>フェラーリ(Ferrari) ■新型車情報/スパイフォト/噂など

アレス・デザインがフェラーリF12/812ベースで”250GTO”オマージュを限定生産。「コピーではなく新解釈」

投稿日:

| アレス・デザインが「最も価値のあるクルマ」、フェラーリ250GTOを現代に蘇らせる |

先日、デ・トマソ・パンテーラを現代に蘇らせるとして一躍有名になったイタリアのアレス・デザイン。
今回はなんとフェラーリF12/812スーパーファストをベースにした「250GTOモチーフ」のコンプリートカーを10台限定で発売する、としています。

アレス・デザインはイタリア・モデナに拠点を構えるコーチビルダー。
当地はフェラーリやランボルギーニ、ほかマセラティ、パガーニなどハイパフォーマンスカーの本社が近くに位置する立地で、そのためハイパフォーマンスカー向けのサプライヤー、そして優秀な人材も多数。

アレス・デザインはそうした「地の利」を想定してモデナに設立されていますが、設立者は前ロータスCEO、その前はフェラーリ副社長のダニ・バハー氏。

「コピーではなく”新解釈”」

同氏は「計画がアグレッシブすぎる」としてロータスを追い出されたという経緯があるものの、その後はアレス・デザインを設立し、持ち前のアグレッシブさにて次々話題のモデルを発表。
先の「プロジェクト・パンサー」もそうですが、その前にもいくつかのプロジェクトを公開しています。

新型パンテーラ「プロジェクト・パンサー」詳細が公開に。内装はヴィーガン対応、出力658馬力

今回の「フェラーリ250GTO(名称未定)復活プロジェクト」については、匿名のクライアントからの依頼で発足したとされ、これを実現するにあたり10台を作るとしていますが、その価格は1台あたり1億3000万円を予定(ベースとなるフェラーリF12、812スーパーファスト含む)。

39df1281-ares-ferrari-gto-03

もちろんフェラーリ250GTOのデザイン的特徴を捉えたものとなると予想され、フェラーリを冒涜するようなことにはならないと思いますが、なんといってもフェラーリ250GTOは「もっとも価値のあるフェラーリ」でもあり、半ば神聖視されていることを鑑みるに、生粋のフェラーリファンからは反感を買うことがあるかもしれません(場合によってはフェラーリの逆鱗に触れる可能性も)。※フェラーリ250GTOは約80億円で落札され、もっとも高価なクラシックカーとしても知られる

3a4c5cc0-ares-ferrari-gto-04

ダニ・バハー氏もその辺は良く理解しているようで、「フェラーリ250GTOは自動車史上、もっともアイコニックなクルマである」とし、今回のプロジェクトについても「コピーではなく、現代風に”新解釈したもの”」と語っており、あくまでもオマージュだというスタンスを示しています。

aa1fa970-ares-ferrari-gto-02

なお、アレス・デザインはほかにフェラーリGTC4ルッソをかつての70年代風に仕上げるプロジェクトや、

アレス・デザインがフェラーリGTC4を1970年代の「365 / 400 / 412」へ先祖返りさせる計画を公開

メルセデス・ベンツGクラスのコンプリートカー、さらにテスラ・モデルSシューティングブレーク、ポルシェ911タルガをGT3RSスペックにコンバートするといったカスタムも披露。
その顧客は富裕層だとされていますが、たしかにどのコンプリートカーもその価格は1億円前後、と非常に高価ですね。

「アレス・デザイン」によるメルセデス・ベンツGクラス。外装総とっかえで8000万円

 

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でintensive911をフォローしよう!

  • この記事を書いた人

管理人:JUN

ランボルギーニ/ポルシェ/ホンダオーナー。 ハイパフォーマンスカーを中心に、それにまつわる話、気になるクルマやバイク、モノ、出来事などを紹介します。

->フェラーリ(Ferrari), ■新型車情報/スパイフォト/噂など
-, , , , , , ,

© 2020 Life in the FAST LANE. Powered by AFFINGER5