>フェラーリ(Ferrari) ■新型車情報/スパイフォト/噂など

フェラーリ812スーパーファストのオープンモデル登場との噂。すでに保証金を支払ったオーナー現る

投稿日:2018/11/21 更新日:

| フェラーリ812スーパーファストに”リトラクタブルハードトップ”を持つオープンモデル登場? |

Ferrari Chatによると、フェラーリは現在812スーパーファストのオープンモデルを準備中、とのこと。
そしてすでにVIP顧客に対しては受注を開始しており、実際にデポジットを支払った人もいるようですね。

なお、ルーフについては488スパイダーやポルトフィーノ同様の「フォールディングメタルトップ」を採用する、と報じられています。

フェラーリのV12オープンモデルはいずれも「限定」だった

近年のフェラーリはV12モデルについて「オープン」をカタログモデルとしては用意しておらず、最近だとF12ベースの「F60アメリカ(フェラーリ・クラブ・オブ・アメリカの60周年記念で10台限定)、599SAアペルタ(ピニンファリーナ80周年記念、80台限定)、575スーパーアメリカ(499台限定)、550バルケッタ・ピニンファリーナ(448台限定)といったモデルがあったものの、いずれもクーペが「カタログモデル」であったのに対してオープンモデルは「限定」。

↓こちらは575スーパーアメリカ

フェラーリはかねてよりオープンモデルの生産を「非常に厳しく」絞っており、458スペチアーレA(499台限定)、ラ・フェラーリ・アペルタ(クーペの500台に対してオープンは210台)にしてもそれは同じ。

↓これは599アペルタ

よって今回の「812スーパーファストのオープンモデル」も限定となる可能性が高く、「何台作られるのか」は注目の的。
これまでの流れからすると「499台」あたりが妥当かもしれませんね。

↓超レアモデル、F60アメリカ

なお、812スーパーファストのオープン版はクーペ(812スーパーファスト)とルーフ以外は同様のデザインを持ち、エンジンも800馬力を発生するV12自然吸気エンジンを積むと報じられていて、クーペとの差異はまさに「屋根が開くかどうか」。

V12オープン初の「カタログモデル化」はある?

ただし「もしかすると限定ではなくカタログモデルかも」と考えることもあり、というのも「デザインがクーペ同様」というのがまずひとつ。
これまでのV12オープンモデルは「スペシャルモデル的」扱いでもあり、外観においても差別化が図られているわけですね。

加えてもうひとつは、「折りたたみ式ハードトップ」を持つと報じられていること。
ほかのV12オープンモデルは格納式ルーフを持たず(575スーパーアメリカは”反転式”)にロードスター的性格が与えられており、つまり「より非日常的」であったこと。
しかし「折りたたみ式ハードトップ」は日常性の表現と考えてもよく、思想的にはこれまでのV12オープンモデルとはちょっと違う、ということになります。

 

この記事を読んだ人は、他にもこんな投稿を読んでいます

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でintensive911をフォローしよう!

->フェラーリ(Ferrari), ■新型車情報/スパイフォト/噂など
-, , , , , , ,

© 2020 Life in the FAST LANE. Powered by AFFINGER5