>ポルシェ(Porsche)

その価値6600万円のジンガー・ポルシェが火事で燃える!完全に、そしてすべてのパーツが消失し価値がほぼゼロに

投稿日:2020/10/22 更新日:

| ここまで燃えるとおそらくレストアは困難 |

さて、クラシックポルシェをフルレストアし、珠玉のクルマを作り上げることで知られるジンガー・ビークルデザイン。

これまでには130台ものカスタムカーを送り出し、さらには3年とも4年とも言われるウエイティングリストを持っていると報じられていますね。

そして今回はそのジンガー・ビークルデザインによって製作されたポルシェ911が米自動車販売サイト、Copart(コパート)に登場していますが、見ての通り完全に延焼してしまった車体です。

ジンガーが最新のポルシェ911カスタムを公開!過去最高レベルのカスタム内容を持ち、やはりレストアでも「最新が最良」?

| ボディカラーは「ダークバトルシップグレー」 | 2008年の創業以来、独自の解釈にて130台以上もの水冷世代911をレストモッドしてきたジンガー・ビークル・デザイン。主には901そして964世代の ...

続きを見る

いったいなぜこんなことに

なお、このコパートは事故車専門の販売もしくはオークション業者。

アメリカほかドバイにも支社があり、これまでにもドバイならではのレアなスーパーカーたち(ただし不動車)が売られていることも報じられています。

【動画】もうわけがわからない。ドバイにはこれだけ廃車や捨てられたスーパーカー、高級車が眠っている

| 大半はオークションに出品されるそうだが、売れずに残っているクルマも多いようだ | さて、世界各地で外出制限が徐々に解除されつつあり、それと同時にユーチューバーたちも活動開始。今回はドバイ在住の女流 ...

続きを見る

そしてこの燃えてしまった車体を見るとまさに全焼。

全体がまんべんなく焼けているところを見ると、リアのエンジンやフロントの燃料タンク周辺から発火したわけではないということもわかります。

porsche-911-by-singer-for-sale

自宅の火災にてクルマも燃える

そこで米カーメディア、Road and Trackがジンガーに連絡を取り、このポルシェに何があったのかを尋ねたところ、帰ってきた返答は「オーナーの自宅の火災にて、ガレージに収めていたクルマ数台が燃え、その中にあったジンガーポルシェも燃えてしまった」。

ちょっと興味深いのはリアフェンダーやリアフードあたりにカーボンファイバーと思われるシートがペロンと出ていることで、その部分はカーボン製であったということがわかりますね。

porsche-911-by-singer-for-sale (4)

画像を見るに、インテリアもすべて焼失してしまい、シートもダッシュボードもメーターも燃えており、文字通り使えるパーツは何も残っていない状態。

ステアリングホイールが焼け落ち、それを固定していたボルトのみが残っているのがなんとも哀愁をそそります。

porsche-911-by-singer-for-sale (3)

ここまで焼けてしまうとレストアも難しく、新たにジンガーへとポルシェを発注するにしても、ベースとなる別の(焼けていない)911を探してきた方がコスト的にも、制作にかかる時間的にもずっといいのかもしれません。

新車時の価値はおよそ6600万円だと言われるものの、現在の価値は「ほぼゼロ」だと思われます。

porsche-911-by-singer-for-sale (1)

合わせて読みたい、関連投稿

167865

【動画】今度はフェラーリ!事故車を格安で購入してきて中古/新品パーツを組み合わせ蘇らせてみた

| アメリカでは事故車専門市場があり、パーツの検索や入手も比較的容易 | ここ最近話題の「事故車を格安で買ってきて蘇らせる」プロジェクト。これまでには日産R35GT-Rやランボルギーニ・ウラカンの修復 ...

続きを見る

【動画】ニコイチ、いやゴコイチ?廃車のランボルギーニ・ウラカンを格安で再生させる男たちがまた登場

| この”マルチカラーウラカン”はなかなかカッコイイ | 廃車になったスーパーカーをカスタムするプロジェクトが米国では盛んなようですが、今回もまた廃車になったランボルギーニ・ウラカンを格安で入手したユ ...

続きを見る

参照: Copart.comRoad and Track

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でintensive911をフォローしよう!

© 2021 Life in the FAST LANE. Powered by AFFINGER5

f