>トヨタ/レクサス(Toyota/LEXUS) ■そのほか車関連のネタなど

【動画】ジェレミー・クラークソンがインタビューに答える。「今でも、これまで運転した中だとレクサスLFAがもっともいいクルマだと考えている」

投稿日:2019/08/09 更新日:

| V10サウンドは他のすべてに勝る |

これまでジェームズ・メイへのいくつかのインタビューを公開してきたドライブトライブ。
今回はジェレミー・クラークソンへのインタビューを動画としてアップしています。

ドライブトライブはジェレミー・クラークソンに対し、「最近、最も驚かされたクルマは?」「グランド・ツアーの収録状況は?」「ジェームズ・メイとリチャード・ハモンドのことで悩んでいることは?」「ジェームズ・メイ、リチャード・ハモンドのもっともバカげたエピソードは?」等の質問を行っており、それぞれの回答が収録されることに。

レクサスLFAは今まで運転したクルマの中では「今でもベスト」

そして、今回の質問の中での最大のトピックはレクサスLFAに関するもの。
かねてよりジェレミー・クラークソンは「レクサスLFAが今まで乗った中ではもっとも素晴らしいクルマ」と公言していますが、その後新しいクルマが登場する中でもその意見は変わらないか、ということを聞きたかったようですね。

この質問に対してジェレミー・クラークソンは「イエス」と答えており、レクサスLFAが最高だとする大きな理由は「V10のエンジンサウンド」。
このサウンドは素晴らしく、他のクルマ、とくにエレクトリックカーでは絶対に得られないものだとしています。

レクサスLFAは「レクサスLFAにしか積まれない」専用のV10エンジンを搭載しており(当時のトヨタはF1参戦を控えて勢いがあった)、そしてこのエキゾーストノートはヤマハがチューニングを担当したとされ、粒の揃った美しいサウンドである、と評されていますね。

ちなみにジェレミー・クラークソンはレクサスLFAについて、「シートベルトが操作が面倒」「ガソリンタンク小さすぎ」と語っていますが、たしかにシートベルトは「通常の」巻取り式とはちょっと違うようですね。

なお、ジェレミー・クラークソンはとにかくパワーを好む人物として知られ、アンダーパワーな乗り物や、ハイブリッド、自転車を毛嫌いすることでも知られます。

そして所有するモデル、高い評価を与えるモデルは「エボリューションモデル」であることが多いようです(ウラカンに対するウラカン・ペルフォルマンテ、といった具合)。

そしてトヨタ・プリウスについては異常なほどの嫌悪感を発揮していますね。
「もっとも評価するクルマ」はトヨタのつくるレクサスLFA、そして「最も評価しないクルマ」もまた、トヨタが発売するプリウス、というのがなんとも面白いところだと思います(つまり、ジェレミー・クラークソンは、メーカーやブランドというフィルター抜きにして、クルマそのものを純粋に見ている)

VIA: Drive Tribe

あわせて読みたい、レクサスLFA関連投稿

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でintensive911をフォローしよう!

© 2020 Life in the FAST LANE. Powered by AFFINGER5