>BMW(ビー・エム・ダブリュー) ■ニュース

BMWアブダビが「ほぼフルオプション」のM2コンペティションを公開。総額一体いくら?

投稿日:2019/02/04 更新日:

近年のオプションパーツの価格は天井知らず

いつもBMWの様々なカスタムを披露するBMWアブダビですが、今回は「フルオプション」のBMW M2コンペティションを公開。

ボディカラーはロングビーチブルーで、これにカーボン製のMパフォーマンス製パーツそしてステッカーを追加しており、なんとも刺激的なルックスへと変貌を遂げています。

M2用オプションパーツは全部装着するとマイナス40キロ

フロントだとカーボン製リップそしてカーボン製エンジンフード(マイナス9キロ)、カーボン製キドニーグリルフレーム、そしてフードの内側にはカーボン製エンジンカバーが装着されている、とのこと。

画像に含まれている可能性があるもの:車

さらにはカーボンファイバールーフ(マイナス5キロ)、カーボンファイバートランクリッド(マイナス6キロ)、カーボン製サイドウイング、そしてカーボン製リアウイングも装着。

画像に含まれている可能性があるもの:車

ホイールやサイドスカットルもブラック仕上げ。

画像に含まれている可能性があるもの:車

リアディフューザーも見たところカーボン製、そしてエキゾーストシステムはアクラポヴィッチのチタン製(マイナス8キロ)だと思われます。

画像に含まれている可能性があるもの:車

ちなみにMパフォーマンス製リアウイングはこの「足つきタイプ」とトランクリッドに貼り付ける「ダックテールタイプ」とが選択可能。

画像に含まれている可能性があるもの:車

BMWは「全部装着するとマイナス40キロ」となるMパフォーマンス製パーツ群を発表していますが、このBMW M2コンペティションはそれらパーツを「ほぼ全部装着」。

写真の説明はありません。

逆に装着していないパーツとしてはカーボン製フロントフェンダー、Mスポーツサスペンションキット、19インチ軽量ホイール(1本あたりマイナス3.2キロ)。

画像に含まれている可能性があるもの:車

これらカスタムによってどれくらいコストがかかっているのかは不明ですが、見た目はかなり変わっており、オーナーさんとしてはかなりの満足度を得ることができそうですね。

画像に含まれている可能性があるもの:車

インテリアのカスタムは外装に比べると「地味」

インテリアは例によって比較的「地味」ですが、外装同様にカーボンパーツ多数。

画像に含まれている可能性があるもの:座ってる(複数の人)

シフトレバーやセンターコンソール、サイドブレーキレバーはマット仕上げのカーボン製。

シートやアームレストのレザーに用いられるステッチはボディカラー同様の「ブルー」のようですね。

画像に含まれている可能性があるもの:座ってる(複数の人)

BMWアブダビはほかにもこんなM2のカスタムを公開

BMWアブダビというと7シリーズのカスタムで有名ですが、意外やM2のカスタムもけっこう手がけている模様。
こちらもやはりブルーのボディカラーを持つM2ですが、サイドには「デカールなし」。
この「あるなし」でずいぶん印象が変わるようですね。

こちらはメタリックグレーのM2にカーボンパーツ、そして別バージョンのMストライプを装着したもの。

VIA:BMW AbuDhabi

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でintensive911をフォローしよう!

->BMW(ビー・エム・ダブリュー), ■ニュース
-, , , , , , , ,

© 2020 Life in the FAST LANE. Powered by AFFINGER5