>BMW(ビー・エム・ダブリュー) ■映画や音楽、本、ゲームについて

【動画】ミッション:インポッシブル最新作撮影風景!バイク/カーチェイスの撮影はGT-Rのカメラカー、そしてトム・クルーズはファンに笑顔で応える

投稿日:2020/10/12 更新日:

| 最新作もまた派手なカーチェイスを見ることができそうだ |

映画「ミッション:インポッシブル」シリーズ最新作(7作目)の撮影にて、BMW M5をドライブするトム・クルーズが目撃に。

ミッション:インポッシブルシリーズは2011年以来BMWとパートナーシップ関係にあり、「ミッション:インポッシブル/ゴースト・プロトコル」においてはBMW i8コンセプトが登場しているほか、直近のミッション:インポッシブル/フォールアウトにおいてもBMWが盛大なカーチェイスを繰り広げていますね。

撮影はローマにて行われる

動画をアップしたSupercarsNewsによると、今回の撮影はローマにて行われたそうですが、まずはトム・クルーズの運転するBMW M5(すでに左側の前後ドアがない)が登場。

11

大量のパトカー、白バイに追われるも絶妙なターンにて細い路地へと進入。

トム・クルーズは自宅にサーキットを所有していると言われ、カースタント、バイクのスタントも自身でこなすほどのドライビング/ライディングスキルを持つことでも知られます(イベントでは一般客から借りたバイクでスタントに失敗したこともあるが、それもまた愛嬌)。

10

カメラカーは日産R35 GT-Rとポルシェ・カイエン

そしてひょっこり顔を出すのが日産GT-Rのカメラカー。

9

高速での走行を撮影する際にはやはり高性能車が必要であり、いくつかの撮影会社がこういった「スーパースポーツ」をカメラカーに改造した車両を保有しているようですね。

こちらはランボルギーニ・ウラカンを改造したカメラカー。

改造費用は5500万円とのことですが、重い機材(しかもカメラはオーバーハング外にある)を搭載しても安定した走行性能を発揮できるようにするには、そして安全性を確保するには相当な手間がかかるのでしょうね。

ランボルギーニ・ウラカンを5500万円かけて改造した世界最速のカメラカー”HURACAM”登場

そして路地から出てきた別のカメラカーはポルシェ・カイエン。

8

カイエンもまた高い走行性能を持つことからカメラカーとして採用されることが多く(車体後部にはカメラを操作するデバイスや人が乗っている)、フェラーリP80/Cのプロモーションビデオなど、多くの動画撮影に使用されています。※自動車メーカーがカイエンのカメラカーを起用するというよりは、撮影を依頼した映像会社のカメラカーがカイエンであることが多い

1

こちらのカイエンはBMW M5を前から撮影しているようですね。

7

BMW M5を運転するトム・クルーズ。

6

細い路地にて撮影を行うGT-Rカメラカー。

5

こちらもGT-RのカメラカーがBMW製の警察用バイクに乗る様子を撮影中。

4

トム・クルーズはファンサービスも忘れない

こちらはそのバイクを(おそらく)拝借するシーンの撮影。

おもむろにバイクに歩み寄り、バイクに跨ります。

3

そしてファンの声援に気づき、笑顔で「ハロー」。

こういった行動を見るにつけ、トム・クルーズの余裕そして人柄が伺えますね。

2

それでは動画を見てみよう

参照: SupercarsNews-YouTube

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でintensive911をフォローしよう!

© 2021 Life in the FAST LANE. Powered by AFFINGER5

f