>アストンマーティン(Astonmartin) >ランボルギーニ・ウルス関連 ■ニュース

【動画】アストンマーティンDBXは思いのほか速かった!300万円以上高価、そして100馬力も出力が高いランボルギーニ・ウルスに食い下がる

更新日:

| おまけにスタイリッシュで豪華とくれば”売れないわけがない” |

アストンマーティンはついに待望のSUV、DBXのデリバリーを開始していますが、そこで登場するのが様々なレビュー動画。

これまでにも何本かカーメディアによる動画が公開されているものの、今回初めてその加速性能を試す動画が公開されています。

なお、両者の共通点としては「4リッターV8ツインターボ」「4WD」「クーペスタイルSUV」「AT」といったところ。

ちなみにランボルギーニ・ウルスの日本国内価格は2653万円、アストンマーティンDBXの価格は2299万5000円に設定されており、価格的には「コンパクトカー一台分」くらいの差があるようです。

両者のスペックはこうなっている

そこでこの二者のスペックですが、まずはアストンマーティンDBX。

エンジンは4リッターV8ツインターボ/550馬力、0-100km/h加速は4.5秒、車体重量は2,245kg。

6

対するランボルギーニ・ウルスのエンジンも4リッターV8ツインターボ/650馬力、0-100km/h加速は3.6秒、車体重量は2200kg。

5

こうやって見るとウルスの方が軽く、そして100馬力もパワフルであり、そう考えると「割安なんじゃないか(コストパフォーマンスが高い)」とも思えます。

ただ、両者を見比べた時、インテリアにおいてその方向性の差が大きく現れていて、アストンマーティンDBXのほうが「豪華で快適」志向を強めているようですね(一方でウルスはスポーティ)。

実際に走ってみたらこうなった

そして実際に走ってみた結果ですが、意外やアストンマーティンDBXは速いんだな、という印象。

もちろんランボルギーニ・ウルスの勝利に変わりはないものの、その差が思ったほど大きくなかった、ということですね。

3

数値的なものを見てみると、0-100km/h(0-62マイル)加速はウルスが4.2秒、DBXが4.48秒。

DBXはメーカー交渉値よりも0.02秒速いものの、ウルスは0.6秒も遅いタイムです。

ただ、他の動画ではちゃんとカタログ値通り、もしくはそれよりも速いタイムが出ているので、今回のウルスはタイヤがヘタっていたり「本調子ではなかった」のかも。

なお、ゼロヨンタイムはアストンマーティンDBXが12.52秒、ランボルギーニ・ウルスが12.38秒という数字を記録していて、こちらも2車間でかなり近い数字です。

1

アストンマーティンは「DBX頼み」

現在、アストンマーティンの経営はかなり「厳しい」状況となっていて、販売台数が極端に落ち込んでいる、と報じられます。

そんな中で唯一の明るい光が「DBX」ですが、これが売れれば「持ち直す」ことができ、しかし売れなければ開発費を吸収できず「さらに苦しい」状況へと陥りそう。

ただ、数々のレビューを見たり、相当に高い運動性能を持つということを考えると、まず「売れないということはないだろう」と思われ、DBXはアストンマーティン復調の立役者となるかもしれませんね。

参照: lovecars - YouTube

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でintensive911をフォローしよう!

  • この記事を書いた人

管理人:JUN

ランボルギーニ/ポルシェ/ホンダオーナー。 ハイパフォーマンスカーを中心に、それにまつわる話、気になるクルマやバイク、モノ、出来事などを紹介します。

->アストンマーティン(Astonmartin), >ランボルギーニ・ウルス関連, ■ニュース
-, , , , , ,

© 2020 Life in the FAST LANE. Powered by AFFINGER5