>フォード(FORD) ■ニュース

【動画】マスタング史上最強モデル!シェルビーGT500の「ドライブモードごと」のアクセルレスポンスとサウンドはこう違う

更新日:

やはりV8サウンドは刺激的

フォード・マスタング・シェルビーGT500の「各ドライブモードでのサウンドとエンジン吹け上がり」の差を収めた動画が公開に。

マスタング・シェルビーGT500は「マスタング史上もっともパワフル」なクルマですが、最近のクルマらしくドライブモードを備えています。

そのドライブモードとは「クワイエット」「ノーマル」「スポーツ」「トラック」の4つ。
「クワイエット」は標準仕様のマスタングにも備わるモードではあるものの、わざわざこれがあるということは、「通常時でも音がどれだけデカいのか」ということを示す事象だと考えて良さそう。

各ドライブモード間でのサウンドはこれだけ違う

なお、動画では「クルマの外」「クルマの中」両方からそのサウンドを収録しており、これはけっこう参考になる内容です。

まず「クワイエット」は文字通り最も静かなモードで、早朝に出かけるときや夜間の自宅時に便利なモード。
これは可能な限りバルブを閉じて排気音を小さくするモードですね。
ただしもともとエキゾーストサウンドが大きいためか、さほど「クワイエット(静か)」ではないようです。

そして「ノーマル」は文字通り通常モードですが、こちらはクワイエットモードよりちょっと大きいくらいの音量。

写真の説明はありません。

「スポーツ」ではそれがガラっと変わって一気に強烈なサウンドを奏で、「トラック」になるともはや暴力的と言えるまでのサウンドに。
このモードだとエンジンの吹け上がり、つまりアクセル開度に対するレスポンスが大きく変わっており、痛快この上ない加速を楽しめそう。

なお、マスタング・シェルビー500GTのエンジンは5.2リッターV8、出力は700馬力以上(正確な数字は確定していない)。
0-100キロ加速は3秒半ば、とアナウンスされています(こちらも未確定。フォードはスペック未定のままスポーツカーを発表することがままある)。

画像に含まれている可能性があるもの:車、屋外

マスタングはアメリカだと「フォード唯一の」SUV/トラック以外のクルマ

フォードはアメリカの自動車メーカーですが、アメリカ市場においてフォードは「SUVとトラック以外のジャンルから撤退する」と発表済み。

ただし2つの例外が「フォーカス・アクティブ」とこの「マスタング」で、しかしフォー・カス・アクティブもすでに販売終了したために、アメリカで購入できる「トラックかSUV」ではないフォードは、マスタング一車種のみ」という状況となっています。

スポーツカーを残してくれたのはありがたく、その分フォードはマスタングに力を入れているとも考えられますが、シェルビーGT500はそれだけのことはあるクルマに仕上がっているようですね。

それでは動画を見てみよう

こちらがフォード・マスタング・シェルビーGT500がなぜか道端で各ドライブモードを試す動画、「Listen to the 2020 Ford Mustang Shelby GT500's Four Exhaust Modes」。

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でintensive911をフォローしよう!

  • この記事を書いた人

管理人:JUN

ランボルギーニ/ポルシェ/ホンダオーナー。 ハイパフォーマンスカーを中心に、それにまつわる話、気になるクルマやバイク、モノ、出来事などを紹介します。

->フォード(FORD), ■ニュース
-, , , , , ,

© 2020 Life in the FAST LANE. Powered by AFFINGER5