>ルノー/アルピーヌ(RENAULT/ALPINE) ■服や小物、時計、雑貨など

TISSOT×アルピーヌ!本体を取り外し、A110のダッシュボードに取り付けられる画期的な腕時計が登場

投稿日:2018/10/19 更新日:

| この発想はなかった。アルピーヌがダッシュボードに装着できる腕時計を発表 |

アルピーヌがスイスの腕時計メーカー、TISSOT(ティソ)とコラボし、「TISSOT × ALPINE」ウォッチ”Alpine On Board(アルピーヌ・オン・ボード)”を発売。
おもしろいのは「クオーツ」「機械式(ムーブメントはバルジューA05.H31)」両方をラインアップすることで、そして両者の本体デザインは全く一緒。
ケース直径は45ミリと大きく、素材は316Lステンレス、とアナウンスされています。

車体に装着できるコラボ腕時計は「量産車初」?

価格含む詳細についてはまだ情報がありませんが、クロノグラフのほか、トラディショナルな3針タイプもラインアップ。
クロノグラフ、3針ともに「機械式」「クオーツ」両方がラインアップされるのだとは思いますが、TISSOTはもともの2眼式クオーツクロノグラフを持っていないので、クロノグラフは機械式のみかもしれません。

f0cc8bf5-tissot-alpine-on-board-watch-10

なお、秒針やプッシュボタンのカラーは「ブルー」、3針だと時針と分針が「オレンジ」に。
ストラップについてはパーフォレイテッド(穴あき)で、クオーツだとこれにスタンダードバックル、機械式のほうはフォールディングクラスプ構造を持つバックルが採用されています。

ba5cf17b-tissot-alpine-on-board-watch-01

横から見るとこう。
結構分厚く、「ALPINE」のネーム入りプレートがナイスですね。

32252c9a-tissot-alpine-on-board-watch-03

メカニズム部分は台座から外すことができ、腕時計の「上モノ」を回転させると取り外すことが可能。

18fbfeac-tissot-alpine-on-board-watch-02

そしてこれをアルピーヌA110のメインモニター脇(専用のアタッチメントを取り付けている)へと装着。

af019eca-tissot-alpine-on-board-watch-05

取り付けるとこんな感じ。
なお、取り付けた状態だと自動巻き機構が作動しないので「ゼンマイを巻けず」、これを”つけっぱなし”にすることはできなさそう。
そこが「クオーツも揃える」理由かもしれませんね。

00a4b209-tissot-alpine-on-board-watch-07

こういった感じで本体を取り外して車体に装着できる腕時計は、ぼくの知る限り「量産車初」。
ただし量産車という枠を外すと、ケン・オクヤマ氏による「K.O 7/K.O9」があり、これは腕時計をダッシュボードへと装着できる仕組みを持っています。

TISSOTはこんな腕時計メーカー

TISSOTは1853年創業の腕時計専業メーカーで、現在はスウォッチ傘下に入っています。
比較的安価な設定に比してデザイン性や機能性が高く、生産量としては「最大規模」を誇る腕時計メーカーだとされ、早い時期からデジタルとアナログとを融合させた「アナデジ」もリリース(昔持ってた)。

クロノグラフのベースとなるのはおそらくこの「TISSOT PRS 516 オートマティック クロノグラフ(243,000円)」で、ムーブメントもアルピーヌ・オン・ボードと同じ。



ただ、上述のように、これと同じクオーツ版は存在しないようなので、アルピーヌ・オン・ボードにはクオーツ版クロノグラフが存在しないか、存在するのであればTISSOTが専用にクオーツ式ムーブメントを手配した、ということになりそう。

T100.427.36.201.00

3針モデルはこちら「PRS 516 オートマティック(99,360円)」がベースだと思われ、

T100.430.16.051.00

こちらにはクオーツ版の「PRC 200(44,600円)」が存在。

T055.410.11.057.00

ただしPRS516にはデイト表示があり、しかしアルピーヌ・オン・ボードにはデイト表示がなく、PRC200にはデイト表示がないので、クロノグラフは機械式(PRS516オートマティッククロノグラフをベース)のみ、3針モデルはPRC200をベースにしたクオーツのみ、というラインアップなのかも。

そしてこれらにアルピーヌのライセンス料、そして着脱機能が備わることになり、となるとその価格はベースモデルの「数万円アップ」ということになりそうですね。

他に自動車メーカーとコラボレーションを行っている腕時計メーカーにはこれだけある

なお、自動車好きは基本的に「メカ好き」なので、腕時計が好きな人も多い模様。
現在パートナーシップを結んでいるのはこんな感じですが、かつてフェラーリはパネライと、ポルシェはIWC、ランボルギーニはブランパンとのパートナーシップを締結していて、とくどき契約が更新される模様(ベントレーとブライトリングは提携を解消する、というウワサも)。

アルファロメオ・・・クロノスイス(CHRONOSWISS)
レンジローバー・・・ゼニス(ZENITH)
フェラーリ・・・ウブロ(HUBLOT)
ランボルギーニ/イタルデザイン・・・ロジェ・デュブイ(ROGER DUBUIS)
AMG・・・IWC
ベントレー・・・ブライトリング(BREITRING)
マセラティ・・・ブルガリ(BVLGARI)
マクラーレン・・・リシャール・ミル(RICHARD MILLE)
ポルシェ・・・ショパール(CHOPARD)
ブガッティ・・・パルミジャーニ・フルリエ(PARMIGIANI FLEURIER)
シェルビー・・・ボーム&メルシエ(Baume et Mercier)
ルノースポール・・・ベル&ロス(Bell & Ross)

 

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でintensive911をフォローしよう!

->ルノー/アルピーヌ(RENAULT/ALPINE), ■服や小物、時計、雑貨など
-, , , ,

© 2021 Life in the FAST LANE. Powered by AFFINGER5