>トヨタ/レクサス(Toyota/LEXUS) ■ニュース

HKSがSEMAに展示した「GRスープラ・ストリート・コンセプト」詳細を発表!純正制御を活かせるマフラーやサスペンションなど「さすがはHKS」なパーツが盛りだくさん

投稿日:

| さすがにこのエアロキットだけは発売されないかもしれない |

HKSがSEMAにて展示されたトヨタGRスープラのチューンドカー、「HKS USA MKV wide body GR SUPRA street concept」の詳細を公開。
すでにHKSはプロドリフトドライバーである斎藤太吾選手向けに「A90スープラ・ドリフトマシン」の作製を行ったり、グッドウッド・フェスティバル・オブ・スピードにて「スープラ・ドリフトカー(Toyota GR SUPRA Drift by HKS)」を走らせているものの、今回のGRスープラ・ストリート・コンセプトはそれらとは異なり、その名の通り「ストリート」を意識したもの。※いかに「ストリート」とはいえど、日本の公道での走行は無理っぽい

なお、こちらはグッドウッドにて公開されたスープラ・ドリフトカー。
もともと公道走行は考慮していない設計を持っています。

HKSがグッドウッドに690馬力の「スープラ・ドリフトカー」で参戦。チューニングビジネス、スポーツカーが売れる条件を考える

【動画】イベント当日は炎上してしまった「A90スープラ・ドリフトマシン」。その改造から当日の走行までを見てみよう

ワイドボディキットは「HKSオリジナル」

HKSによると、今回のGRスープラ・ストリート・コンセプトに装着されるワイドボディ(オーバーフェンダー)キットはHKS”初”のオリジナルデザイン、とのこと。
これまでの競技用車両製作や、タイムアタックを行ってきた経験が存分に生かされている、と紹介されています。

ここで、今回公開された動画の内容を見てみましょう。

まずはマフラーの交換。
使用されるのは純正バルブ制御も可能な「デュアルマフラー(Dual Muffler for GR SUPRA)」。
もともとスープラに装着される純正マフラーのテールパイプ径はかなり大きいと認識していますが、それよりもさらに「太く」なっているようです(試作品のダウンパイプも装着)。
なお、吸気については同じく試作品のレーシング・サクションキット(Racing Suction kit)」を取り付け、さらには「パワーエディター(Power Editor)」にてブーストアップを行い、400馬力以上を発生する、とのこと。

s9

サスペンションには純正の電子制御サスを活かせる「ハイパーマックス・ツーリング(HIPERMAX Touring for GR SUPRA)。

s8

ブレーキキャリパーはおそらく純正をイエローにペイントしたもの。

1

ただしブレーキパッドは前後ともエンドレス製(MX72)へ。
ホイールはヨコハマADVAN GT F(フロント19x10.5+15/リア19x10.5+15)、タイヤもヨコハマADVAN Apex V601(フロント275/35-19/リア275/35-19)。
スープラの場合、レーシングカーの「GT4」でも同じですが、フロントにかなり太いタイヤを履かせるチューナーが多いようです。

s6

そしてオーバーフェンダー装着のためにボディをカット!

s5

取り付けられるボディキットは「HKSプレミアム・ボディキット」。

s4

リアフェンダー上にもダウンフォースを発生させるスポイラー装着。

s3

ボディカラー、グラフィックはラッピングにて再現。
バーナーで炙り、シートを伸ばしながら貼っていますね。

s7

そしてナンバープレート両脇からステーが生える超大型リアウイング。

s2

現時点でHKSのサイトにて「車種別検索」にてチューニングパーツを探してみても「70スープラ」「80スープラ」用パーツしかひっかからないものの、今回発表されたGRスープラ・ストリート・コンセプトに採用されているパーツのいくつかは実際に発売されることになりそうですね。

photo_01

VIA: HKS Co., Ltd

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でintensive911をフォローしよう!

->トヨタ/レクサス(Toyota/LEXUS), ■ニュース
-, , , , , , ,

© 2020 Life in the FAST LANE. Powered by AFFINGER5