>ポルシェ911関連 ■ニュース

ジンガーが最新のポルシェ911カスタムを公開!過去最高レベルのカスタム内容を持ち、やはりレストアでも「最新が最良」?

投稿日:2020/05/07 更新日:

| ボディカラーは「ダークバトルシップグレー」 |

singer-porsche-911

2008年の創業以来、独自の解釈にて130台以上もの水冷世代911をレストモッドしてきたジンガー・ビークル・デザイン。

主には901そして964世代の911を手がけ、そのスタイルは964であっても「901風に」巻き戻すのが特徴です。

そして今回もまた新たな作品を公開していますが、その名も「ウォーレン・コミッション」。

ちみに、ちょっと前には「オナーロール・コミッション」が公開されていますね。

ジンガーが最新作”ポルシェ911オナーロール”公開!渋いカラーのタルガボディにオレンジ×ブラックのインテリア

この記事のもくじ1 | ジンガーは驚くべきことに130台ものポルシェをカスタムしてきた |1.1 アクセントカラーはマットチタン1.2 ジンガー・ビークル・デザイン”オナーロール”のインテリアはこうな ...

続きを見る

グレーにワインレッドのシックな組み合わせ

そして今回のウォーレン・コミッションの特徴はそのシックなカラー。

ボディカラーは「ダークバトルシップグレー」にペイントされ、本来メッキであった部分はチタン調のマットシルバーに、そしてホイールやボディアンダー、サイドの「PORSCHE」ステッカーはマットブラック。

95017934_10156949668486496_540940148699824128_o

エンジンはジンガーのチューンによる空冷4リッター水平対向に換装されており、出力は公表されていないものの、これまでの例からすると「500馬力」を誇るものと思われます。

そしてエアクリーナーボックスまでもクラシカルそして優雅に仕上げ、美しいペイントが施されていることもわかりますね。

95606788_10156957076941496_2163901976532746240_o

エンジンフードはダックテール調に変更され、やはりチタン調のルーバー、そして誇らしげな「4.0」のバッジ。

「Singer」の文字は控えめ、そしてエキゾーストシステムもマットシルバーにペイント済みです。

95216645_10156949668736496_7758744002295234560_o

組み合わせられるトランスミッションは6速マニュアル。

ベースが901だとすると重量は1,000キロちょっと、964であっても1,300キロくらいであり、それを「500馬力+MT」で操るのはさぞかし痛快だろうと思われます。

94741138_10156957077021496_1795151572150255616_o

インテリアカラーはブラックに「オックスレッド」、カーペットはグレー。

オーディオシステムもアップグレードされてサブウーファー、さらにはカーナビゲーションも装備している、とのこと。

見た感じはカーナビを持つようには見えないので、例の「クラシック911にマッチするカーナビゲーションシステム」を使用しているのかもしれませんね。

94704125_10156952584741496_1009712610465021952_o

【動画】ポルシェが初代~996世代までの911に対応する、”見た目が自然な”Apple CarPlay対応のコミュニケーションシステムを発売!やっぱりポルシェは過去の車を見捨てない

この記事のもくじ1 | これで不便を感じることもなさそうだ |1.1 ポルシェは過去のモデルを大切にする1.2 986/996世代ももはや「クラシック」1.3 ポルシェはクラシックモデル向けコミュニケ ...

続きを見る

シートはフルバケットですが、クラシカルなヘッドレスト付き。

94738786_10156952584956496_5668333799574863872_o

シートのセンターは「ウーブン(編み込み)レザー」、そしてボルスター部分はヴィンテージ加工が施されています。

通気性を確保するためにブラスカラーのアイレットが装着されていますね。

95386721_10156952584856496_477668880928473088_o

このウーブンレザーは表革とスウェード(もしくはヌバック)と組み合わせられたもので、製造コストは非常に高価だと思われます(ボッテガ・ヴェネタのイントレチャートのようなもの)。

この素材は加えて非常にデリケートであり、扱いには注意を要することになりますが、つまりは「丁寧に乗ることができるオーナー」でないとこの仕様は向いていないということになりそうです。

95607295_10156952585176496_4416301036940034048_o

ドアインナーパネルにもウーブンレザー、そして上質な金属。

95680903_10156957077311496_1131876564288405504_o

レブカウンターもオックスレッド。

7000回転からがレッドゾーンですが、目盛りは11000回転まで。

ちなみにジンガーの空冷4リッターエンジンは9000回転まで許容する、と聞いたことがあります。

95127047_10156957077226496_324829690856472576_o

普段は見えないフロントトランク内までもがゴージャスな仕上がりに。

オックスレッドレザーにグレーのステッチが採用されています。

タワーバーも装着されて給油口はセンターに移動していますが、どんな小さなパーツに到るまでも妥協を許さない加工が施されていることがわかりますね。

95265865_10156952585266496_8462110330841989120_o

ホイールは伝統の「フックス」風デザイン、そしてディスクとボルトはマットブラック、リムはマット仕上げのチタンカラー。

ブレーキディスクはカーボンセラミック、キャリパーはオックスレッドにペイントされています。

95468608_10156957077181496_2744153716079722496_o

ジンガーの作る911は創業当初「1200万円くらい」ということで受注を開始しましたが、実際にレストモッドを開始すると思ったよりも時間やコストがかかったようで、その価格は予定の倍くらい、完成までの時間も大幅に延長されることに。

それでもオーナーの期待をはるかに超える仕上がりを持っていて、だからこそ「10年待ち」とも言われるウエイティングリストができあがるのでしょうね。

続々公開される車両を見ていると、やはり最新のモデルほど新しい手法やデバイスや加工が取り入れられており、よりレベルの高いカスタム車両となっているように思われます。

その意味では、ジンガーにおいても「最新の製品が最良の製品」なのかもしれません。

95245880_10156957077381496_4487701123024551936_o

VIA: Singer Vehicle Design -Facebook

この記事を読んだ人は、他にもこんな投稿を読んでいます

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でintensive911をフォローしよう!

->ポルシェ911関連, ■ニュース
-, , , , , ,

© 2020 Life in the FAST LANE. Powered by AFFINGER5