>ポルシェ911関連 >その他ポルシェ関連/ニュース ■ニュース

日本でも「正規ディーラーが高値で転売」事例が?ポルシェ911GT2の中古相場下落にポルシェセンターのカラ発注が関与とのウワサ

更新日:

| あくまでもウワサであって事実とは断定できない |

さて、ここ最近一部で話題になっているポルシェGT系の相場下落。
これまではかなり強い相場を形成していた911 GT2 RS、911 GT3、911 GT3 RS、ケイマンGT4等、いわゆる「役モノ」の相場が下がってきているように見受けられます。
なお、911GT2 RSだと、未走行に近いような新古車レベルのクルマが12台もカーセンサー上で確認可能。

そしてウワサによると、この相場下落にはポルシェ正規ディーラー(ポルシェセンター)の転売行為が関与しているという話がまことしやかに囁かれています(いろいろと事情があって細かいことは記すことができませんが)。

ポルシェのGT系がついに新古車で売られるように

さて、そのウワサとは。
あくまでもウワサですし、事実かどうかはわからないものの、どうやらあるポルシェセンターが、こういったGT系について、顧客からの注文がないにもかかわらず、「注文が入っている」としてポルシェ本社にカラ発注をかけていた模様。

そしてそれらの個体(今回問題視されているのは911GT2RS)が中古市場にドバっと登場し、そのため「供給過多」になって相場を下げているということになるようですね。
なお、それらはいずれも走行距離が「100キロ」や「200キロ」という”新古車”レベル。

a4

なお、同様の現象(登録済みで走行が少ない)が見られるのはメルセデス・ベンツやBMWで、しかしこれらはインポーターから課される厳しい販売ノルマを達成するため、ディーラーがやむを得ず自社で登録して「販売ノルマをクリアし」、その後に中古市場へとリリースするもの。※ノルマは”登録”ベースなので、仕入れるだけではなく登録する必要がある

BMW、メルセデス・ベンツの新車を買うのはちょっと待った!走行距離10キロ台の新古車が40%オフで売られるナゾ

ただしポルシェの「GT系」、とくにRSモデルは欲しい人多数な人気モデルで、つまり”余っているような”クルマではなく、かつ入荷する台数も少ないためにノルマ達成の手段として自社登録するには「向かない」クルマでもあります(右から左に売れる、値段を下げなくても売れるという点では自社登録向きですが)。
ちなみにぼくは今までポルシェを4台購入したものの、それでも911GT3RS、911GT2RSの購入権はなく、それらが欲しければまず「(”RS"がつかない)911GT3のウェイティングリストに並び、まずは911GT3を購入してから」でないと無理だと断言されるほどRSモデルの購入難易度は高いわけですね。

a3

自社登録する意味とは

ここで考えねばならないのは「一旦登録されている」という事実。
上述のように、ノルマ達成のためではないと考えられ(であればカイエンやマカンを使う)、となると考えられる理由は3つ。

1.自社の大手客にこういった希少車を回すために「確保しておこうと」カラ発注したものの、見込んだ通りに顧客が買ってくれず、やむなくそのクルマを処分しなければならなかった
2.転売目的の顧客に一旦販売し、その後に買い取って、中古市場にリリースしている(もしくは顧客に頼まれて委託販売を行っている)
2.そもそも自社の経営する中古車販売店を通じてプレミア価格で販売するつもりで、注文がないままにカラ発注していた

「1」についてはちょっと考えにくく、というのも「新車で」欲しい人はいくらでもいると思われ、長いウェイティングリストの順に連絡を取れば、確実に在庫が捌けると思われるため。

「2」「3」については確認のしようがないのでナントモですが、このあたりは当事者でないとわからないということになりそうです。
ちなみにポルシェは中古車販売にもノルマがあるとされるので、「2」だと新車販売と中古車販売両方で数字を稼げるため、ポルシェセンター側としてはありがたいかもしれません。

仮に「3」の場合、これらカーセンサー上に登場しているGT2RSが「新車」ではなく「登録済み」となっていることについて、”日本では正規ディーラーが新車にプレミアを乗せることがタブー”であるため、あえて一旦登録した、ということだと思われます(新車だと定価でしか販売できないが、中古だとプレミアを乗せ、定価以上で販売できる)。

a2

ちなみに北米ではこういった「人気車を正規ディーラーがプレミア付きで転売する」のはザラ。
これまでにもダッジ・チャレンジャー・デーモン、ホンダ・シビック・タイプR、トヨタGRスープラにおいても正規ディーラーが転売する例が多数報じられていますね(中にはレクサスLFAを仕込んでおき、今に至るまでチョコチョコ販売している正規ディーラーも)。

驚愕!レクサスが2018年に「新車」のLFAを2台販売していたという事実。いったいどこから出てきて価格はいくらだったのか

米にてスープラ初回限定モデルが「倍」のプレミア価格で販売される。しかも売っているのは正規ディーラー

ダッジ・チャレンジャー・デーモンの販売が大混乱。人気に便乗し正規ディーラーがオークションで荒稼ぎする事態に

ちなみに、一部の輸入車ブランドでは、こういった行為ができないように「顧客の情報がないと(実際に注文があったと証明できないと)本社に発注できない」ようになっていて、ディーラーによるカラ発注そして転売を抑制している模様。

今回の「ポルシェのGT系相場下落」については真相は謎のままで、仮に「ディーラーが転売目的でカラ発注」したとしてもそれは違法ではない(ただしモラル上の問題はある)、というのもまた事実です。

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でintensive911をフォローしよう!

  • この記事を書いた人

管理人:JUN

ランボルギーニ/ポルシェ/ホンダオーナー。 ハイパフォーマンスカーを中心に、それにまつわる話、気になるクルマやバイク、モノ、出来事などを紹介します。

->ポルシェ911関連, >その他ポルシェ関連/ニュース, ■ニュース
-, , , , , , , ,

© 2020 Life in the FAST LANE. Powered by AFFINGER5