ランボルギーニ/フェラーリ/ポルシェオーナーのブログ。クルマのほか、腕時計、トラベルなどライフスタイルに関わる情報をお届けします。

Life in the FAST LANE.

>フェラーリ >ランボルギーニ

ちょっとした流行?「左右で色違い」ラッピングが施されたランボルギーニ・アヴェンタドールが目撃される

投稿日:2020/04/26 更新日:

| この「左右で色違い」「左右で柄違い」はなかなかに魅力的 |

lamborghini-aventador

さて、スイスにて目撃された、左右でカラーリングが異なるランボルギーニ・アヴェンタドール。

ヨン・オルソン的な幾何学模様カモフラージュが採用されていますが、向かって左半分はブラック基調、右半分がホワイト基調というところがなかなかナイスです。

近年ではラッピング用シート、そしてデザイン技術の進歩によって様々な可能性が登場しており、これまでにはなかったようなアピアランスが再現できるようになっているのが嬉しいところ。

そして今回目撃されたような「左右で色/柄違い」ラッピングはここ最近流行の兆しが見られる仕様でもあります。

ほかにはこんな「左右色違い」も

このほか、以前に目撃された「左右色違い」だと、こんなランボルギーニ・ウラカンも。

左は細かい迷彩柄(BAPEカモのように見える)、右はシンプルにマットブラック。

huracan-split

上のアヴェンタドールのように、「柄が同じで、左右色違い」とはまた異なる仕様ですが、奇抜に見えてうまくまとまっているパターンだと思います。

36673750283_3a3bdae90c_b

センターにはレッドの境界線が入り、これもまたいい味を出していますね。

左右で異なる色/柄ラッピングのウラカン。単純なアイデアなれどインパクト大

そしてやはり、「左右で色/柄違い」を大きく広めたのはプロスキーヤーのヨン・オルソン。

38624761690_12e8a21036_b

向かって右はマットブラックにグロスブラック、左側はホワイトにライトグレーのカモフラージュ。

ホイールも「ホワイトとブラック」、そしてレッドがアクセントに使用されています。

40391675862_d2d5bc169a_b

ヨン・オルソンがアウディRS6の新カラーリング公開。今度も多くのチューナーが真似しそう

「縦方向」での色違いも少なくはない

そして「左右」のほかに「前後」の色違いボディカラーといった例もあり、こちらはフェラーリがワンオフで製作した「SP3JC(左ハンドルと右ハンドルがある。それぞれ別の地域で乗れるように一人の富豪がオーダーしたもの)」。

ferrari-sp3jc

「ワンオフ」のはずのフェラーリSP3JCがもう一台存在!なんと同じオーナーが「右ハンドル」「左ハンドル」で一台づつ注文していた

そして最近アメリカ西海岸の一部で人気になりつつあるのが前後色違いのグラデーション。

こちらは米シンガー、クリス・ブラウン所有のランボルギーニ・アヴェンタドールSVですが、フロントとリアとでカラーが異なり、かつホイールもそれにシンクロしたカラーが採用されています。

lamborghini-aventador

ランボルギーニ大好きな米シンガー、クリス・ブラウンがアヴェンタドールSVをカスタム!リバティーウォークにグラデーション

今後も様々なカスタムそしてペイントやラッピングが登場するとは思われるものの、「左右色違い」というのはぼくにとって相当に魅力的であり、どこかで挑戦してみたい、とも考えているところ。

VIA:Autogespot

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

  • この記事を書いた人

JUN

人生において戻せないもの、それは4つ。「失われた機会、過ぎ去った時間、放たれた矢、口から出た言葉」。とにかくチャレンジ、しかし紳士的にありたいと思います。

->フェラーリ, >ランボルギーニ
-, , , , ,

© 2022 Life in the FAST LANE. Powered by AFFINGER5