>マツダ(MAZDA)

【動画】世界初、4ローターターボ+4WDへ改造したマツダRX-7が完成に近づく!出力1400馬力、そのほとんどは自作パーツにて

投稿日:

4ローターターボ+4WDのカスタムRX-7

| 世界初の「4ローター+4WD」マツダRX-7が完成に近づく |

さて、世の中には様々なマツダRX-7のカスタムカーが存在しますが、おそらくこれ以上カスタムされた車両はないだろうというのがロブ・ダーム氏のRX-7。

これはなんと4ローターにターボチャージャーをドッキングさせて1400馬力を発生させるうえ、4WD化を果たしたというクルマです。※レース用燃料だと2000馬力くらい出る模様

同氏は10代の頃に「はじめてのクルマ」としてこのRX-7を手に入れ、そしてロータリーエンジンの魅力に取りつかれた一人。

そこからこのRX-7の改造をひたすら続け、目標を「ボンネビルにて速度記録を打ち立てる」ことに据え、”プロジェクト・アフラ”と題して日々改造に励んでいます。※”アフラ”とは、マツダの社名の由来ともなったゾロアスター教の神、アフラ・マズダーから

なにもかもが世界初、ゆえに自作

ロブ・ダーム氏の挑戦はすべてにおいて新しく、よって既存のチューニングパーツが存在しないためにカスタムは「基本的に自作」。

フロントスプリッターやリアディフューザーはこんな感じでアルミ板から切り出します。

2

リアディフューザーだとこう。

11

いったん完成するとこんな形に。

3

ドライブシャフトまでも自作です(太い!)。

おそらくは既製品だと強大なトルクに耐えることができないのだと思われます。

8

品質、安全性には妥協しない

ただ、ガレージビルダーにありがちな、「パワーが第一で、品質や安全性は二の次」ということはロブ・ダーム氏に限ってありえず、とくに安全には最大限の配慮を行っている模様。

フロントスプリッターの取り付けにおいても、脱落防止のための機構を付与しているようですね。

1

そして何かを作っていると思えば・・・。

10

トルクチューブ脱落時に備えた安全機構。

なお、エンジンが極限まで下げられているためにトランスミッションが室内側に大きくめり込み、シートのほぼ真横に位置しています。

9

そしてパーツを取り付けた後には様々な負荷をかけて強度を確認。

常に「もしも」のことを考える姿勢は見習いたい、と思います。

6

4ローター+4WDのマツダRX-7「プロジェクト・アフラ」はこんなクルマ

そしてこのクルマそのものについて触れておくと、現在まだまだ製造中(なんどかのバージョンアップを経ている)。

もとのRX-7として残っているのはフロントバルクヘッドより「後ろのみ」で、しかしフロアも(4WD化のため)くり抜かれています。

19

リアバルクヘッドも切り取られ、代わりにチタン製のロールケージにて補強が施されることに。

リアハッチの開口部付近は残されているものの、リアフェンダー、トランク部のフロアもスッパリと切り取られてほとんど残っていない状態です。

4

サスアーム等の強度が必要なパーツはビレット製。

7

タービンは見たことがないような大きさ!

5

ボディはこれから架装することに

現在、パワートレーンやサスペンション、アンダーボディについてはおおよそ完成に達しており、今後はおそらくボディの架装が待っているのだと思われますが、フロント部がもともとのRX-7に比較して延長されており、これもやはり自作せねばならないところ。

18

現在は「仮」ではあるものの、大きなオーバーフェンダーが装着されることになりそうですね。

16

4ローター、1400馬力のマツダRX-7の制作過程を動画で見てみよう

こちらはボディパネルを装着してゆく段階を示した動画。

サムネイルを見ると「フロントが延長されている」ことがわかりますが、長さに余裕が出たことで優雅にすら見えますね。

こちらは新しいテールランプを装着する動画。

リアディフューザーを作る過程を収めた動画。

ドライブシャフトまでも自作。

エキゾーストシステムを組み込む様子。

合わせて読みたい、RX-7関連投稿

世界で一台、4ローター+4WDのマツダRX-7が登場。10代の頃に購入した車をコツコツ改造(動画あり)

世界初、マツダRX-7を4WD化、さらには4ローター化した男が登場。 なんでも10代の頃に購入したRX-7に対する愛情が昂じてしまい、大金をつぎ込んでこのような状態になってしまったようです。 なおエン ...

続きを見る

【動画】その出力2000馬力!4ローター+4WDの魔改造マツダRX-7が一歩完成に近づく。目標は「ボンネビルで最速記録」

| オリジナルが残されている部分は少ないが、それでもRX-7に変わりはない | さて、プロジェクト・アフラと名付けられた、マツダRX-7の4ローター化+4WD化プロジェクト。4ローター化したRX-7は ...

続きを見る

【動画】その出力2000馬力!4ローター+4WDの魔改造マツダRX-7が一歩完成に近づく。目標は「ボンネビルで最速記録」

| オリジナルが残されている部分は少ないが、それでもRX-7に変わりはない | さて、プロジェクト・アフラと名付けられた、マツダRX-7の4ローター化+4WD化プロジェクト。4ローター化したRX-7は ...

続きを見る

参照:Rob Dahm

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でintensive911をフォローしよう!

© 2021 Life in the FAST LANE. Powered by AFFINGER5