています。
マクラーレン大阪
大阪府大阪市中央区北久宝寺町3-5-12
06-6121-8821

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でintensive911をフォローしよう!

->マクラーレン(McLaren), ■近況について, ■ニュース
-, , , , , , ,

© 2020 Life in the FAST LANE. Powered by AFFINGER5