>VW(フォルクスワーゲン/Volkswagen) ■新型車情報/スパイフォト/噂など

【動画】ユーチューバーが新型ゴルフR、アルテオンR試作車に遭遇!偽装ゼロ、このままの姿で発売されることになりそうだ

投稿日:2020/03/13 更新日:

| 予想していたよりゴルフRは地味だった |

さて、先日新型ゴルフ8世代のGTI/GTD/GTEを発表したフォルクスワーゲンですが、さらなるモデルをテストしている模様。
今回はスイスのスキーリゾート、サンモリッツにてゴルフGTI、ゴルフR、アルテオンRが目撃されており、ゴルフRについてはほぼ偽装なしとなっていて、おそらくは「このままで市販されるであろう」という外装を持っています。

なお、フロントバンパーはゴルフRとゴルフGTI TCR専用の「ハの字=オメガデザイン」ですが、一見すると(出力の低い)GTIのほうがグリルが大きくアグレッシブに感じられます。

フォルクスワーゲンがここまでモデル間でデザインを変えてくるのははじめてだ

こちらがゴルフGTI。
すでに発表済みのクルマですが、バンパーのほとんどがグリルというワイルドさ。

a7

インテリアにもやはりレッドアクセントが見られ、GTIであるのは間違いなさそう。

a6

テールパイプもやはりGTIそのもの。

a4

新型VWゴルフGTIついに発表!245馬力に出力アップ、内外装はGTIの伝統を色濃く反映。車両制御技術は新世代へ

一方、こちらはゴルフRと思われるプロトタイプ。
バンパー内のフロントグリル形状がGTIとは異なって、センターに台形状のグリルがあり、そのサイドにはここ最近ランボルギーニやポルシェでも進めている”グリルレス”インテークが備わっています。
なお、ボンネット側のフロントグリルにはブルーの横ラインがアクセントとして設けられていますが、これはVWがハイパフォーマンスモデルに好んで採用する”ラピスブルー”っぽいですね。

a3

テールパイプはゴルフGTIと同じ2本出しを採用していて、しかしよく見るとリアスカートがディフューザー形状を持っており、フィンが数枚確認可能。
そしてゴルフGTIではテールパイプの上にかぶさるような形状を持つスカートですが、ゴルフRではテールパイプが「露出」するデザインを採用している模様。

これは新型VWゴルフR?そうとも言えるし、そうではないと思える謎のプロトタイプが目撃に

a

こちらはアルテオンR。
フロントバンパー、そしてグリル形状が通常のアルテオンと異なることで「それ」とわかりますが、フロントグリルのアンダーはゴルフRと同じ台形、そしてその横にエアインテークが設けられること、横方向を向いた「T」が内側に見えるのもゴルフRと同じ。
つまりフォルクスワーゲンの「R」は今後、こういった意匠を持つということなのかもしれません。

a8

ちなみに先日発表された「トゥアレグR」も近いといえば近い顔つきを持っているようですね。

フォルクスワーゲンがトゥアレグ”R”発表!最近見なくなったと思ったら、もうトゥアレグは日本で売ってなかった

a9

こちらはアルテオンRのサイド。
車高が落とされ、ホイールは「エアロ」形状に。
このエアロっぽいホイールデザインは最近いくつかのメーカーで見られますが、各社ともEV開発の段階で得たノウハウを生かしているのだとも考えられます(ウワサでは、けっこう効果があるらしい)。

現時点では新型ゴルフR、アルテオンRの発表時は明確に言及されていないものの、6月くらいという説が有力だとされていますね。

VIA: TheTFJJ

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でintensive911をフォローしよう!

->VW(フォルクスワーゲン/Volkswagen), ■新型車情報/スパイフォト/噂など
-, , , , , ,

© 2021 Life in the FAST LANE. Powered by AFFINGER5