■新型車情報/スパイフォト/噂など >韓国の自動車メーカー ■ニュース

誰も興味ないと思うがヒュンダイの新型高級セダン「G70」の画像がリーク!これがヒュンダイの次世代デザインだ

投稿日:

| スーパーマングリルとダブルラインが新しいジェネシスの「顔」 |

「新型ジェネシス(ヒュンダイ)G70のリーク」がリークされて話題を呼んでいますが、これはジェネシスより販売されているプレミアムセダンのフェイスリフト(マイナーチェンジ)版。

現在ジェネシスでは「G70」「G80」「GV80」というシリーズを持ち、このうちG80とGV80とは共通したデザイン=ダブルライン(ヘッドライト/テールランプ)を持つものの、G70についてはまだこのデザインが導入されていない時期のクルマだったので、デザイン的統一性がなかったわけですね。

ヒュンダイはなんとしてもG70を「G80顔」にしたかった

通常であれば、こういった「デザイン変更」はフルモデルチェンジまで待つものですが、今回ヒュンダイはフェイスリフトにおいて大幅な外見変更を行うということになり(ほぼ別のクルマレベルに変わっている)、それだけデザインの統一を急いでいるということになりそうです。

ただしリアに関してはG80に似せるにはあまりに手間がかかると判断したのか、「なんとなくG80風」というところにとどまっています(異常にマフラーエンドが太い・・・)。

genesis-g70 (1)

ヒュンダイの高級ブランド「ジェネシス」の販売が2018年比で倍以上、史上最高に。レクサスやBMW M、ベンツをターゲットにしたニューモデル”G70”が貢献

この記事のもくじ1 | ヒュンダイはとにかく「引き抜き」で会社を成長させてきた |1.1 ジェネシスG70は多少なりともライバルのシェアを食った?1.2 ジェネシスはランボルギーニ出身者で固められる1 ...

続きを見る

なお、こちらはG80。

やはり誰も興味ないと思うがヒュンダイ(ジェネシス)が新型車”G80”を発表した!米では異常に評価が高いようだ

この記事のもくじ1 | ジェネシスのデザインを管理するのは元ランボルギーニ/ベントレーのチーフデザイナー |1.1 デザインテーマは「アスレチック・エレガンス」1.2 ジェネシスG80のインテリアはこ ...

続きを見る

こちらはSUV版のGV80。

なんかベントレーっぽいぞ?ヒュンダイがフラッグシップSUV「ジェネシスGV80」を発表

この記事のもくじ1 | 内外装のデザイナーはベントレーから引き抜いてきたので「仕方ない」か |1.1 ヒュンダイは他社とは異なるデザインを持つ1.2 ジェネシスGV80のインテリアはこうなっている1. ...

続きを見る

ヒュンダイは金太郎飴を好まないはずだったが

ヒュンダイのデザインを管轄していたのは、つい最近まで、ベントレーやランボルギーニでチーフデザイナーの任についていたルク・ドンカーヴォルケ氏。

同氏は「ドイツの自動車メーカーのような金太郎飴デザインはつまらない」とも発言しており、それぞれクルマにマッチしたデザインを行うと宣言していたものの、なぜか今回はそれに反する「金太郎飴」。

ヒュンダイはドイツの金太郎飴デザインを批判。「ヒュンダイ・ルック」採用の新コンセプトを発表予定

| ヒュンダイは新しいデザイン戦略を採用 | ヒュンダイのデザインディレクター、ルク・ドンカーヴォルケ氏は以前に「今後ヒュンダイの”つまらない”デザインを変える」と発言していますが、今回は(以前にジュ ...

続きを見る

ちなみにルク・ドンカーヴォルケ氏はつい先日電撃退任というニュースが流れていますが、時期的に見てこの新型ジェネシスG70に同氏が関わっていたのは間違いなく、もしかすると退任の理由は「やりたくない金太郎飴デザインをヒュンダイ上層部から強要されたから」なんじゃないかと勘ぐってみたり。

Genesis-G80 (3)

元ランボルギーニのデザイナーにしてヒュンダイのデザイン責任者が突然の辞任!昇進直後であっただけに理由は「謎」、中国メーカーの引き抜きか

この記事のもくじ1 | 高級化を目指す中国自動車メーカーは”高級車デザイナー”に熱い視線を注いでいる |1.1 ルク・ドンカーヴォルケは元ランボルギーニのデザイナー1.2 ヒュンダイは「引き抜き」に積 ...

続きを見る

それはともかくですが、現在のG70はこんなデザイン。

このクルマがフェイスリフトによってG80同様の”スーパーマングリル(スーパーマンの胸にあるマークの外周によく似ていることからそう呼ばれる)”、ダブルラインへと変更されるということになり、これは外観だけ見るとフルモデルチェンジ級の変更だと言えそうです。

なお、ヒュンダイはデザインに対して非常に高いプライオリティを置いており、ルク・ドンカーヴォルケ氏の引き抜きにはじまり、ベントレーのデザインチームやブガッティ・シロンのデザイナー(サシャ・セリパノフ氏)、イタルデザインのチーフデザイナー(フィリッポ・ペリーニ氏)も引き抜いていて、とにかく「デザインで他社に勝る」ことを考えているようですね。

衝撃度MAX!アヴェンタドールのデザイナーがヒュンダイへと移り、ヒュンダイはランボルギーニやベントレー出身者で固められることに

| まさかフィリッポ・ペリーニ氏までがヒュンダイに移るとは | まさかのまさか、前ランボルギーニのチーフデザイナーにしてアヴェンタドールのデザインを行ったフィリッポ・ペリーニ氏がなんとヒュンダイ(ジェ ...

続きを見る

ちなみにヒュンダイは「エラントラ」をモデルチェンジしていますが、こちらも今までのヒュンダイからは考えられないほどのアグレッシブなルックスを持っており、あらゆる面にて「デザイン重視」の姿勢が伺えます。

たぶん誰も興味ないと思うが、ヒュンダイがアグレッシブなセダンを発表した!著名デザイナー獲得にて反撃に転じる

この記事のもくじ1 | たしかにデザインだけ見るとイケてるように思われる |1.1 ヒュンダイ・エラントラはこんなクルマ1.2 新型ヒュンダイ・エラントラのインテリアはこうなっている1.3 この記事を ...

続きを見る

参照:Autospy

この記事を読んだ人は、他にもこんな投稿を読んでいます

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でintensive911をフォローしよう!

-■新型車情報/スパイフォト/噂など, >韓国の自動車メーカー, ■ニュース
-, , , , ,

© 2020 Life in the FAST LANE. Powered by AFFINGER5