>ジャガー(Jaguar)

【動画】ホイール大きすぎ!ジャガーF-Paceに32インチホイールを装着したカスタムカーが登場

投稿日:2019/05/02 更新日:

実は34インチホイールも発売されているらしい

ジャガーEペイスに32インチホイールを装着したカスタムカーが話題に。
ボディを明るいグリーンにラッピングし、ホイールも同じカラーにペイントしていますが、結構立派なボディを持つE-Paceと比較しても、このホイールはやたら大きく見えますね。

なお32インチというと81.3センチとなり、タイヤの厚みを入れると「直径1メートルくらい」になるのかも。

タイヤが大きすぎてハンドルを切ることができない

それにしてもこの直径たるや常軌を逸しており、サスペンションにもかなり手を入れている(リフトアップしないと入らない)のでしょうね。

なお、このジャガーのオーナーに寄ると、ボディカラーは「スマイルグリーン」。
ホディ下部はちょっとグラデーションっぽい感じでブラックにペイントされており、ボディ部分が「天地に薄く」見えることでさらにホイールサイズが際立つことに。

最低地上高も相当に高いということになり、乗り降りにも苦労しそうですが、おそらくオーナーは(車高の低いスーパーカーを愛する人同様に)そんなことは気にしていないのだと思われます。

そしてこのジャガーの後ろにいるクルマもまたグリーンに巨大ホイール。
なおアメリカ人は大変にグリーンが好きだという印象がありますが、その理由は不明。

アメコミにも「グリーンランタン」や「ハルク」といったグリーンのキャラクターが登場しますが、ロレックスの「グリーンサブマリーナ」もハルクと呼ばれて(アメリカで)親しまれるなど、とにかくグリーンが好まれる模様。

ちなみに、以前に紹介したカマロ(やはり32インチホイール装着)も色味は違えどグリーンですね。

そしてこのジャガーE-PACEのインテリアはフルカスタムされ、シートやドア内張りはレッド&ブラックへと張替え。

ちなみにドアインナーパネルはスピーカーをインストールするため大幅に改造されています。

なお、ちょっと前まで、ホイールともどもボディカラーはレッドだったそうですが、大きくイメージチェンジしたということになりますね。

そして32インチが「現在のところ最大」なのかと思いきや、フォージアートのサイトを見ると、なんと34インチまでラインアップ。
タイヤを含めると相当に重そうで、もちろんステアリングホイールを切ってもタイヤがホイールハウス内に当たってタイヤを曲げる(切る)ことはできないと思われ、つまりは「曲がらない」し乗りにくいということに。

こういったカスタムはアメリカ西海岸に多いように思いますが、比較的道が広い西海岸でしかこういったサイズのホイールを装着できないのかもしれませんね。

それでは動画を見てみよう

こちらがもう驚きしか感じないカスタムがほどこされたジャガーF-Paceを紹介する動画、「WhipAddict: Slime Green 2017 Jaguar F-Pace on Azara AZA 502 32s, Custom Interior」。

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でintensive911をフォローしよう!

© 2020 Life in the FAST LANE. Powered by AFFINGER5