>トヨタ/レクサス(Toyota/LEXUS)

【動画】トヨタRAV4 PHVがまたしてもエルクテストに失敗!「動きが危険すぎる」と評される

投稿日:2020/12/07 更新日:

トヨタRAV4 PHVのエルクテスト

| トヨタは昔からエルクテストが得意ではないようだ |

さて、以前に(ガソリンエンジンモデルの)トヨタRAV4がエルクテスト(ムーステスト)に盛大に失敗して問題となりましたが、今回はプラグインハイブリッドモデルのRAV4 PHVがまたしてもエルクテストにパスできず「危険な動きをする」と指摘されることに。

【動画】販売好調のトヨタRAV4がエルクテストにて失敗。”危険な動き”と判断されるもトヨタは反論

| 実際にこういったシーンに遭遇することは少ないと思われるので問題はなさそう | 日本市場のみならず世界にて大人気のトヨタRAV4。最近発売された新型車では異例の高セールスを誇り、発売から数ヶ月経過し ...

続きを見る

ムーステストは販売状況に大きな影響を与える

「ムース・テスト」とは聞き慣れない言葉ですが、欧州においては一般的なテストで、クルマの性能を図る重要な指標の一つ。

「ムース=MOOSE(エルクと表現される場合もある)」とはヘラジカを指し、道路を走行中にこのヘラジカが飛び出してきたときに急ハンドルで”避けることができるか”を試すものです。

そして「ただ避ける」だけではなく、避けたのちに元の車線に回復するところまでが「テスト」に含まれ、一般に時速77キロで安全に回避できるというのがひとつの指標。

おおよそこんな感じでパイロンを並べて走行することになりますが、このパイロンに触れれば「アウト」ということになりますね。

このムーステストはとくに「クルマを販売する際にパスしなくてはならないテスト」ではなく、あくまでも一般的な評価機関によるテストだとされるものの、これをパスできずに販売が延期された例(メルセデス・ベンツAクラス)や、メーカーが自主的に改良を行った例が多々あり、自動車メーカーとしても「無視できない」テストです。※ISOにも近い評価項目がある

8

トヨタRAV4PHVはこういった動きを示している

時速68キロ時点のテストだと、まず最初の回避における初動はまずまず。

61

ただしそこから大きく姿勢を崩して制御が難しい状態に。

なお、時速65キロでも同様の動きを示しており、RAV4 PHVがようやくムーステストをパスできたのは63キロです。

1

ほかのPHVモデルはこういった動きをしている

そしてほかのPHVモデルだと、まずボルボXC40 T4 リチャージはこんな感じ。

時速72キロではパイロンに触れるものの、姿勢を乱すことなく駆け抜けています。

3

三菱アウトランダーPHVだと、時速70キロ時点でボルボXC40 T4 リチャージとほぼ同じ動きを見せています。

5

トヨタは過去にエルクテストに失敗した例も

これらに比較するとRAV4 PHVはかなり不安定な動きを見せていて、「危険」と言われても仕方がないほどですが、現時点ではトヨタからのコメントはない状態。

ちなみに(ガソリンモデルの)RAV4がムーステストに失敗した際、トヨタはこれに対して(安全だと)反論しており、しかしその後制御プログラムをアップデートしています(その前の2007年にもエルクテストの結果が”危険”だと判断され、トヨタが物理的な改良を加えたことがある)。

そしてこれまでの例を見るに、今回もなんらかの改良が施されることになるかもしれませんね。

昨年エルクテストに失敗したトヨタRAV4がしっかりアップデート!ソフトの入れ替えだけで安定性を手に入れ、修正プログラムは7月から配布予定

| 米では希望者にインストール、日本での対応は不明 | 昨年9月、エルクテストにて「危険」だと判断されたトヨタRAV4。その内容としては、RAV4のガソリンモデル/ハイブリッド共に、メーカー指定ギリギ ...

続きを見る

あわせて読みたい、エルクテスト関連投稿

マツダMX-30のムーステスト
【動画】マツダMX-30のムーステスト結果!数字的にはCX-30と同じ、しかし姿勢は安定しているようだ

| 欧州版の「EV仕様」ということを鑑みるに、もうちょっと頑張って欲しかった感はある | さて、ムーステスト(エルクテスト)を専門的に公開しているYoutubeチャンネル、km77がマツダMX-30の ...

続きを見る

【動画】ポルシェ・タイカンのエルクテスト結果は911以上!EVのほうがトルク配分や重心の点において有利?

| 今後、各自動車メーカーがEVの設計に慣れ、そのポテンシャルを最大限に引き出せるようになれば自動車の安全性は大きく変わることになりそうだ | さて、そのクルマの運動性能と安全性を推し量る手段として有 ...

続きを見る

【動画】GRスープラのエルクテスト結果!挙動は安定しているが「可変レシオステアリング」がクルマを扱いにくくしているようだ

| ただし全体的に見ると悪くはない | km77による、トヨタGRスープラのムーステスト結果が動画にて公開。「ムーステスト」は別名エルクテストとも呼ばれるもので、「ムース」=ヘラジカが道路に飛び出して ...

続きを見る

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でintensive911をフォローしよう!

->トヨタ/レクサス(Toyota/LEXUS)
-, , , , , ,

© 2021 Life in the FAST LANE. Powered by AFFINGER5