>フェラーリ(Ferrari)

【動画】恐るべし!総額110億円、フェラーリ・スペシャリストのファクトリーの「在庫」はフェラーリの歴史そのものだった

投稿日:2019/07/28 更新日:

| これだけクラシックモデルを保管しているガレージも珍しい |

ユーチューバー、Seen Through Glass氏がフェラーリスペシャリスト、「DKエンジニアリング」を訪問しその内容を紹介。

フェラーリの販売だけではなく整備、レストアを行うファクトリーですが、その倉庫に保管する内容はまさに驚きで、クラシックフェラーリから現代の限定モデルまでレアなフェラーリが勢揃い。

全部あわせると在庫総額は110億円くらいになるらしい

手前にあるのは「元祖スペチアーレ」、フェラーリ288GTO。
奥の方でもクラシックモデルが整備を受けています。

f10

こちらも288GTO。
「ブラック」のボディカラーはかなり珍しいですね。

f3

ファクトリー内にはエンジンも。
オブジェとして欲しいと思うことがありますが、フェラーリのエンジンは「動かなくても非常に高価」で、文字通り腐っても鯛、ということなのかもしれません。

f4

マクラーレンF1。
DKファクトリーでは、フェラーリ以外にもマクラーレンF1、メルセデス・ベンツSL300ガルウイングなど、歴史的に価値の高いクルマを多数扱っているようですね。

g4

手前のクラシックフェラーリは、内装やドライブトレーンが外されており、レストアの真っ最中。

f2

ある意味で超希少、4座フェラーリ(しかもイエローのボディカラーは珍しい)。

f1

F12tdf。

6

クラシックフェラーリ、そして奥にはメルセデス・ベンツSL300。

5

素晴らしいコンディションのクラシックフェラーリ。

g3

こちらもコンディション抜群。

g2

この時代はアルファロメオしかり、フィアットしかり、「センター」にランプを取り付けている車両をよく見かけますね。

g1

こちらがDKエンジニアリング内を紹介する動画。
広い敷地内に「馬小屋」のような建物がいくつか建っていて、それぞれに車両を分散したり、建物ごとになんらかの区別があるようですね。

こちらはDKエンジニアリングとは無関係ですが、ロンドンにて開催されたフェラーリの「路上展示イベント」。
フェラーリの正規ディーラー、HRオーウェンが新しくショールームを開設し、それを祝ってのイベントだそうですが、フェラーリF40 LM、250 GTO、250 カリフォルニアSWB、ラ・フェラーリ、F12 TDF,、モンツァSP1、SF90,ストラダーレ、750モンツァ、288 GTO等が惜しげもなく披露されています。

あわせて読みたい、フェラーリとガレージ関連投稿

世の中には、法人や個人にて様々なフェラーリを保有する人や会社があって、これまでにもなんどかそういったガレージを紹介していますが、ここで改めていくつかピックアップしてみたいと思います。

この記事を読んだ人は、他にもこんな投稿を読んでいます

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でintensive911をフォローしよう!

->フェラーリ(Ferrari)
-, , , , , , , ,

© 2020 Life in the FAST LANE. Powered by AFFINGER5