>ホンダ/アキュラ(HONDA/ACURA) ■新型車情報/スパイフォト/噂など

フルモデルチェンジ版、新型ホンダ・ヴェゼルの試作車が目撃!「水平ライン」「押し出しの強いグリル」を採用してデザインは新世代へ?

投稿日:

フルモデルチェンジ版、新型ホンダ・ヴェゼルのスパイフォト

| ホンダはこれまでボンネットを低く抑える傾向にあったが、ついにトレンドには逆らえなくなった? |

さて、フルモデルチェンジ版となる新型ホンダHR-V(日本ではヴェゼル)のプロトタイプが目撃に。

ヴェゼルというとスタイリッシュなルックスを持つシティ派SUVですが、このプロトタイプを見るに、けっこうイカついフロントを持っており(まだまだ最終のデザインは不明ではあるものの)、大きくイメージチェンジする可能性も伺わせます。

ちなみに目撃されたのは欧州とのことで、おそらくは新型ヴェゼルの試作車が路上に登場するのははじめて。

ホンダは今後のデザインを大きく変更?

この新型ヴェゼルのプロトタイプには大掛かりなカモフラージュが施され、ボディ全体にはカモフラージュ用のシートが貼られたうえにフェンダーやドアアーチには構造物を用いた偽装がなされており、実際の姿が「かなりわかりにくい」のが実情です。

2022-honda-hr-v-front-spy-photo (1)

ただしその偽装の上からでもわかるのがボンネットの「高さ」で、これは現行ヴェゼルの持つウェッジシェイプとはかなり異なる印象です。

その(フロントからリアにかけての)ラインはホンダ得意のウェッジシェイプというよりも「水平」に近く、これは先日発表されたばかりの新型ホンダ・シビック・セダン(プロトタイプ)にも通じる部分でもありますね。

2022-honda-hr-v-side-spy-photo

新型ホンダ・シビック
【動画】新型ホンダ シビック プロトタイプ正式発表!「薄く軽く水平に」、これは1980-1990年代のホンダデザインのリバイバル?

この記事のもくじ1 | ホンダは思い切ったデザインシフトを図ろうとしている |2 新型シビックセダンの発売は2021年春から3 新型シビックのデザインは「薄く軽く」3.1 ホンダの最新デザインは「先祖 ...

続きを見る

ルーフラインからリアにかけてはクーペ風の緩やかな傾斜を持っており、こちらは現行ヴェゼルと同様だと言えそうです。

2022-honda-hr-v-rear-spy-photo (1)

なお、テールランプを見るに、その内部は市販モデルと考えても良さそうなレベルの出来栄えを持っていて、新型ヴェゼルについては「発表間近」なところまで来ているのかもしれませんね。

2022-honda-hr-v-rear-spy-photo

ホンダは押し出しの強い「水平」デザインに?

先般の新型シビック・セダン、そしてこの新型ヴェゼルを見るに、ホンダはこれまでのウエッジシェイプから「(フロントからリアにかけての)水平」へとデザインを変更する可能性が高そう。

この水平は「1980−1990年代にホンダが採用していたデザインに近いものですが、これに加えて高い位置にある大きなフロントグリルは(中国市場で求められる)前面から見た際の迫力を考慮したものだと思われます。※中国にて展開している高級SUV、アヴァンシアに似たルックスになるのかも

これが中国ホンダの最高級SUV”アヴァンシア”だ!グリルが大きく、より中国市場にマッチした2020年モデル登場

この記事のもくじ1 | アヴァンシアは中国におけるホンダの「最高級SUV」 |1.1 アヴァンシアはホンダの稼ぎ頭1.2 アヴァンシアのインテリアは「広々」1.3 こんな記事も読まれています | アヴ ...

続きを見る

このデザイン路線変更にはいくつかの理由があると思われ、まずは現在のホンダのデザインは「オシャレでカッコいい」ものの、他社に比べるとプレゼンスが弱く、それが販売にも現れていると考えるため。※ホンダはかねてより、ボンネットの高さを低く抑える傾向があったが、それが今の流行からは外れている

よってホンダは「押し出しの強い顔を採用することで」失われた販売を取り戻すのかもしれません。

CR-V、フィットがRAV4/ヤリスに惨敗のホンダ。無味無臭な都会派デザインを捨て「マッチョになる」ことを検討中

この記事のもくじ1 | 現代では「個性的なクルマ」のほうが売れやすい傾向にあるようだ |1.1 世の中は「アクの強いクルマ」を好む方向へ?1.2 金太郎飴は諸刃の剣城1.3 ホンダのデザインは今後マッ ...

続きを見る

実際のところホンダは新型「オデッセイ」についても、これまでのスタイリッシュでウェッジシェイプ的なデザインから「迫力のあるフロントグリル」へと変更しており、これはある意味では「トヨタへの対抗」なのかも。

ホンダはこれまで「(販売台数ではなくトレンドにおいて)トヨタから追われる」立場であったものの、今や「追う」立場に転じてしまったという事実を如実に表している事象だとも考えられます。

なぜホンダ・オデッセイはスマート路線から押し出しの強いデザインへ転じたのか?クルマもいまや「インスタ映え」の時代へ

この記事のもくじ1 | ホンダはこれからデザインを大きくシフトさせるかもしれない |1.1 初代オデッセイのイメージは黒豹だった1.2 なぜ6代目の新型オデッセイはイカツいミニバンになったのか1.2. ...

続きを見る

参照:Motor1

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でintensive911をフォローしよう!

->ホンダ/アキュラ(HONDA/ACURA), ■新型車情報/スパイフォト/噂など
-, , , , , ,

© 2021 Life in the FAST LANE. Powered by AFFINGER5