>フェラーリ(Ferrari) >マクラーレン(McLaren) ■ニュース

【動画】セナLMが日本人オーナーの自宅へと納車!「購入条件はマクラーレン何台かの所有経験があること」等、オーナーのナマの声も

投稿日:

| セナの横にいるのはこれまた入手難易度の高いフェラーリ488ピスタ・スパイダー |

さて、先日よりボンドショップ浦和店がカスタムを行っていたマクラーレン・セナLM。

セナLMはサーキット走行専用モデルである「セナGTR」をベースに公道走行可能な仕様へとコンバートしたクルマで、世界限定20台だと言われる超希少車。

そして今回、カスタムが終了してオーナーへ納車を行うことになり、輸送の様子や自宅が動画にて公開されていますが、ここでその内容を紹介したいと思います。

【動画】いまだ謎多き超限定モデル「マクラーレン・セナLM」!その細部が動画にて公開される

この記事のもくじ1 | マクラーレンはこのクルマについて詳細を語る気は無いようだ |1.1 オーストラリア唯一のマクラーレン・セナLM1.2 この記事を読んだ人は、他にもこんな投稿を読んでいます |  ...

続きを見る

自宅にはフェラーリ488ピスタ・スパイダーも待機していた

まずはカスタムが完了したセナLMをボンドショップ浦和店にて積車へ積み込み。

おそらくフロントリフター(フロントを擦らないよう、車高を上げ下げできるデバイス)が装着されているのだと思いますが、タイヤとホイールハウスとのクリアランスを見るに、けっこう持ち上がるようですね。※ランボルギーニやフェラーリ、ポルシェのフロントリフターは3~4cmくらい車高を上げることができる

12

その後はオーナーの自宅へ。

「プロテクションフィルムを貼るのに200万円くらいかかっている」という話です。

11

そしてこちらがオーナーさんの自宅。

トヨタ・アルファード、レクサスLXの姿も見えますね。

10

そして積車からセナを降ろします。

9

自宅にはフェラーリ488ピスタ・スパイダーも。

門の脇にはイタリアンカラーのタイルが貼られていますね。

8

4488ピスタ・スパイダーは「488ピスタのオープンモデル」。

488ピスタ(クーペ)ですら購入が非常に難しいモデルであり、そのオープンモデルとなると購入難易度は「推して知るべし(フェラーリはいつもオープンモデルの生産台数を著しく絞る)」。

そして、このモデルを手に入れたということは、そのオーナーさんが「フェラーリから高く評価されている」ということを意味します。

6

内装はネイビーとブラックとのアルカンターラ、そこへイエローがアクセントとして使用(ボディ上のセンターストライプにはネイビーが用いられているようだ)。

5

こちらはチラリと見える庭。

7

そしてセナをフェラーリ488ピスタの横へ。

14

そうしていると、通りがかったデリバリーの人が「え?セナ?セナ?」と驚きを隠せず思わずバイクを停めることに。

2

オーナーさんによると「セナLMを購入するつもりはなかったものの、たまたま購入できるという話が出てきたので購入した」そうですが、1億8000万円のクルマを「たまたま出てきた話に乗っかって」買える財力は羨ましい限りですね。

なお、「デポジット等の支払いは円ではなくポンドで」「セナLMの購入条件は、以前にマクラーレンを何台か所有していること」等、オーナーさんにしか語れないウラ話も。

3

こちらはガレージの中の小部屋。

ここからガラス越しに、ガレージに並べたクルマを見ることができるという、なんとも羨ましい環境です。

1

それでは動画を見てみよう

まずはボンドショップ浦和にセナLMが到着した際の動画。

こちらはそのセナを走らせてみた動画。

このマクラーレン・セナLMを撮影して作成したPV。

こちらが今回の「納車」の様子を収めた動画。

参照:bond Channel

この記事を読んだ人は、他にもこんな投稿を読んでいます

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でintensive911をフォローしよう!

->フェラーリ(Ferrari), >マクラーレン(McLaren), ■ニュース
-, , , , , , , ,

© 2020 Life in the FAST LANE. Powered by AFFINGER5