>フェラーリ(Ferrari) ■ニュース

【動画】世界初!フェラーリF8トリブートのサス&ホイールを交換したショップ。フェラーリの車高は意外と高かった

投稿日:2020/05/22 更新日:

| 北米市場を意識してか、かなりストロークが長く取られているようだ |

さて、アメリカ西海岸にて、スーパーカーや高級車のカスタムを手掛ける「ホイールブティック(Wheelboutique)」。

今回は「世界初」と称するフェラーリF8トリブートのローダウン&ホイール交換を公開しています。

なお、装着するサスペンションとホイールはノヴィテック(NOVITEC)製で、ホイールについては「カスタムカラー」を指定しているようですね。

ノーマル状態のフェラーリF8とリブートがこちら

まず、こちらはノーマルのままのフェラーリF8トリブート。

ホワイトのボディカラーは比較的難しく、しかしF8トリブートの複雑なボディラインをよく表現しているようにも思います。

q9

リアのポリカーボネート製ウインドウには、F40へのオマージュだというスリット。

q7

そしてあまり世間で広く語られていませんが、フェラーリの「ホイールハウスとタイヤの隙間問題」。

フェラーリ各車では、ランボルギーニに比較してこの部分の隙間が比較的大きく、かつタイヤがちょっと奥に入っています。

q68

ホイールとサスペンション交換でずいぶん印象が変わる

そしてこちらがホイールブティックの用意したホイール。

上述の通りノヴィテック製で、サイズはフロント21インチ、リア22インチです(ノーマルのホイールサイズは前後とも20インチ)。

カラーはオーダーカラーの「ポリッシュ・スモーク」だそうですが、動画によると「ブラッククロームに近いイメージ」とのこと。

なお、ノヴィテックが標準で揃えるのは「グロスシルバー」「サテンブラック」「グロスガンメタル」の3色で、これらのほかにも様々なオプションカラーが選択できます。

q5

参考までに、フェラーリ純正で選べるのは「マットグレー」「クローム(シルバー)」「マットグレー」「ニュルブルクリンクシルバー」「ダイヤモンドポリッシュ」「ダークペイント」。

つまり、グロスブラックやブラッククロームはラインナップされておらず、このホイール交換によって大きく表情が変わることが期待できます。

f5

フェラーリF8トリブートのカーコンフィギュレーター公開。ボディカラーは28色、意外と内外装のカラーはシックだ

| なおF8トリブートはもう完売らしい | フェラーリがF8トリブートのオンラインカーコンフィギュレーターを公開。今回よりカーフコンフィギュレーターが一新されていて、選択肢やその選択工程に変化があるよ ...

続きを見る

そして作業開始。

ショックアブソーバーそのものは純正を使用し、スプリングをノヴィテック製へと入れ替え。

テンダースプリングが装着されているので比較的乗り心地は「悪くない」ものと思われます。

q4

そして装着。

純正のリフティングシステムにも対応する、とのこと。

q3

こちらがローダウン&入れ替え後。

ルーフがブラック、そして各部にカーボンパーツが装着されているのでブラックのホイールと相性がよく、かなりメリハリの聞いた印象になるようですね。

ferrari-f8-tribute

こちらは交換前。

q9

なお、フェラーリは伝統を重視しており、よって用意されるホイールは「星型とそのアレンジ版」。

よってマルチスポークや、放射線状にスポークが広がったり、Y字スポークを持つホイールを純正で用意することは少ないようですが、そのぶんホイール交換による差異を出しやすいのかもしれません。

q2

どうよ!指一本しか入んねえぜ!と自慢げなホイールブティックのスタッフ。

q1

VIA:WheelsBoutique

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でintensive911をフォローしよう!

->フェラーリ(Ferrari), ■ニュース
-, , , , , , ,

© 2020 Life in the FAST LANE. Powered by AFFINGER5