>その他アメリカ車 ■ニュース

【動画】米国発1500馬力、一人乗りのハイパーEV「タキオン・スピード」!その姿は完全にクルマを超えて戦闘機のようだ

投稿日:

| 発表から3年、どんどん完成に近づいているようだ |

カリフォルニアのEVスタートアップ、「RAESR(ライズ・アドバンスド・エンジニアリング・システムズ&リサーチ)」が発売を計画しているEV、タキオン。

2017年にコンセプトモデルが公開され、その後2019年にも実際にプロトタイプを走行させていますね。

パワーソースは6つのモーターそしてリチウムイオンバッテリーで、出力は1200馬力〜1500馬力、車体重量は1,338kg。

0−100km/h加速は3秒以下、最高速度は386km/hだと公表されています。

【動画】これはもう戦闘機!シングルシーター、1500馬力の「タキオン・スピード」にスーパーカーブロンディが試乗する

| これで合法というのが信じられない | カリフォルニア拠点の新興自動車メーカー「RAESR(ライス・アドバンスド・エンジニアリング・システムズ&リサーチ)」社が発表したハイパーEV、「タキオン・スピ ...

続きを見る

その姿は完全に自動車を超越している

今回このタキオン・スピードを試すのは北米有数のカーコレクター、マニー・コシュビン氏。

パっと見ると小さなクルマに見えますが、全長4,935ミリ、全幅2,045ミリとサルーン並みの縦横に対し、全高は現在販売されるクルマの中でも一番低いと思われる1,029ミリ。

1

後ろから見るとこう。

どう見てもクルマという印象はなく、バットモービルか何かといった印象ですね。

2

真後ろから見るとこう。

後方視界は「ゼロ」のように見え、これでよくナンバーが取れたな、と思えるほど。

4

そして早速試乗を開始することになりますが、アンロックはなんとステアリングホイールからコードを入力することで行います。

3

コードが受け付けられると車体上部のフードがバカっと開き・・・

5

そのままフードは前に移動。

6

そして車体中央のコクピットに乗り込みますが、見たところシングルシーター。

完全に日常性を持たない、異次元の乗り物だと言えそう。

7

フードの内側にメーター等が装着されています。

8

デタッチャブル式のステアリングホイールを取り付け、ハーネスを着用して準備OK。

15

そしてフードをクローズ。

12

完全にフードが閉じた状態。

室内は狭く、閉所恐怖症の人だと息苦しさを覚えそうですね。

13

ステアリングホイールのセンターにはモニター、その奥にもメーター、そして左右にもディスプレイ。

おそらくこれらモニターは後方確認用としても使用できるのだと思われますが、目視による周囲の確認ができなさそうなクルマだけに、後方確認方法の確保は必須だと言えそうです。

14

参照:Manny Khoshbin

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でintensive911をフォローしよう!

  • この記事を書いた人

管理人:JUN

ランボルギーニ/ポルシェ/ホンダオーナー。 ハイパフォーマンスカーを中心に、それにまつわる話、気になるクルマやバイク、モノ、出来事などを紹介します。

->その他アメリカ車, ■ニュース
-, , , ,

© 2020 Life in the FAST LANE. Powered by AFFINGER5