>マツダ(MAZDA) ■ニュース

【動画】世界初、マツダRX-7を4WD化した男!エンジンは4ローター+巨大タービンで2000馬力

投稿日:2019/12/02 更新日:

| もうマツダRX-7だった頃の面影はない |

ちょっと前に紹介した、「世界初、4ローターターボ+4WD(AWD)のマツダRX-7」がさらに進化。
このオーナー、ロブ・ダームさんは、免許を所得してはじめて購入したのがこのRX-7で、これまでにも数々のカスタムを施してきたものの、今回はAWD化という大きな決断を行っています。

もちろんRX-7に4WDモデルはなく、よって「イチからクルマを作る」レベルのハードカスタムとなっていますが、4WD化、ハイパワー化に伴い、全長は8インチ、全幅は9インチ拡大されている、とのこと。

【動画】世界初!マツダRX-7を4WD化、さらに4ローター化で1800馬力に仕上げた男がいた。もはやこれはRX-7とは呼べないかも

今のところ調整中、最終スペックは未確定

このRX-7については現段階ではドライブトレーンの調整を行っているところで、最終スペックは未確定。
ただしこれまでのチューン内容からして「2000馬力」は確実だと思われています(たしかにそれだけ馬力が出れば4WDでないとコントロールできない)。

タービンはこんな感じで「ビッグシングル」。
ロータリーエンジンにビッグシングルとなると「超ドッカンターボ」という嫌な予感しかしませんが、「ロータリー使い」ロブ・ダームさんからすると、どうということはないのかもしれません。
なお、エキゾーストパイプは「サイド出し」。

q

シートに座ると、すぐ横にはトランスミッション、プロペラシャフト。
熱や騒音で大変なことになりそうですが、やっぱりロブ・ダームさんはそんなことは気にしないのかも。

q6

スイッチ類はこんな感じに変更。

q4

そのサウンドはまさにレーシングカー

いざ出陣!
とにかくそのサウンドたるや凄まじく、「え?これがロータリーエンジン?」と驚かされるほどの太いサウンドを発しています。
なお、動画では「吸気」のみのサウンドも聴くことができますが、その音を聴くに「とんでもない量のエアを吸い込んでいる」ようですね。
ちなみに今回がAWD化された後の最初のドライブ。
無事に走行でき、たしかな手応えを感じ取ったようです。

q5

現段階での全体像はこんな感じ。
もちろん、後でドアやフロントフェンダー、ボンネットが製作そして装着されることになるのだと思われます。

q3

車体構造としては、もともとのフロント部をすっかりカットしてチューブラーフレームにて再構成。
フロア部も4WD化にあたってそっくりくり抜かれ、リアトランクのフロア部もまるごと切り取られています。
つまり残っているのはフロントバルクヘッド、Aピラー、ルーフ、Cピラー、サイドシルとリアトランクの周辺だけ、ということに。

q2

それでは動画を見てみよう

こちらが初走行、そしてシェイクダウンを行うAWD+4ローターターボのマツダRX-7。

そのほか、これまでの改造段階を収めた動画も公開されています。

VIA:Rob Dahm

この記事を読んだ人は、他にもこんな投稿を読んでいます

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でintensive911をフォローしよう!

->マツダ(MAZDA), ■ニュース
-, , , , , , ,

© 2020 Life in the FAST LANE. Powered by AFFINGER5