>VW(フォルクスワーゲン/Volkswagen) ■新型車情報/スパイフォト/噂など

新型VWゴルフのホットモデル、「GTI」が偽装薄でテスト中!迫力をました前後バンパー装着、出力は255馬力、そして”TCR”では295馬力か

投稿日:2019/11/27 更新日:

| ゴルフGTIのモデルチェンジには期待がかかる |

フォルクスワーゲンは「第8世代」となるゴルフを発表したところですが、今回はそのホットモデル「GTI」のプロトタイプが目撃に。
ゴルフ8世代のGTIについては、以前にニュルブルクリンクを走る姿が目撃されているものの、その際には「全身カモフラージュ」が施されたまま。
ただし今回のスパイフォトでは「ほぼカモフラージュなし」の個体が捉えられており、その細部が比較的わかりやすくなっています。

なお、ゴルフのホットモデルには2種類あり、FFのトップレンジは「ゴルフGTI」系、4WDのトップレンジが「ゴルフR」。
今回目撃された「ゴルフGTI」はすなわちFFということになりますが、ゴルフ7だと「クラブスポーツ」「TCR」といったバリエーションを持ち、ルノー・メガーヌRS、ホンダ・シビック・タイプRらと「ニュルブルクリンクFF最速」を争ってきたクルマでもありますね。

【動画】新型VWゴルフ(ゴルフ8)GTIがニュルに参上。撮影者「これまででもっともすばしっこいゴルフGTIだ」

「GTI化」の手法はゴルフ7とほぼ同じように見える

ゴルフGTIプロトタイプについては、当然ながらゴルフ8をベースとすることになり、そのためヘッドライトなど多くのパーツは共通のように見えます。
ただし前後バンパーやサイドステップは現行(ゴルフ7)GTI同様に「アグレッシブなもの」へ変更されることになり、とくにフロントグリルの大きな開口部、粗いメッシュはベースモデルと大きく差別化されている部分。
ヘッドライトの上部、サイドには偽装が見られるものの、これは「ゴルフ8ならではの特徴」を隠し、ゴルフ7に見せかけるための手段だと思われます。
アッパーグリルについてはこれまでのゴルフGTI同様、「レッドの二本線」が入ることになると考えられ、しかし現時点でそれは確認できず。

volkswagen-golf-gti-spy- (2)

新型VWゴルフ正式発表!クラスを超えた装備内容、ハイブリッドは5種類。ゴルフ8は”ゴルフ7を一気に「過去のクルマ」”に

サイドでは、フロントアンダーから続き、リアスカートへと続く専用サイドステップが特徴的。
車高が低められ、ルーフスポイラーも大型化しているように見えますね。

volkswagen-golf-gti-spy- (3)

テールランプも「ゴルフ7風」の偽装が見られ、しかし形状そのものはベースモデルのゴルフ8と同じとなりそう。
ただし、レンズは「ダーク仕上げ」となるかもしれませんね。
そのほか、デュアルテールパイプ、そしてテールパイプの上部分を盛り上げたリアスカートが特徴的ですが、これは最新のアウディRSモデル(RS6アバント)でも見られる手法です。

volkswagen-golf-gti-spy- (4)

新型ゴルフGTIのスペックは今のところ不明ではあるものの、エンジンはEA888(2リッター4気筒ターボ)を継続すると思われ、マイルドハイブリッドは装着されないということがこれまでのVW重役のコメントから明らかに。
「ハイブリッドなし」ということについては”軽量化優先”だとされていますが、フォルクスワーゲンの持つハイブリッドは「燃費優先」であり「パフォーマンス優先」ではないことも関係していそうですね。

次期フォルクスワーゲンGTIは予定された「ハイブリッドなし」、グレードは255馬力と295馬力、ステアリングはよりダイレクトになって戦闘力向上か

出力については、「ベース」となるゴルフGTIが255馬力、ゴルフGTI「TCR」では295馬力になると言われていて、トランスミッションは6速マニュアルと7速DSGが用意される見込みだと伝えられています。

VIA:Motor1

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でintensive911をフォローしよう!

->VW(フォルクスワーゲン/Volkswagen), ■新型車情報/スパイフォト/噂など
-, , , , , , ,

© 2021 Life in the FAST LANE. Powered by AFFINGER5