>フェラーリ(Ferrari)

幸運にもフェラーリ488ピスタの購入を”認められた”メジャーリーガー。その仕様はこうだ

投稿日:2018/11/16 更新日:

| メジャーリーガーがカスタムしたフェラーリ488ピスタはこんな仕様だ |

MLB(ヒューストン・アストロズ)投手、ジャスティン・バーランダー選手が自身のインスタグラムにて、購入したフェラーリ488ピスタのコンフィギュレーター画像を公開。
マラネロをバックにした画像で、おそらくはディーラーの専用コンフィギュレーターを使用して作成した画像だと思われます。

フェラーリ488ピスタは2018年2月に突如発表されたスペシャルモデルで、「458スペチアーレ」の後継という位置づけ。
ただし、「納期さえ我慢すればなんとか買えた」458スペチアーレとは異なって厳しん購入制限がなされており、一般人には「注文することすらできない」クルマでもありますね。

そして「購入(注文)の条件」は著しく高いと言われており、一説には”ラ・フェラーリなみに厳しい”とも囁かれているほど。

フェラーリ488ピスタ正式発表。720馬力、0-100キロ加速2.85秒。ロードカーというよりレーシングカー

フェラーリは限定モデルを「誰に売るか」を慎重に決めている

そんなフェラーリ488ピスタですが、ジャスティン・バーランダー選手は幸運にも「フェラーリに選ばれた一人」ということになり、そして今のところフェラーリ488ピスタを購入したという人はほとんどネット上では見受けられず、それだけ台数が少ないということになりそう。

ちなみにフェラーリはこういった限定モデルを”割り当てる”対象として「若く、影響力のある人物」を優先しており、これまでの「購入したクルマをガレージにしまっておき、SNSにもあまり親しんでいない」高齢コレクターはあまり重要視されなくなってきている、という印象もありますね。

「私は誰がフェラーリに相応しく、誰がそうでないか知っている」。限定フェラーリの購入権をジャッジする男が登場

そういった意味では野球選手はフェラーリにとっても理想的で(もしかするとフェラーリは、野球のほか、テニスやバスケットボールなど各スポーツにおいて”ターゲット”を選定しているのかも)、というのも社会的影響力が強く、皆のあこがれの存在で、かつ本人もそれを自覚しているために「バカをする」可能性が低い、とも言えます。

さらにフェラーリは「スポーツ界」以外にも「ビジネスシーンにおけるリーダー的存在」など、様々な業界において「割り当てるべき人物」を抽出しているのかもしれませんね。

justin3

なお、このボディカラーは”ロッソ・フィオラノ”。
フェラーリと言えばレッド、レッドといえばフェラーリというイメージがあり、実際にフェラーリはレッド(ロッソ)だけで標準ラインアップとして「ロッソ・ディーノ」「ロッソ・スクーデリア」「ロッソ・コルサ」「ロッソ・ムジェッロ」「ロッソ・フィオラノ」の5色を揃え(後ろに行くほど濃くなる)、スペシャルカラーとしても「ロッソ・コルサ・メタリック」をさらに用意。

フェラーリ488スパイダーのコンフィギュレーター公開、ボディカラーは28色

そしてホイールは「ブロンズ」というなんともオシャレな仕様となっています。

justin2

インテリアはブラックをベースにホワイトのライン入り。
シンプルかつスパルタンなイメージで「488ピスタらしい」内装ですね。

justin

 

View this post on Instagram

 

Justin Verlanderさん(@justinverlander)がシェアした投稿 -

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でintensive911をフォローしよう!

->フェラーリ(Ferrari)
-, , , , , ,

© 2020 Life in the FAST LANE. Powered by AFFINGER5