>ホンダ/アキュラ(HONDA/ACURA) ■新型車情報/スパイフォト/噂など ■ニュース

早くもFMC版ホンダ・シビック・タイプR試作車が目撃!現行同様4ドア、しかし生産工場を失い、かつハイブリッド化など大きな変更がある?

投稿日:

| 現時点ではすべてが推測の域を出ない |

ホンダはすでにマイナーチェンジ版となる新型シビック・タイプRを発表していますが、こちらの変更内容は「極めて限定的」。

外観だとバンパー内部のグリル形状が変更されたくらいで、機能面だと「サーキットでの走行性能を高めるためにエンジンの冷却性能とブレーキ性能を向上させ、”走る、曲がる、止まる”という基本性能向上を中心に改良を施した」とコメントされています。

さらには「タイプRリミテッド」を限定ながら追加するなど、ますますサーキット志向を強めているのがシビック・タイプRの最近の傾向。

そしてそんな中で目撃されたのが「フルモデルチェンジ版」となる新型シビック・タイプRです。

もっともピュアなタイプR!ホンダが限定モデル「タイプRリミテッド」を発表。北米スペックで-33.6kg、欧州スペックで-47kg

この記事のもくじ1 | 欧州仕様はエアコンもインフォテイメントシステムも「レス」 |1.1 シビック・タイプRリミテッド・エディションは大幅な軽量化を達成1.2 シビック・タイプRリミテッド・エディシ ...

続きを見る

”タイプR”はモデルライフが短い

もう次期タイプR登場?と思ってしまいますが、シビック・タイプRのベースとなる10代目シビックは2015年に登場しており、そしてこれまでのシビックのモデルライフは4年〜7年。

よってこのベースモデルがそろそろモデルチェンジするであろうことを考えると、新型シビック・タイプRもこれとあわせて開発されているのは不思議ではない、ということになりそうです。

なお、ホンダの通例として、シビック・タイプRは「シビック発表後、数年経ってから登場する」ので、(マイナーチェンジにせよ、フルモデルチェンジにせよ)次の新型シビックが登場するまでの期間がかなり短く、「タイプRが登場すると、そろそろ新型シビックの声が聞こえてくる」という感じ。

現行タイプRは、シビックのフルモデルチェンジ(2015年)の2年後(2017年)に登場していますが、ベースのシビックそのものが2020年にフェイスリフトを迎えており、さらに日本ではタイプRの発売が遅れたため、国内発売開始からわずか2年ほどで「新型シビック(2020年モデル)」の話が聞かれるようになっています。

そして日本では2020年後半にフェイスリフト版のシビック・タイプRが発売されることになりますが、このまま順当に行けば、ベースモデルのシビックは2022年あたりにフルモデルチェンジを迎えるものと思われ、となるとじき発売される新型シビック・タイプRの寿命も「あと2年くらい」なのかもしれません(その方が希少性が出ていいかもしれない)。

honda-civic-type-r-spy-photos (1)

10代目シビックから「事情が変わった」

現行シビックは初代から数えて10代目にあたりますが、これまでのシビックと変わったのは「世界で基本構造が統一された」こと。

シビックは世界戦略車であり、これまでも世界中で生産されていたものの、生産する国が、それぞれのマーケットにあわせて独自に設計・生産することが多く、しかしホンダはこれを「無駄」と判断し、ボディ形状こそ市場によって使い分け、生産地もこれまでどおり分散させるものの、設計を共有することでコストを下げたわけですね。

ちなみにシビック・セダンは埼玉製作所寄居工場、ハッチバックとタイプRは英国スウィンドン工場、クーペは米国工場にて生産されていると言われます。

11代目シビックはどうなる?

そこで気になるのが11代目シビック。

ホンダは「売れども売れども儲からない」体質だとされ、その理由は「仕様地向けに様々なモデルが存在し、開発コストが高い」からだと指摘されています。

その改善策の一つが10代目シビックのように「世界中で設計を統一する」ということですが、おそらくは11代目でもこれは継続されそう。

なんでこんなことに・・・。ホンダ社長「車種、グレード、オプションを減らす」。営業利益率はトヨタの1/4へと転落し、”儲からない会社”へと没落

この記事のもくじ1 | ホンダは純血主義をやめ、地域別展開をやめてグローバル化を目指すべき |1.1 ホンダの操業コストはかなり高い1.2 なぜホンダは儲からないのか1.3 この記事を読んだ人は、他に ...

