>ランボルギーニ関連ニュース・ネタなど >その他アメリカ車 >ほかランボルギーニ(ムルシエラゴ、ディアブロ他) ■その車関連のネタなど

【競売】アメリカのスーパーカー史上、重要な「ベクターM12」。ランボルギーニ・ディアブロの兄弟とも言えるそのワケは?

投稿日:2018/12/04 更新日:

| アメリカのスーパーカーにおける”先駆け”的存在がオークションに |

「アメリカ最初の」スーパーカーと言われる「ベクター(ヴェクター)M12」がオークションに登場予定。

この「ベクター」についてはちょっと説明を要しますが、ざっとその略歴は下記の通り。

1971年にてゼラルド・ウィーゲル氏が設立

1978年に「W2スーパーカーコンセプト」発表

1988年に「W8」発表

1992年にインドネシアのメガテックに買収される

1993年に「WX-3コンセプト」発表

1995年に「M12」発売

最近になり復活を遂げる

そしてもうひとつ注釈が必要なのは、1992年にベクターを買収した「メガテック」は1993年から1994年まで「ランボルギーニの親会社」であったということ(ランボルギーニの経営元は、現在のアウディで”8つ”目)。
つまり、ランボルギーニとベクターは一時期、同じ会社の管理下にあったということですね。

米最初のスーパーカーメーカー「ベクター」が2000馬力の新型車生産のためコンセプトカー「WX3」を売却

ベクターM12のエンジンはランボルギーニ・ディアブロから

よって、このベクターM12はランボルギーニの影響を強く受けたモデルということになりますが、当時わずか14台のみが生産されています。

0d0bd48d348239042fddffb43d4f06d0105e4abe

そして当時のランボルギーニというと「ディアブロ(1990-2000年)」が現役であり、よってこのベクターM12もディアブロと同じ「5.7リッターV12エンジン」を搭載。

20f7ee95fce367ed26b379c87f9a264c17b88d0f

ただし加速や最高速はディアブロに劣っていたとされ、価格も600万円ほど(新車時に)ディアブロよりも安かった、とのこと。

9ef78ddf656e9e45da33a2aaeea4605b8a926d08

なお、ぼくがここで思うのは、「アメリカ人は本当に丸いデザインが好きだなあ」ということ。
というのも、ディアブロが発売された1990年当時のランボルギーニ経営元はクライスラーつまり「アメリカの会社」。

95eabe73b2e2fa753e85d260043e1b28b7a0cdb5

ディアブロはカウンタックの後継となりますが、カウンタックから継続してディアブロのデザインを担当したマルチェロ・ガンディーニ氏が提出した「角ばったデザイン」を、クライスラーは「丸く」修正させて発売しています。

そしてその後ランボルギーニはメガテック→Vパワー→アウディへとオーナーを変え、2000年にアウディが「もとのマルチェロ・ガンディーニ案に近い」デザインへと修正して発売したのが「ディアブロ6.0(デザイナーは現在ヒュンダイへと移り、最近昇格したルク・ドンカーヴォルケ氏)」。

lamborghini diablo

これを見ても分かる通り、「アメリカ資本時代の」ディアブロは丸いデザインを持ち、その後は角ばったデザインへと変更されていますが、アメリカは「ダッジ・ヴァイパー」しかり、とにかく丸いデザインが好まれるのは間違いなさそう(フォードの本を読んだとき、”流線型であればなんでも売れた時代があった”という記載があった)。

589d5d5e94fa9dbb9811e70b97fd51ab81957908

今回オークションに出品されるベクターM12はラスベガスのコレクターが保管していたもので、走行距離はわずか4100マイル。
未レストアのために燃料漏れなどの問題もあるそうですが、アメリカのスーパーカー史を語る上で外せない一台でもあり、歴史的価値は高いのかもしれませんね。

ecf1867d8e55db544679d92dce6a355362fab246

VIA:Autoclassics

この記事を読んだ人は、他にもこんな投稿を読んでいます

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でintensive911をフォローしよう!

->ランボルギーニ関連ニュース・ネタなど, >その他アメリカ車, >ほかランボルギーニ(ムルシエラゴ、ディアブロ他), ■その車関連のネタなど
-, , , , , ,

© 2020 Life in the FAST LANE. Powered by AFFINGER5