続きを見る

ただ、ちょっと気になるのは「日本でシビックセダンの販売が終了されること」と「英国スウィンドン工場が2021年に閉鎖されること」。

日本でシビックセダンの販売が終了するのは当然「販売不振」が理由ですが、もし次期シビックが日本で販売されないのであれば、輸出を考えた際にコストの高い日本で生産する理由はなく、新型シビックセダンの生産は海外へと移されそう。

そしてシビック・ハッチバックとシビック・タイプRを生産する英国工場は「新型シビック」登場時には存在していないということになるので、これらもまた別工場に移管されるということになりそうです。

なお、ホンダの生産拠点一覧を見るに、欧州だと英国以外には4輪を生産できる工場はなく(もしかすると英国の設備をEU加盟国の工場へと移すかもしれない)、あと4輪を生産できるのはアメリカはじめメキシコやブラジル、アルゼンチン、ナイジェリア、トルコ、中国、タイ、インドネシア、マレーシア、フィリピン、台湾、ベトナムくらい。

【動画】ニュルをGT2RSで制したマンタイ・レーシングが放つ911GT3 RS専用「MRキット」!ニュル必勝パッケージはこうなっている

この記事のもくじ1 | ダウンフォース最大化、エアロダイナミクス最適化がその目的 |1.1 911GT3RS用「MRキット」の内容はこうなっている1.2 この記事を読んだ人は、他にもこんな投稿を読んで ...

続きを見る

新型シビック・タイプRの開発と生産はどこで?

次期シビック・タイプRについて、中南米、南アフリカ、中国はこれまでの経験、開発拠点といった観点から「ナシ」だとも考えられ、となるとアメリカでの開発や生産が妥当だと思われますが、アメリカではモータースポーツ人気が高く、NSXの開発や生産も行なっているため、ここにスポーツカーの開発/生産を集約するのが妥当かもしれませんね(現行タイプRが北米にて発売された”初”のタイプRだが、その人気が高いのであればなおさら。世界中でのタイプR販売内訳は公開されていないけど)。※NSXの開発は日本が引き取ったとも言われるが、新型シビック・タイプRの開発を日本で行う可能性と意味は薄い。主力市場のアメリカを睨み”アメリカン”を押し出した方がプロモーション上も有利

honda-civic-type-r-spy-photos (3)

ホンダが日本でも改良型NSX発売。「受注は予定の2倍」「開発拠点を日本に移す」→今後何らかの動きがある?

| ホンダはNSXにテコ入れを行う?開発拠点を日本へ移管 | ホンダはアメリカで2019年モデルのNSXを発表済みですが、今回日本でも2019年モデルとしてNSXの改良モデルを発表(注文受付はすでに開 ...

続きを見る

今回目撃されたプロトタイプを見ると、シートの他パネルによる偽装が分厚く、その真の姿を知るのはかなり困難。

ただ、ヘッドライトや、リアウイングのステー(ボディと一体化したフィンのような形状)、リアウイングそのものの形状を見るに、かなり完成に近い状態だとも考えられます。※リアワイパーまで装着されている

ボディ形状は現行同様に「セダン」を継続するようですが、これも現行タイプR同様にブリスターフェンダーが確認可能。

気になるのはテールパイプが「1本」、かつ細いことで、これはもしかすると「エンジンをダウンサイジングし、そのぶんをハイブリッドで補う」ということなのかもしれません(フロントバンパーの開口部が小さいこともハイブリッド化を思わせる)。

今の段階では全てが推測の域を出ませんが、追ってこれらの情報も明らかになってゆくのでしょうね。

Photo VIA:Motor1

この記事を読んだ人は、他にもこんな投稿を読んでいます

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でintensive911をフォローしよう!

->ホンダ/アキュラ(HONDA/ACURA), ■新型車情報/スパイフォト/噂など, ■ニュース
-, , , , ,

© 2020 Life in the FAST LANE. Powered by AFFINGER5